【博物館・キッザニア・観覧車】株主優待で人気施設に行こう 3社合計30万円で叶う

企業が株主に贈る株主優待品には、食事券、サービス券、金券、食品・雑貨などの商品等、その企業にまつわる多種多彩なモノ・サービスがありますが、今回は人気の施設で利用できる優待券を頂ける株主優待をご紹介します。

株価他数値は、3/27(水)終値時点でのYahoo!ファイナンスの株価より算出しております。

なお、株式購入の際は、最低購入金額の他に証券会社の手数料が別途かかります。

1. 博物館の年間フリーパス

国立博物館の優待券がもらえる

「コア(2359)」は、独立系の情報サービス企業です。

業務分析から企画・運用まで一気通貫の提案型SI(システムインテグレーション)ビジネス、豊富な製品群を活用したソリューションビジネスなど幅広く対応し、特に車載機やスマートデバイス向け組込みシステム分野ではトップクラスの実績を有します。

「コア」では株主優待を実施しており、200株以上・1年以上継続保有する株主に対し、年1回

「東京国立博物館メンバーズプレミアムパス」

「奈良国立博物館プレミアムカード」

「九州国立博物館メンバーズプレミアムパス」

いずれかと引換可能な「株主ご優待券(引換券)」を進呈しています。

例えば「東京国立博物館メンバーズプレミアムパス」の場合、総合文化展(平常展)が何度でも観覧可能であり、特別展については観覧券を4枚いただくことができます。

このメンバーズプレミアムパスを購入する場合は、年会費として5,000円(東京国立博物館メンバーズプレミアムパスの場合)かかるため、配当+優待利回りは4%を超える高利回りとなります。

大人の知的好奇心を存分に満たしてくれる株主優待といえますね。

ただし、株主優待の権利を得るためには、200株以上・1年以上継続保有といった条件がつきますので、取得をお考えの方はご注意ください。

・ 株価 1,177円
・ 最低購入金額 11万7,700円(100株)
・ PER 16.25  PBR 1.73
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 25.00円/年
・ 配当利回り 2.12%

株主優待

東京国立博物館:メンバーズプレミアムパス
奈良国立博物館:プレミアムカード
九州国立博物館:メンバーズプレミアムパス  のうちいずれか一つを選択
      
【継続保有期間1年以上】
 
・ 200株以上 1枚
・ 1,000株以上  2枚
・ 1万株以上 5枚
・ 10万株以上 10枚

2. キッザニアの割引優待券

キッザニアの優待券が貰える

「ジャパンベストレスキューシステム(2453)」は、総合生活トラブル解決サービスを展開している企業であり、法人向けにコールセンター代行業務など、個人向けに「生活救急車」を展開し、カギ・水まわり・ガラス・パソコンのトラブル解決サービスを行っています。

「ジャパンベストレスキューシステム」では株主優待を実施しており、保有株数に関係なく、オフィシャルスポンサーである「キッザニア」の優待券を1枚贈呈しています。

キッザニア東京・甲子園ともに、平日の1部2部、日曜日・祝日の2部において20%割引の優待価格で利用可能、優待券1枚で最大19名まで同時に入場できます。

ただし、土曜日や夏休み・冬休みなどのハイシーズンは利用不可の制限があります。

「キッザニア」では、実在の企業がスポンサーになったパビリオンで、お菓子工場や、消防署、病院、デパートなど、こども自身が興味のある仕事を選び、本物そっくりのユニフォームや道具を使って、リアルな仕事を体験することができます。

ごっこ遊びを本気でやるとこうなる!といった印象で、子どもたちが夢中になることうけあいです。

料金は、優待利用可能な時間帯で一番高額である、平日第1部に小学生2人利用する場合(キッザニア東京)

3,950円 × 2人 × 20%割引 = 1,580円の割引

1株のみの端株保有の場合はこれでトントンくらいです。

運動会などの振替で平日休みになるときに、お友達を誘って大人数で行くのがお得でしょう。

なお、端株の取得方法ですが全ての証券会社で購入できるわけではなく、ネット証券ではSBI証券(S株)やマネックス証券(ワン株)などで取り扱いがあります。

・ 株価 1,610円
・ 最低購入金額 16万1,000円(100株)
・ PER 40.04  PBR 8.42 
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 14.00円/年
・ 配当利回り 0.87%

株主優待

キッザニア優待券:全株主 1枚
※キッザニア東京・甲子園ともに、平日の1部2部、日曜日・祝日の2部にて優待価格で利用可(一部除外日有)
※優待券1枚で最大19名まで同時利用可

ジャパンベストレスキューシステムの株主優待

≪画像元:JBR

 

3. お台場の大観覧車の利用券

観覧車の利用券がもらえる

「サノヤスホールディングス(7022)」は、造船業を祖業として、造船業と造船以外の多角化事業を国内外に展開するサノヤスグループの持株会社です。

タンカーや貨物船、観覧車やジェットコースターなど、様々な造作物を手掛けています。

「サノヤスホールディングス」では株主優待を実施しており、100株以上保有する株主に対し、年1回、グループ企業が運営する東京お台場「パレットタウン大観覧車」の利用券2枚を進呈しています。

観覧車からは、東京タワーや東京スカイツリー、レインボーブリッジなど、海越しに東京の名所が一望できます。

さらにこちらの営業は夜22時(金・土曜日と祝前日は22時40分)まで行われているので、宝石箱のような都心の夜景を堪能できる、ロマンティックなひと時を過ごせるかもしれません?!

ここでロマンのない話をさせていただくと、利用料金は通常で大人1,000円/人ですので、配当+優待利回りを算出した場合、10%を大きく超える高利回り株となります。

株価も2万円以下の低位株ですので、お台場に行く機会のある方はいかがでしょうか。

・ 株価 181円
・ 最低購入金額 1万8,100円(100株)
・ PER 7.35  PBR 0.37
・ 権利確定月 3月末
・ 配当 5.00円/年
・ 配当利回り 2.76%

株主優待

「パレットタウン大観覧車」(東京都江東区)の利用券

100株以上 2枚

上記でご紹介したほかにも、「オリックス(8591)」の株主優待品であるカタログギフトでは、人気の施設である「すみだ水族館」や「京都水族館」の年間フリーパスを選ぶことができます。

株価その他の情報は変更される場合があります。ご自身でご確認の上、自己責任で投資いただきますようお願いいたします。(執筆者:吉井 裕子)

この記事を書いた人

吉井 裕子 吉井 裕子»筆者の記事一覧 (103)

東京近郊在住の兼業主婦で小学生の息子がおります。スターバックスの優待欲しさに2009年頃から株式投資を始めて以来、株主優待の魅力にはまり、現在までに取得したことのある銘柄は50種類以上です。カリスマ優待投資家様には及びませんが、株主優待の楽しさをお伝えできれば良いなと思います。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ