結局、自分にお得なのは「何ペイ」? 各サービスごとに「得する人」を徹底分析!

これまでも乱立気味だった「○○ペイ」ですが、7月より「7pay」「FamiPay」も加わり、筆者もかなり混乱しています。

結局、 どのペイがいいの?

そこでこの記事では、「こんな人はこのペイを使うとお得」というのを、主なスマホ決済サービスごとにザックリ考えてみようと思います。

1. PayPay(ペイペイ) →コンスタントに高還元を受けたい人


≪画像元:PayPay

キャッシュレス決済の知名度を一気に上げた立役者「PayPay」を使って得になる人は、コンスタントに高還元を受けたい人です。


≪画像元:ワクワクペイペイ

月替わりで高還元を提供するイベント「ワクワクペイペイ」、7月は全国の飲食店・スーパーで最大20%還元です(※11時~14時)。

ワクワクペイペイ以外にも、

・ ヤフオクドームで最大20%還元
・ ソフトバンク・ワイモバイルショップで最大20%還元
・ セブンイレブンで最大20%還元

など、最大20%還元が目白押しです(7月1日現在)。

キャンペーン以外でも常時最大3%還元で、使えるお店も増えています。

ただし、高還元を実現させるにはPayPay利用代金の引き落とし方法

・ PayPay残高
・ Yahoo!マネー
・ ヤフーカード

のいずれかにしないといけないので注意しましょう。

2. LINE Pay(ラインペイ) →PayPayとの二刀流・コンビニで料金支払いをする人


PayPayと類似の高還元キャンペーンを行っているのが「LINE Pay」ですので、PayPayと両方ダウンロードしておくとさらにお得になります。


≪画像元:LINE Pay

PayPayになくLINE Payにあるのが「請求書支払い」サービスです。

・ 東京電力
・ 東京ガス
・ 神奈川県営水道
・ 健康家族
・ GMO後払い
・ NP後払い
・ ZOZOTOWN
・ ファンケル
・ SBI生命保険

など、公共料金・税金・通販などの請求書の支払いに、LINE Payを利用できます。


≪画像元:LINE Pay

また、Androidユーザー限定で電子マネー「QUICPay」にも対応しています。

ただしLINE Payは、実店舗での利用料金引き落としにクレジットカードを利用できません。

3. メルペイ →超高還元を受けたい人


≪画像元:メルペイ

メルペイは、不定期でもいいので超高還元を受けたい人におすすめです。


≪画像元:メルペイ

過去には、50%~70%の超高還元キャンペーンを実施しました。


≪画像元:メルペイ

また、200円程度のコンビニ対象商品を11円~16円で購入できるクーポンも配信しており、約90%割引の破壊力です。


≪画像元:メルペイ

また、コード決済だけでなくメルペイアプリに入れた電子マネー「iD」でも決済可能なので、使える店舗が広がります。

ただし、メルペイをキャンペーン以外の時期に使っても、ポイント還元がありません。

4. 楽天ペイ →楽天を使い倒す人


≪画像元:楽天ペイ

楽天ペイは、楽天市場・楽天銀行・楽天カード・楽天Edy・楽天ポイントカードなど、「楽天経済圏」を頻繁に利用する人におすすめです。

・ 楽天経済圏で貯まるポイントは全て楽天スーパーポイントに集約

・ 楽天ペイの利用料金支払いに楽天カード登録で最大5%還元のキャンペーン

・ ネットショップも楽天IDとパスワードの入力だけでOK

・ 「楽天カード登録」「楽天チェック」「ポイントカード提示」でポイント4重取りも可能

・ 期間限定ポイントも楽天ペイ・楽天ポイント加盟店舗で消化できる

など、合わせ技でどんどん楽天スーパーポイントが貯まり、使い勝手もよいです。

ただし、楽天ペイ自体のポイント還元率は0.5%で目立って高還元でもなく、PayPayやメルペイのような高還元キャンペーンも特にありません。

また、コンビニのみ4,000円/回の上限が設定されており、コンビニでの高額決済向きではありません。

5. Origami Pay(オリガミペイ) →すぐにお得になりたい人


≪画像元:Origami Pay

Origami Payは、面倒なことをせずともすぐにお得になりたい人に向いています。

Origami Payを利用可能店舗で使うだけで、最大3%をその場で割引してくれます。


≪画像元:Origami Pay

真骨頂は割引クーポン、特に半額クーポンは破壊力抜群で、過去には

・ 和民
・ 松屋
・ セイコーマート
・ 吉野家
・ モンテローザグループ
・ ケンタッキーフライドチキン

などの半額クーポンがありました。

ただし、Origami Payを使ってもポイントは貯まりません(お店のポイント・クレジットカードのポイントは貯まる)。

6. 7pay(セブンペイ)・FamiPay(ファミペイ)→それぞれのコンビニユーザー


≪画像元:7pay


≪画像元:FamiPay

7月1日にデビューしたての「7pay」はセブンイレブン、「FamiPay」はファミリーマートと、それぞれのコンビニを利用する人がお得です。

・ 無料クーポンのプレゼント
・ 対象商品の購入でスタンプが貯まり、スタンプがいっぱいになると商品プレゼント
・ 0.5%分のポイントが貯まる

などの共通点がありますが、チャージで最大15%還元・回数券の販売などどちらかというとFamiPayの方がお得度は高い印象です。

ただし、いずれも自社コンビニ以外では基本的に利用できません(FamiPayはネット通販「カエマ」でも利用可能)。

とりあえずダウンロードして、状況に応じて使い分けるのがお得

7つのスマホ決済サービスでお得な人を紹介しましたが、いずれのアプリも無料なので、悩んでいる人はとりあえずダウンロードして、利用する場所に応じて使い分けるといいでしょう。

スマホ決済サービスは、変更や機能追加、新たなキャンペーンがいきなり発表されることも少なくないため、最新情報を常にチェックしておくことが重要です。

それが面倒な人は、

・ ポイントでの高還元 →PayPay・LINE Pay

・ ポイントの使い勝手 →楽天ペイ

・ 割引クーポン →メルペイ・Origami Pay

・ コンビニ利用 →7pay・FamiPay


と覚えておけば、基本的に大きな失敗はないと思いますよ。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (282) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう