家具や家電、住居なども低額で購入&利用できる 「サブスクリプションサービス(定額制)」を4つ紹介

今、注目されているサブスクリプションサービス(定額制)は、音楽や映画など、月額で定額料金を支払うと自由に聞けたり、見れたりするサービスです。

家具や家電、住居に至るまでさまざまなサービスが展開されています。

自分のライフスタイルやニーズに合ったプランや商品を選択できるのも大きな魅力です。

定額制サブスクリプションサービス

今までは高くてなかなか手が出なかった商品も、リーズナブルな価格で試せるようになっています

今回は、その中でも特にオススメのサブスクリプションサービスについてご紹介していきたいと思います。

1. 多拠点移住という新しいライフスタイルを提案する「ADDress」

ADDress

≪画像元:ADDress

2019年4月からサービスをスタートさせる「ADDress」です。

社会問題となっている空き家や遊休別荘を募ってリノベーションした物件と、泊まりたい人をマッチングさせるサービスです。

ひとつの住居を複数の人と共有して生活するシェアハウスや、オフィス環境を共有するコワーキングスペースとは異なり、

「全国好きな場所を移動しながら、仕事や生活をしてみたい」

「週末にいろいろな場所で田舎暮らしを体験したい」

など、一か所に縛られず複数拠点が使い放題になるサービスです。

費用 : 光熱費、清掃代込み、すべての拠点に住み放題で月額4万円(法人会員、日帰りの1dayメンバーシップも設定予定)

設備 : 家具、家電、アメニティ、Wi-Fi完備

予定されている物件エリア : 房総、真鶴、湯河原、小田原、熱海、伊豆、三浦、大月、勝沼、益子、軽井沢、箱根、葉山、湘南、身延、みなかみ等、順次追加予定

移住というとリタイア後や年齢を重ねてからの生活とイメージするかもしれませんが、実際には若い世代にも移住希望者が多いといいます

また空き家問題の解決に貢献するだけでなく、地域住民や会員同士の交流といった新しいコミュニティの輪を広げることにもつながります。

観光とも移住とも違う「多拠点居住」という新しい暮らしのカタチ。

リーズナブルな価格設定でさまざまなエリアの生活を体験できる、ワクワク感いっぱいのサービスとなっています。

2. 最新のテレビをお得に楽しめるパナソニックの「安心バリュープラン」

パナソニックの「安心バリュープラン」

≪画像元:パナソニック

どんどん新しい技術が生まれ、進化を遂げる家電製品です。

中でも東京オリンピックが近くなってきたことから、より画質の良いテレビで観たいと新しいテレビへの需要も高まっています。

しかし次々と新しい商品が発売されるため、購入のタイミングに迷ってしまうケースも少なくありません

そんな悩みを解決してくれるのがパナソニックの「安心バリュープラン」

3年もしくは5年後に「安心バリュープラン」を利用して新商品に買い替えることを条件に、商品ごとに決まっている買い替え保証金額(最終回分割支払金)を差し引いた金額分を分割で支払うプランです。

最新のテレビが手に入り、さまざまなサービスも受けられるお得な内容となっています。

「安心バリュープラン」のメリット

3年、5年ごとに最新のテレビが楽しめる

3年もしくは5年ごとに最新の技術が搭載されているテレビを楽しめます。購入のタイミングで迷うこともありません。

月々の支払いを抑え、まとまった出費も不要

月額の分割で支払うため、購入時のまとまった費用が不要。また通常のローンとは異なり、「買い替え保証金額」を差し引くため、毎月の支払いを抑えることができます

契約中はメーカーの修理保証がずっと無料

通常1年のメーカー保証が「安心バリュープラン」継続中はずっと適用されるため、故障があった場合でも修理費がかかりません

結婚したり家族が増えたりといったライフスタイルの変化があっても、幅広い商品からの買い替えが可能。その時のニーズに合ったテレビを選ぶことができます。

買い替え時の引取りやリサイクルの手続きが不要

契約更新で新しいテレビに買い替える時はパナソニックショップのスタッフがサポート。古いテレビも持ち帰ってもらえるので、引取りやリサイクルの手続きが不要です。

例)3年プランの場合(4K有機ELテレビ55FZ950)

「安心バリュープラン」クレジット36回払い

現金価格合計(税込み): 31万7,196円

分割払手数料: 4,916円

第1回分割支払金 × 1回: 7,312円

第2回目以降分割支払金 × 34回: 7,200円 × 34回

最終回分割支払金 × 1回(買い替え保証金額): 7万円

支払総額: 32万2,112円

プラン継続時の実質支払総額: 25万2,112円

プランを継続すれば買い替え保証金額(最終分割支払金)が不要になるため、続ければ続けるほどお得になります

スポーツや映画を最新の技術で楽しみたいという人にオススメです。

3. ダイソンのサブスクリプション型サービス「Dyson Technology+(ダイソンテクノロジープラス)」

ダイソンテクノロジーサービス

≪画像元:ダイソン

高い吸引力のサイクロン掃除機。微細な粒子やしつこいニオイを除去する空気清浄機能付きファンヒーターなど、その高品質な家電製品で人気のダイソン。

「ダイソンの商品を使ってみたいけど、ちょっと価格が高くて…」という人や、「本当にそんなに良い商品なの?」と半信半疑の人にオススメしたいのが「ダイソンテクノロジープラス」です。

ダイソンの商品を使ったことがない人にも試しやすいサービスで、その料金設定もシンプルでリーズナブルです。

自分のニーズに合わせたプランを選べます。

アドバンスプラン

製品カテゴリー : コードレスクリーナー、空気清浄機能付ファンヒーター、ヘアドライヤー

設定期間 : 2年

付加サービス : コードレスクリーナーは1年経過後に無償のメンテナンスサービスを実施

ダイソンのエンジニアが部品の交換やお手入れも行います。空気清浄機能付ファンヒーターは1年経過後に交換フィルターを無償で提供します。

料金 : 2,500円/月(税込み2,700円)、ヘアドライヤーのみ1,500円/月(税込み1,620円)

パフォーマンスプラン

製品カテゴリー : コードレスクリーナー、ファンヒーター、ヘアドライヤー
設定期間 : 3年
料金 : 1,000円/月(税込み1,080円)

1年経過後の無料メンテナンスは「アドバンスプラン」のみのサービスですが、ダイソンテクノロジープラス専用の製品サポートと配送料無料のサービスは両方のプランに付加されています

またプランを継続して利用すれば、製品は最短2年ごとに新しい機種へとアップデートします。

ダイソンの新しい商品を使えます。

ダイソンユーザーはもちろん、まだ使ったことがない人にもかなりオススメのサービスだと言っていいでしょう。

4. 月額390円から利用できる家具のサブスクリプションサービス「KAMARQ」

月額制サブスク家具

≪画像元:KAMARQ

1個あたり500円の初回配送料と、月額使用料(390円~780円/個)のみのシンプルで分かりやすいサブスクリプションサービスで注目されている「KAMARQ」。

ニューヨーク生まれのおしゃれな家具をリーズナブルに手に入れられます

また部屋の模様替えをしたいときや、引っ越して家具が揃っていない場合など、お試し気分で楽しめるのも大きなメリットです。

店頭や画像で見るのと、実際に部屋に置いてみるのとではイメージが違うことも良くあります。

そんな失敗を防ぐことにも役立つサービスです。

この「KAMARQ」のサービスは12か月を超えて利用すると、さらなるメリットが待っています

色や大きさの変更が自由

たくさんのカラーバリエーションや違うサイズへの変更が無料で行えます

新しい家具への変更が可能

あまり使ってない、別のものを使ってみたいという場合など、新しい家具への交換も無料です。

13か月目からは月額99円に!

今まで使っていた商品をそのまま使い続けるのであれば、13か月目からはすべての商品が月額99円です

返品も可能

13か月目からであれば、いつでも無償で返品可能となっています(12か月未満の返品の場合は送料負担、もしくは指定の倉庫への持ち込みとなる)。

毎月追加される家具にもワクワクするこのサービスです。

気分転換にはもちろん、なかなか手が出ないような種類の家具にもチャレンジできる機会にもなります

自分も部屋も思い切ってイメージチェンジしてみてはいかがでしょうか。

定額制は「もっと気軽に」踏み出せる

新しいライフスタイルのカタチとして注目されている定額制サブスクリプションサービス

お財布にやさしいだけでなく、環境への配慮にも繋がる取り組みとなっています

新しい生活へ「もっと気軽に」踏み出せるきっかけになることは間違いないでしょう。

お金の遣い方や効率的な生活について、あらためて考え直す機会にもなっているサービスです。(執筆者:藤 なつき)

この記事を書いた人

藤 なつき 藤 なつき(ふじ なつき)»筆者の記事一覧 (182)

保険・マネー・健康・医療・福祉・教育・伝統工芸・伝統行事等、幅広い分野の記事を執筆。
お仕事をさせて頂きながら、自分自身もたくさんの発見と新しい知識を身に付けさせてもらっていると感じる毎日。2013年FP2級取得。東京育ち、福岡在住。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう