【メルカリ売上げアップ】購入者に好印象を与える梱包方法と+アルファのテクニック

メルカリで一定金額の売上げがある人の多くは評価に「良い」が多く、購入者からのメッセージも好印象のものが多いです。

この好印象を与えるひとつが商品の梱包状態です。

ここでは購入者が好印象をいだく梱包の仕方を紹介します。

購入者が好印象をいだく梱包の仕方を紹介

梱包するときに気をつけたいこと

一般的に、どの商品を梱包する際にも当てはまる3つの気をつけたいことを具体的にみていきましょう。

1. 商品が破損しないこと・傷がつかないこと

輸送時に、商品が破損してしまうこと、傷がついてしまうことも可能性としては起きます。

楽しみに待っていた商品が「破損している」、「傷がついている」となったら購入者はショックです。

まずは、輸送時に商品が破損しないこと、傷がつかないことに配慮しましょう

2. 商品が水濡れしないこと

輸送時の天候状況によっては商品が水に濡れてしまうこともよくある話です。

外側の箱や袋が濡れたとしても、中に入っている肝心の商品は濡れないように気をつけなければいけません

商品をビニル袋などに入れるなど、水濡れ防止対策も必要です。

飴に濡れないようにビニル袋にいれる

3. 商品が見えないこと

購入者の中には買った商品を他人に知られたくない人もいます。

メルカリの発送方法の中には重量制限があるものがあるので、重量ばかりを考えて、中身が透けそうな薄いビニールで発送するのは避けましょう

知っておきたい梱包方法

ここからは、実際に購入者の方から高評価をいただいている梱包方法を紹介します。

まずはビニール袋に入れる

水濡れ防止としてビニール袋に商品を入れます

透明度の高いOPP袋があれば便利ですが、手元にない場合はキッチンで使用する清潔なビニル袋でも十分です。

次にプチプチで包む

商品の破損と傷つき防止のために、ビニール袋に入れた商品をプチプチで包みます。

ここで、多くの人が疑問に思うのは「ビニール袋とプチプチはどっちが先か?」ということですが、ビニール袋の後、プチプチで包装することをおすすめします。

配送中にプチプチの跡が商品につく可能性があるため、ビニール袋で保護する必要があるためです。

プチプチの跡がの跡が商品につく可能性がある

お礼のメッセージカードをつける

最後に購入してもらったお礼として、手書きのメッセージをつけることをおすすめします。

このときに、メッセージカードは商品に貼っておいたほうが購入者の目にとまります。

発送用の袋や箱に入れる

最後に発送用の袋や箱に入れます。

一般的には書類袋や自宅に保管してある買い物をしたときにもらったショッピング袋で十分ですが、水濡れ防止に念を入れるのなら、ナイロン製の厚手の袋が安全です。

発送後の「取引メッセージを送る」の一言で好感度アップ

商品の発送後に送る「取引メッセージを送る」のメッセージでさらに好感度があがります。

購入者のことを考えてくれていると感じるメッセージはうれしいものです。

メッセージカードをつけること

評価「良い」とお礼のコメントで売上げアップにつなげよう

メルカリでは商品の購入前に取引相手のこれまでの評価がチェックできます。

この人なら取引しても大丈夫だと思われたいですね

そのためにも、評価「良い」とお礼のコメントがもらえるように梱包にも気づかいしましょう。

そして、売上げアップにつなげましょう。(執筆者:森山 胡桃)

この記事を書いた人

森山 胡桃 森山 胡桃»筆者の記事一覧 (21)

出産を機にSEからwebフリーライターへ。出張が多かった企業SE時代とは違い、フリーライターになった今では子育ての隙間時間にさまざまなことができる楽しみがあります。ヤフオクやメルカリもそのひとつ。きっかけは不要になった子ども服をヤフオクで売り始めて「面白い」と感じたことでした。ヤフオクで10年近くかけて経験したことはメルカリでも生かせます。一緒に楽しみながら断捨離しましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
購入者が好印象をいだく梱包の仕方を紹介
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ