10/19の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

【痛恨の一撃】「nanaco」の還元率が半減 なんとか還元率を維持する方法を紹介

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで電子マネー「nanaco」を利用した際に付与されるnanacoポイントが、2019年7月より半減します

今回の「改悪」ともいえる発表にどのような対抗策があるのか、この記事で紹介します。

ナナコの還元率が半減します


≪画像元:nanaco

2019年7月からは、ポイント付与率が1% → 0.5%に半減

これまで、セブン&アイグループ内対象法人で電子マネー「nanaco」を利用すると、100円(税別)ごとにnanacoポイントが1ポイント(付与率1%)たまっていました。

しかし2019年7月1日(月)より、200円(税別)ごとに1ポイント(付与率0.5%)となり、ポイント付与率が半減してしまいます

対象となる法人は、

・ セブンイレブン
・ イトーヨーカドー
・ ヨークベニマル
・ ヨークマート
・ 西武・そごう
・ デニーズ
・ アカチャンホンポ
・ ロフト
・ ファミール
・ 芝のらーめん屋さん
・ ポッポ
(イトーヨーカドー・アリオ内出店のテナントも含む)

となっています。

nanacoだけではなく、以下の各種カードでもポイント付与率が改悪されます。

リクルートカード

≪画像元:リクルートカード

筆者の場合、リクルートカードでnanacoにクレジットチャージをしてリクルートポイントを1.2%分ゲットし、チャージしたnanacoをセブンイレブンやイトーヨーカドーで使って1%分のnanacoポイント、合計2.2%分のポイントをゲットしていました。

付与率が半減したのはもちろん、200円未満の買物ではnanacoポイントが付与されなくなってしまいますので、少額決済の多い筆者にとってまさに痛恨の一撃です。

「セブンマイルプログラム」の併用で、nanacoポイントの還元率を維持可能


しかし、セブンマイルプログラム」を併用すれば、nanacoポイントの還元率を実質的に維持ができます

セブンマイルプログラムとは、セブンイレブンなどで会計する際に専用アプリをダウンロードしたスマホなどに会員コードを提示すると、マイルがたまるプログラムです。

2019年9月1日(日)よりセブンマイルプログラムがリニューアルされ、200円(税別)の買い物ごとに1マイルがたまり、たまったマイルは1マイル → 1nanacoポイントのレートで交換可能です

つまり、セブンマイルプログラムで0.5%の還元率となり、nanaco利用の際の付与率0.5%減と相殺できるため、還元率を実質的に維持可能となるのです。

スマホ決済「7pay(セブンペイ)」でもポイント還元率を維持することは可能


≪画像元:7pay(pdf)≫

2019年7月より開始予定のスマホ決済サービス「7pay(セブンペイ)」も注目です。

7payは支払いに使うことで200円(税別)ごとに1nanacoポイントが付与されるサービスで、セブンマイルプログラムとの併用も可能です。

クレジットカードからのチャージも可能なようなので、クレジットカードのポイントとの多重取りもできます

参加店舗はまだ不明ですが、スマホ決済サービスがデビューするときは大規模なキャンペーンを打ち出すのが常ですので、ポイント還元率の大幅アップも期待できます。

ポイント還元率の半減には、セブンマイルプログラムと7payで対抗しよう

セブン&アイの特典プログラムをリニューアルセブンイレブンの場合

≪画像元:セブン&アイ(pdf)≫

2019年7月1日より、電子マネー「nanaco」利用におけるポイント付与率が1% → 0.5%に半減されます。

その他、セブン&アイ関連グループが発行するクレジットカードのポイント付与率も軒並みダウンします。

ただし、セブンマイルプログラムや7payを併用すれば、ポイント還元率は実質的に維持できます

特に7payはデビュー時に大規模なキャンペーンを打ち出す可能性が高いので、要注目です。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (327) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう