「宿泊・格安」をキーワードにインターネットで検索すると、予約サイトの宿泊プランを一括検索できるサイトの名前がズラリと表示されます。

「最安値予約」、「最大70%・80%」、「激安」、「ワケありお得プラン」などの見いだしを頼りに目当ての宿を検索すれば、その時点での最安プランがすぐにわかるのでとても便利です。

予約サイトと公式サイトを比較

東京都内のホテルAと有名温泉地のホテルB、ディズニーリゾート近くのホテルCの1泊料金を予約サイトとホテルの公式サイトで検索してみると、すべて予約サイトのほうが安いという結果になりました。

予約サイトと公式サイトを比較

しかし「温泉地ホテルB」の場合

予約サイトのほうがわずかに安いものの、公式サイトで予約をすると1,000円分の館内利用券をはじめとするいくつかの特典がついてくる

ことがわかりました。

予約サイトはお得なイメージがありますが、ホテルの公式サイトで予約したほうが実は少しお得な場合もあるので、念のため両方チェックしています。

ホテルや旅館に格安で宿泊するなら宿泊日直前も狙い目

明日、どっか行こうか

我が家は、「明日は休みだし、天気も良さそうだし、宿も安そうだから旅に出よう!」といった感じで近場へ旅することがあります。

「今だ!」と思ったときにすぐ行動できるよう、「次行くとしたらココ!」というところの相場はときどきチェックしています。

確実に部屋をおさえる必要がある人に直前予約はおすすめできませんが、思いつきでふらっと旅に出るのが好きな人にはおすすめです。

混雑しない時期は予約が取りやすく、直前に価格が下落するケースもあります。

当たればラッキーの「おまかせプラン」

ディズニーランドへ行く前日の夜遅くにディズニーランド近くのホテルの公式サイトをチェックしたら、数時間前にチェックしたときと比べて一気に価格が安くなっていたことがあり、急きょ宿泊を決めたことがあります。

部屋タイプはホテルにおまかせ」というプランだったため部屋には全然期待していませんでしたが、このときは予約が多く入らなかったのか、1人5,000円弱だったにもかかわらずオーシャンビューバス付きの広い角部屋を振り分けてもらうことができました。

最安値で予約して当日お得にアップグレードできる可能性も

スイートルーム空いています

最安値の宿泊プランでハイクラスのホテルを予約し、当日になって超デラックスなスイートルームにアップグレードしたことがあります。

このときは閑散期の平日でお客さんが少なかったのか、

「プラス1万円でスイートルームに泊まってみませんか? お試し価格です!」

とフロントで提案されました。

あまりの安さに「え? 本当にプラス1万円ですか?」と何度も聞き返したものです。

予定外のプラス1万円は決して安くない金額なのですが、提示されたスイートルームの広さと豪華さを見ると、「このチャンスを逃したらもうこんな部屋泊まれないかも」という話になり即決しました。

ホテル側の決め手としては、「閑散期の平日」だったことと、私たちの「チェックイン時間が夜の8時近く」と少し遅かったことだったのかなと思います。

これ以上待っても2名1泊10万円以上するようなスイートルームの宿泊客は見込めないとホテル側が判断したのか、夜チェックインするお客さんに声をかけていたようです。

確実にいい部屋をおさえたい時にはおすすめできませんが、ホテルの宿泊料金はコロコロ変動することが多いので、一か八かでいいなら当日フロントでアップグレード交渉してみても面白いですよ。

超デラックススイートルームへアップグレードの一件以来、我が家がどこかに宿泊する際はグレードが高い部屋の相場も一応把握して「交渉」に備えています。(執筆者:木山 由貴)