賃貸でも問題なし! 100均セリアの「はがせるフック」を活用して部屋の使い勝手を向上させよう

キッチンや水回りなど小物が多い場所には、ものをかけられる小さなフックがあると便利です。

でも、壁や家具に穴を開けるのは、持ち家・賃貸を問わず少々ためらいます

そこで役立つのが、壁や家具を傷めずに「はって・はがせるフック」です。

今回は、100円ショップのセリアで見つけた3つのタイプの「はがせるフック」を、筆者の利用法とともにご紹介します。

100円ショップのセリアで見つけた3つのタイプの「はがせるフック」

1. マグネットフック

マグネットフック

中に強力なネオジム磁石が入ったマグネットフックです。

マグネットフック

冷蔵庫や洗濯機、スチール製のキャビネットなどに取り付けられます。

玄関扉がスチール製であれば、そこでも使えますよ。

マグネットフック

筆者はスチール製のデスクにつけて、普段使いのかばんを引っかけています。

最大保持荷重が2kgもあるので、かばんの中身が少々多くても気にせず使えるのが気に入っています。

2. シールフック

シールフック

特殊な粘着テープがついていて、真下に引っ張ることできれいに取り外すことができるフックです。

シールフック

繰り返し使うことはできませんが、凹凸のない平面であればほとんどの場所に取り付け可能なので、幅広く活用できます。

シールフック

筆者はシールフックを使って、靴箱横にワイヤーネットを引っかけています。

備え付けの靴箱を傷つけることなく、靴ベラや自転車のカギなど、玄関でよく使う小物をまとめておけるスペースを作ることができました。

3. シートフック(フィルムフック)

シートフック(フィルムフック)

こちらは気圧の力で接着するシートフックです。

シートフック(フィルムフック)

つるつるした平らな場所に取り付けられるので、キッチンやお風呂場のようなタイルの壁がある場所で重宝します。

シートフック(フィルムフック)

写真のシートフックは耐荷重5kgと十分な吸着力があるため、キッチンツールやお風呂の掃除道具などのほとんどは、問題なく壁かけにできるでしょう。

シートフック(フィルムフック)

わが家では、Google Home Miniをキッチンの壁に取り付けるのにも使っています。

壁をうまく使うと、せまいスペースも有効活用できます。

シートフック(フィルムフック)

また、写真のような透明なデザインのフックを選べば、インテリアになじみやすく悪目立ちしません。

シートフック(フィルムフック)

鏡にも貼れるので、小物が散乱しやすい洗面所で活用するのもおすすめです。

はがせるフックを活用して家を便利にしよう!

100円ショップで購入できる「はがせるフック」を用意しておけば、壁や家具に穴を開けることなく、自分好みの場所にフックを取り付けられます

100円と安価ながら、デザインも豊富で耐荷重も十分あり、とても使い勝手の良いアイテムです。

家をもっと使いやすくしたいという方は、ぜひ活用してみてください。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (209)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
100円ショップのセリアで見つけた3つのタイプの「はがせるフック」
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ