nanacoポイントの還元率が半減 (1%→0.5%) 半減を取り戻す「セブンマイルプログラム」や「セブンペイ」は使いづらい現状

nanacoユーザーにがっかりなニュース

nanacoの改悪

4月4日、セブン&アイホールディングスはポイントサービスのリニューアルを発表しました。

発表内容の中に

「nanacoポイントの還元率が1%から0.5%に半減する」

という、ショックなニュースが含まれていることを知り、慌ててコーポレートサイトのニュースリリースを読みましたが、新サービスについていろいろ書いてあるにも関わらず、一度読んだだけではよく分かりませんでした。

現行のサービスから何が変わるのか、特に「ユーザーはどうしたら損をしないのか」という視点からリリース内容を読み解くと、「アプリの利用に全てが掛かっている」ことがわかりました。

変更点:200円につき1ポイント

セブン&アイ系列店でのnanacoカードのお買い物で得られるnanacoポイントは、以下のように変更されます。

2019年7月から変更です。

現在:100円につき1ポイント

2019年7月以降:200円につき1ポイント
 

半減分のポイントを取り戻す鍵は「アプリ」にある

200円の買い物をした場合の獲得ポイント数について、現行と変更後の違いを示したものです。

現行ではnanacoカードのみで獲得していたポイント数を、変更後はnanacoカードと、後述する別のお買い物ポイント「セブンマイル」の合算で獲得します。

「セブンマイルプログラム」

セブン&アイ系列店でのお買い物で獲得できるポイントはnanacoポイントだけではありません。

セブンマイルプログラム」という、nanacoポイントとは別のお買い物ポイントサービスがあります。

nanacoポイントの付与率半減による不足分を補いたい場合は、この「セブンマイル」を活用します。

「セブンマイル」を貯めるには、

(1) 店舗のアプリをダウンロード

(2) セブンイレブンやイトーヨーカドーのアプリをダウンロードし、7iD会員登録

このときに手持ちのnanacoカードの番号も入力します。

(3) マイルというタブを開いて案内に従って操作

アプリとnanacoカードが紐づけされて、お買い物をするときにレジで掲示すればマイルが貯まります。

これまではセブン&アイ系列店でのお買い物金額1円につき1マイルが付与されていました。

付与率は良かったのですが、せっかく貯めたマイルの活用法が少ない点がイマイチでした。

特にnanacoポイントへの交換に至っては、還元率わずか0.2%と少なく、交換のタイミングもユーザーが決めることはできませんでした。

「セブンマイルプログラム」は2019年9月にリニューアルを予定

以下のようなルールで付与されます。

200円(税抜)につき1マイルを付与

このマイルは好きなタイミングでnanacoポイントに交換できるそうですが、肝心の交換率はまだ発表されていません

nanacoカードのポイント半減を補うためには、

1マイル = 1 nanacoポイント

が必須です。

正式な発表を期待したいです。

nanacoのポイント還元率

カードとアプリを2つ見せるのが面倒なときは「セブンペイ」

7payのアプリ

2019年7月以降は、nanacoカードを提示してお金を払うと同時に、「セブンマイル」を貯めるためにスマホのアプリもレジで見せないとこれまでどおりのポイントが獲得できません。

ただでさえ混み合うヨーカドーのハッピーデーのレジ前行列が、さらに長くなりそうです。

レジでいろいろと見せるのが面倒な方は、セブン&アイが7月にサービス開始を予定しているスマホのQR決済サービス「セブンペイ」を活用すると良さそうです。

「セブンペイ」のアプリをダウンロードし、レジ、セブン銀行のATM、クレジットカードなどからチャージをして支払いに使います。

「セブンペイ」にはnanacoポイントもセブンマイルも紐づけされているので、nanacoカードと店舗アプリのようにレジ前で別々に掲示する必要はなく、操作が1度に済みます

決済で得られるnanacoポイントも、7月変更以降のnanacoカードと同じ条件

200円(税抜)につき1nanacoポイント

ただし、買い物をした際にnanacoポイントが付与される対象店舗は、現時点ではセブンイレブンしか名前が挙がっていません

7月の正式リリースでは、イトーヨーカドーなどの他の系列店でも付与されるようになっていることを願います。

アプリが苦手な人には厳しい状況

今回のnanacoポイントの変更点は、人並みにアプリを使う筆者でも少し理解が難しいと感じました。

アプリに苦手意識のある人でも抵抗なく使えるのが、電子マネーの先駆者であるnanacoカードの良さだと思っていたので、今回の変更でユーザーが変化についてこられるかどうか不安な点もありそうです。

「セブンマイルプログラム」や「セブンペイ」のアプリを使いこなさなければ、失われたnanacoポイントは取り戻せません。

まだ新サービスの内容について不明な点もあるため、今後もセブン&アイの動向を注視していきたいと思います。(執筆者:石田 彩子)

この記事を書いた人

石田 彩子 石田 彩子»筆者の記事一覧 (51)

新卒で地方テレビ局の記者を経験し、人材サービス会社のウェブ担当や、広告代理店でテレビショッピングの考査担当などを経て、3年前から退職し専業主婦になりました。戦略的な家庭経営を目指しています。世帯年収が200万円ダウンしても、貯蓄ペースは退職前の額を維持。特技は食洗機に食器をきっちり収めること。趣味はフィギュアスケート観戦で、最近は子供といっしょにリンクで滑ることも。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう