11/18のお得決済

ウエルシア:au PAY→10%割引クーポン(500円以上の買物) / 今日はてんや上天丼690円→500円 / 4コマ(5回目)

米国株【最低取引手数料が無料に】SBI証券・マネックス証券と楽天証券が手数料を値下げへ

大手ネット証券の米国株取引手数料は最低5USドルからでした。

しかし、マネックス証券が最低手数料値下げを発表したことを皮切りに大手3社が値下げ合戦を展開。

最終的には

マネックス証券が米国株の最低取引手数料5USドルから無料

楽天証券も最低取引手数料5USドルから無料

SBI証券が最低取引手数料を無料

となりました。

(ただし各社、約定価格の0.45%は一律、あくまで最低取引手数料が下がりました。)

マネックス・楽天・SBIの米国株の取引手数料が大幅値下げへ

アメリカの建物

マネックス証券の特徴

マネックス証券は大手ネット証券の中でも米国株取引に力を入れています

米国の個別株の取り扱い数では他のネット証券よりも多いのが特徴です。

約3000銘柄以上の米国の個別株の取り扱いがあります。

また米国株の注文方法の種類も多く、日本のネット証券で特定口座で米国株投資をするならマネックス証券が一歩リードしている状況でした。

マネックス証券の開設はこちらです↓

楽天証券の特徴

一方で楽天証券も取り扱い銘柄数を着々と増やしており、2,000銘柄以上の取り扱いがあります。

また楽天証券はトレーディングソフトのマーケットスピード利用料の無料化を発表したばかりです。

楽天証券の開設はこちらです↓

SBI証券の特徴

業界No1のSBI証券は、ASEAN諸国にも幅広く投資でき選択できる国が多いのが特徴です。

SBI証券の開設はこちらです↓

3社とも取引手数料を値下げ

マネックス証券…最低手数料無料 最高手数料20USドル

楽天証券…最低手数料無料 最高手数料20USドル

SBI証券…最低手数料無料 最高手数料20USドル

3社とも0.45%の手数料がかかりますが、5USドルの最低取引手数料が各社、最低取引手数料を撤廃したことで少額からの売買でも手数料負けしづらくなりました。

これまでは日本円換算で1,000円程度の注文をした場合、約500円以上の手数料がかかっていました。

しかし、手数料だけで最適な証券口座は選べません。

例えば、マネックス証券は取り扱い銘柄数の多さや発注方法の種類も豊富です。

マネックス証券の開設なら↓

ある程度大きなポジションになると、結局どちらも20USドルかかります。

ちなみに、こうした大きなポジションですと最高取引手数料が15USドルに設定されているサクソバンク証券が有利ですが、特定口座への対応が今のところないため確定申告が少し面倒です。

米国株を安く買えるスマホ証券の「One Tap Buy」

スマホ証券のOneTapBuy

≪画像元:OneTapBuy

スマホ証券の「OneTapBuy」は、米国株取引を月額定額で何度でもできるサービスを提供しています。

24時間取引できるなど他の大手ネット証券とは一線を画すサービスですが、取引銘柄が約30程度とかなり限られています

ポイント投資ならSBIと楽天証券

SBI証券もTポイントで投信を買えるようになりました。

SBI証券の開設なら↓

一方で楽天証券も楽天スーパーポイントを投信の買い付けに使えます。

ポイントを投資に回せるということで、これまで投資に縁のなかった層も気軽にポイントで投資ができるようになりました。

楽天証券の開設なら↓

大手ネット証券各社が取引サービスを競う時代へ

米国株の最低取引手数料はこれまで5USドルで横並びでした。

しかし7月に入りマネックスが最低手数料0.1USドル、楽天証券が0.01USドル、SBI証券が0USドルへと値下げを発表しました。

そしてまた、楽天、マネックスがSBI証券の最低手数料0USドルまで値下げ

最終的には再び手数料は横並びになりました。

手数料以外にも銘柄数や注文方法の種類などで各社のサービスは異なるため、手数料だけで取引する証券会社を決めるべきではありません。

しかし各社が競うことで投資家にとって、より有利で便利な投資環境が整ってきています

また、老後に2,000万円、年金とは別に必要だというニュースが話題になるほか、証券口座の開設ブームが再び起きています。

そこにネット証券各社がサービスを競い合う状況です。

各社のサービスが今後どのようになるのか、今後の動向に注目しましょう。(執筆者:田守 正彦)

日本株_iOSはこちら

日本株_Androidはこちら
米国株_iOSはこちら
米国株_Androidはこちら

この記事を書いた人

田守 正彦 田守 正彦(たもり まさひこ)»筆者の記事一覧 (70)

フリーランスのWEBライター。教育機関やバンコクの大学で働く傍、海外投資に興味をもち20代の頃から香港やアメリカの証券口座に直接行き、口座を開いて実際に取引をしていました。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方です。新しい分野にも積極的に挑戦しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう