【筆者遭遇】メルカリの「無在庫販売」トラブル 回避と対処方法、「無在庫」を見破るコツ5つ

先日メルカリで商品を購入したところ、説明と違うものが届いたので、メルカリ事務局に「取引キャンセル」を申請し、全額返金してもらいました。

私が遭遇したトラブルは、

手元にない商品を販売する「無在庫販売」

です。

ここでは無在庫販売で起こるトラブル、無在庫商品を見破るコツを紹介します。

メルカリの無在庫トラブル

無在庫販売によるトラブル事例

よくあるトラブル事例にはつぎのようなものがあります。

・ 指定した色とは異なる色の商品が届いた

・ 届いた商品が説明の内容と画像と違っている

・ 発送元が「発送元の地域」とは違う場所だった

・ 〇〇会社から発送されてきた

無在庫商品を見破るコツ

無在庫商品を見破るコツ

ここから具体的に無在庫商品を見破るコツをみていきましょう。

1. 商品の画像が自撮りではない

自宅撮影の商品であればほぼ問題ありません

なかにはネット上の画像だけのアップで、実際の出品商品の状態がわからないものがあります。

自撮りの画像が1枚も入っていない商品の購入は避けることが賢明です。

2. 商品の説明がサイトからの引用だけ

あきらかにコピペだけの商品説明もグレーです。

なかには面倒だから…という出品者もいますが、画像も商品説明もネットからの引用だけ、となれば無在庫だと思ってほぼ間違いないでしょう。

3. 商品についてのコメントが無視される

手元に出品商品がある場合は、些細な質問にも返信があるはずです。

しかし、コメントが無視される場合は「手元に在庫がないのかも?」と商品の購入を諦めることも大切です。

4. 発送までの日数が多めに設定されている

無在庫販売の場合は売れてから商品を仕入れるため、ある程度の日数がかかります。

そのため、発送までにかかる日数が多めに設定されている場合は要注意です。

5. 同じ商品を大量に出品している

気になる商品があって、「手元に在庫があるのかな?」と疑問に思う点があったら、出品者が他に出品している商品を見るのもいいでしょう。

あまりに同じ商品ばかりが大量に並んでいたら「無在庫?」と疑いましょう

「取引キャンセル」申請で全額返金される

「取引キャンセル」申請で全額返金される

メルカリでは手元にない商品の販売は規制がされていますが、メルカリ事務局でも商品の出品が多すぎて無在庫かどうかをチェックしきれないのが実情のようです。

そのため、今のところは購入する側で気をつけるしかトラブルを回避する方法がありません。

もし、購入した商品が手元にない商品で、何らかのトラブルになった場合には「取引キャンセル」をメルカリ事務局に申請しましょう

基本的に全額返金されるので心配は要りません。(執筆者:森山 胡桃)

この記事を書いた人

森山 胡桃 森山 胡桃»筆者の記事一覧 (25)

出産を機にSEからwebフリーライターへ。出張が多かった企業SE時代とは違い、フリーライターになった今では子育ての隙間時間にさまざまなことができる楽しみがあります。ヤフオクやメルカリもそのひとつ。きっかけは不要になった子ども服をヤフオクで売り始めて「面白い」と感じたことでした。ヤフオクで10年近くかけて経験したことはメルカリでも生かせます。一緒に楽しみながら断捨離しましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう