海外旅行中のスマホ「通信、料金問題」 簡単手続きで、節約できる3つの方法と搭乗前の注意点

GWももうすぐ、今年は10連休ですね。海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。

海外に行くときに困るのが「スマホや携帯」の問題です。

日本と同じように使えるの? 

ものすごい請求が来るの?

その疑問、旅行前にスッキリさせましょう。

東南アジアリピーターの筆者が、簡単に節約できる方法を3つご紹介します。

浮いたお金で、旅先のおいしいスイーツを食べましょう。

海外旅行での携帯料金節約できる方法あります

持っているスマホがそのまま海外で使えるの?

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホは海外でも使えますが、日本と同じように使っていたら、通信料がとても高くなってしまいます

格安スマホは、海外では使えない会社が多いです。

そこで海外旅行の時には、渡航先で使えるWiFiやSIMの準備がおすすめです

その1)レンタルWiFiを借りる

あまり慣れてない方や、必ずつながらないと困る、といった方におすすめなのが「レンタルwifi」。

きちんとつながるか調査されている点が、一番の安心ポイント

分かりやすい説明書がついてあり、その通りに設定すれば簡単につながります。

「イモトのWifi」か「グローバルWiFi」がおすすめ

イモトのWiFi

≪画像元:イモトのWiFi

両社とも空港で貸し出し、返却が可能です。

グローバルWiFi

≪画像元:GLOBALWiFi

旅行までに余裕があれば、自宅に送ってもらうことも可能です。

筆者はグローバルWiFiのメルマガを購読していて、よく割引クーポンがついていてお得です。

GWは在庫がなくなるかもしれません。

インターネットでお早めに予約しておくと確実にレンタルできます

その2)プリペイドSIMを日本で買う

SIMフリースマホorルーターをお持ちで、自分で機器の設定もできる方ならこちらがおすすめ。

Amazonでは各国に対応したSIMが売られています

期間やデータ容量で値段が違いますが、1,000~1,500円程度で買えるのでコストパフォーマンスはかなり良いです。

東南アジア好き筆者の愛用SIMはこちらです。

ローミングSIM

≪画像元:Amazon

このローミングSIMは日本・韓国・タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・フィリピン他、13か国利用、12日データ容量で4GBのプリペイドSIMです。

このSIMが良いのは、日本にいてもつながるので、出発前に設定を済ませてつながるか確認できます

渡航先に着いてから空港で設定するのは、なにかと慌ただしくて失敗しやすいです。

一度失敗して以来、いつもこのプリペイドSIMを使っています。

着いてすぐにインターネットにつながると、そわそわとした心配が1つ消えます

その3)現地の空港でSIMを買う

大きな空港だとSIMを売っています。

旅慣れた方、SIMフリースマホをお持ちで「音声通話もしたい」という方にはこの方法がおすすめです。

音声データ付きだと、現地での電話番号がもらえます

個人旅行の場合、お店の予約を取ったり、現地ツアーの申し込みする時に簡単に電話できるので便利です。

販売カウンターでパスポートとスマホを出して、プランを選べばスタッフが手続きしてくれます

日本で使っていたSIMの紛失にだけ、ご注意ください。

設定済みのスマホを受け取ったら、つながっているかその場で確認しましょう

飛行機に乗る前にも確認をしてください

飛行機に乗る前に、 データローミングと モバイルデータ通信 の設定をオフ

飛行機に乗る前に、データローミングとモバイルデータ通信の両方の設定をオフにしてください

オンのままだと、気付かないうちに日本で使っている携帯会社で接続してしまい高額請求がきてしまうことがあります

今回ご紹介した3つの方法で、旅行中のスマホ問題はほぼ解決です。

ぜひ、楽しいご旅行を!(執筆者:安藤 鞠)

この記事を書いた人

安藤 鞠 安藤 鞠(あんどうまり)»筆者の記事一覧 (27)

子供のころから実験が大好だった根っからの“リケジョ”ママライターです。常にコスパと合理性を追い求めた結果、お金をかける/かけない部分の差がはっきりとしてきました。隙あらばお金をかけずに海外旅行に飛び立ちます。ネコ派。工学修士(環境工学)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう