「2020東京オリンピック」は株投資のチャンス! スポーツ用品関連と有名スポーツ選手が所属している企業に注目

東京オリンピック関連株は幅が広い

2020年東京オリンピック

東京でオリンピックが開催されることで競技場の建設や、インフラ整備、雇用が生まれ、観光客の増加など、さまざまな業界が恩恵を受ける可能性があります。

そのため、東京オリンピック関連株といっても幅が広く選ぶことが大変です。

また、どこまでオリンピックによって恩恵を受けるかは企業によって違います。

東京オリンピック関連銘柄といってもきちんと選ぶことが必要です。

今からでもテーマ投資は遅くないのか

東京でオリンピックが開催されると発表されてから、それに関連する銘柄は業績の拡大などが予想されて買われてきました。

今から買うと、高値で買うことになるのではと躊躇する人もいます。

確かにオリンピックが開催されると決まったときに関連銘柄を買っていれば、すでに大きく利益が出た銘柄もあります。

しかし、オリンピックが始まれば関連銘柄が恩恵がなくなるわけではありません。

中にはオリンピックが始まってからさらに注目を集める場合もあります。

スポーツの祭典なのでスポーツ用品関連には注目

東京オリンピックのゴールドパートナー、アシックス

スポーツの祭典なので、スポーツ用品関連銘柄には注目が集まります。

その中でもアシックスは、東京オリンピックのゴールドパートナーとしてTシャツなどの公式ライセンス商品も展開しています。

オリンピック開催が発表されてから株価も上がりましたが、オリンピックが始まってからも物色される可能性があります。

2016年に開催されたリオオリンピックでは、日本のメダル獲得数は史上最多記録を更新する活躍ぶりで多くの人に感動を与えてくれました。

リオオリンピックのときの日本代表選手の活躍によって、オフィシャルスポーツウェアを手掛けるアシックスは注目を集めて株価も上昇しました。

日本で開催される東京オリンピックでは、リオオリンピックのときよりも国内が盛り上がる可能性も高くなるため、アシックスへの注目もより高くなる可能性があります。

多くの有名スポーツ選手が所属している企業

ALSOK

≪画像元:ALSOK

多くの有名スポーツ選手が所属している企業として、コマーシャルでもよく見かけるALSOKこと綜合警備保障があります。

リオオリンピックでもALSOKの所属している日本代表選手が多数のメダルを獲得しました。

それだけでなく、民間警備の需要も拡大していることから売上や利益も拡大しています。

業績の後押しもあり、東京オリンピックでもALSOK所属の選手が活躍することによって銘柄が物色される可能性があります。(執筆者:成田 恵)

この記事を書いた人

成田 恵 成田 恵»筆者の記事一覧 (38)

証券会社で6年間営業をしたあと、結婚を機に退職し、自分でも株式や投資信託などの投資を行っています。現在は、子育てや家事の合間に投資やライティングをしています。
<保有資格>証券外務員1種
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう