新生活でクレカデビューなら、新規入会キャンペーンを狙え! オススメ4社のキャンペーン内容を一挙紹介します

大学生・新社会人など新生活を始める人で、心機一転クレジットカードを作ろうと考えている人も多いと思います

同じ作るのであれば、キャンペーンを行っているカード会社から申し込むとお得です。

この記事では、新生活者向けのキャンペーンが熱いクレジットカードを紹介します。

新生活する方にススメのクレカ

1. 「抽選で全額タダ」、「もれなく20%還元」の2つのキャンペーンで攻める「三井住友カード」

「抽選で全額タダ」、「もれなく20%還元」という、まるでPayPay(ペイペイ)のような新規入会キャンペーンでインパクトが大きいのが、三井住友カードです。


≪画像元:三井住友カード

まずは抽選で全額タダになる「タダチャン!」というキャンペーンで、詳細は以下の通りです。

1利用10万円までという限度額はありますが、期間中の上限はありませんので、多くの利用が無料になるチャンスを秘めています。


≪画像元:三井住友カード

もう1つは、もれなく20%還元のキャンペーンで、詳細は以下の通りです。

「タダチャン!」と比較してもらえる上限額は少ないですが、もれなくもらえますしiD利用も対象ですので、より現実的です。

「タダチャン!」と重複してもらえる可能性ももちろんあります。

2. 25歳以下限定で5%キャッシュバックの「イオンカード」

25祭以下限定キャンペーン

≪画像元:イオン

若者から支持を集めている「欅坂46」をCMに起用しているイオンカードでは、25歳以下限定で5%キャッシュバックという新規入会キャンペーンを、以下のような詳細で行っています

5%のキャッシュバックは、三井住友カードのもれなく20%還元と比較するとインパクトが少ないですが、イオンカードは割引・ボーナスポイント付与の機会が多いカードでもあります

対象カードのうち、「イオン銀行キャッシュ+デビット」以外のイオンカードは審査があるものの、18歳以上で2019年3月末までに高校卒業見込みの人も対象です

3. 最大3万7,700マイル相当+500メトロポイントがもらえる「ソラチカカード」


≪画像元:JCB

新生活で東京メトロを利用する人におすすめなのが、ANAマイル・東京メトロのポイント・JCBのポイントの3つを1枚でためられる「ソラチカカード」です。

3万7,700マイルもあれば、通常期ならシンガポール・バンコクなど、閑散期ならばホノルル・シドニーへの往復特典航空券に交換できます

ANA・JCB・東京メトロがそれぞれキャンペーンを主催しており、それぞれの詳細は以下の通りです。

ANA主催のキャンペーンでは、最大1万6,000マイルがもらえます

4か月程度で50万円のカード利用は厳しいかもしれませんが、新年度のカード支払いを集中させれば可能性は十分です。

JCBのポイント1ポイントは、ANAのマイル3マイルに移行できますので、最大2万700マイル相当を獲得できる計算です

しかし、3か月ちょっとで150万円利用するのは厳しいので、55万円以上利用して2,900ポイント(8,700マイル相当)をゲットするのが現実的でしょう。

残高が少ない時に改札に入場するとオートチャージがされますので、キャンペーンのクリア条件としてはハードルが低いです

ソラチカカードの場合、メトロポイント1,000ポイントをANAマイル900マイルに移行できます。

キャンペーン分だけではANAマイルに移行できないので、定期券購入・PASMOオートチャージ・東京メトロ乗車・メトロポイントPlus加盟店でソラチカカードを利用するといいでしょう。

4. 最大1万6,000ポイントがもらえる「JREカード」


≪画像元:VIEWカード

新生活でJR東日本を使う人におすすめなのが、定期券購入・Suicaチャージなどで1.5%の高還元、さらに共通ポイント「JRE POINT」でもポイントがたまる「JREカード」のキャンペーンです。

(5)の条件のみ抽選なので、もれなくゲットできるのは6,000ポイントですが、(4)の条件の中に(3)の金額も含まれてさほど厳しくないので6,000ポイントをゲットできる可能性は大きいでしょう。

(1)、(2)で付与されるポイントは有効期間が6か月間と短いので、早い段階で駅ビルでのお買物やSuicaグリーン券などに利用するようにしてください

ライフスタイルに合わせて選ぼう

最大3万7,700マイル相当+500メトロポイントがもらえるソラチカカードはインパクト十分です。

期間中に130万円利用するのは至難の業ですので、JR利用者ならば、たまったポイントの使い勝手もよい「JREカード」でも悪くありません。

それに次ぐインパクトはWキャンペーンの三井住友カード

「三井住友VISAデビュープラスカード」、「三井住友VISAクラシックカード」ならば審査のハードルもさほど高くありませんし、キャンペーンの条件も厳しくありません。

5%キャッシュバックのイオンカードは、キャンペーンはもちろんのこと、カード提示などで割引が受けられる即効性も魅力です。

年度末~年度初めはクレジットカードの新規入会キャンペーンが最も熱い時期ですが、必要以上にキャンペーンに踊らされず、くれぐれも自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶようにしましょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (282) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう