10/18の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(3回目)

【時短節約】電子レンジと耐熱容器で手早く作れる「eおかず」2選

電子レンジで作ったお料理のことを最近では「eおかず」と呼び、これまでの「手抜き」というマイナスのイメージを脱却しています。

事実、レンジを賢く使えばびっくりするほど短時間で、おいしいお料理ができ上がります。

今回は、献立に悩む私たちの救世主「eおかずレシピ」をご紹介します。

「eおかずレシピ」で簡単調理

肉じゃがもレンジだとお手軽副菜

肉じゃがはお鍋で作ると、20分はしっかり煮込みたいです。

トータルでは少なくとも30分かかるメニューです。

それが「eおかずレシピ」だと、材料の準備から完成まで、たった15分ででき上がります

人気料理コラムニスト・山本ゆりさんによる「もう普通の肉じゃかには戻れない」と大評判の「【レンジで1発!】塩肉じゃが」

塩肉じゃがレシピ

ご本人のお言葉をかりると、「(1) 材料を切って耐熱容器にいれる (2) タレかけてチン」の2ステップで完了です。

使用するのは普段と同じ材料と、耐熱容器のみです。

お鍋での調理とは違い、焦げないか見ていなくても良く、ガス代もかかりません。

耐熱容器1つで作れる

eおかずでは「耐熱容器」がいい仕事をします

作り置きにも便利ですし、そのまま持って行けるので、私の愛する「詰めないお弁当」にピッタリなのです。

この肉じゃがは「一度冷まして、温めなおした方がおいしくなる」という点もお弁当向き

加熱時間はたった10分、暑い夏でもらくらく作れます。

その他にも「かぼちゃのそぼろあんなどの大ヒットeおかずを産み出され、Twitterのフォロワー、なんと41.6万人で、レンジレシピ本の新刊を出されました。

外食よりも手軽なeおかず

料理を作る気力がない日も、とりあえず具材を切って、レンジにかけるだけで1品が完成します。

とくにさっと済ませたいランチにピッタリで、外食費の削減にもなります。

Twitterでは、ゴールデンウィーク10連休を「eおかずで乗り越えた!」というつぶやきが急増しました

夏休みにも、きっと大活躍することでしょう。

また火を使わないので、小さなお子さんがいるご家庭や、火事が怖い高齢者のご家庭にもおすすめです

お子さんのお料理デビューにもピッタリです。

そして時短・簡単だけでなく、洗い物も少なくなるので、家事の時間やをお金が削減できます。

まずは1品、取り入れてみてはいかがでしょうか。(執筆者:安藤 鞠)

この記事を書いた人

安藤 鞠 安藤 鞠(あんどうまり)»筆者の記事一覧 (32)

子供のころから実験が大好だった根っからの“リケジョ”ママライターです。常にコスパと合理性を追い求めた結果、お金をかける/かけない部分の差がはっきりとしてきました。隙あらばお金をかけずに海外旅行に飛び立ちます。ネコ派。工学修士(環境工学)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう