【JCBカード】1人複数枚対象で、もれなく20%キャッシュバックの高還元キャンペーン実施中!

元祖キャッシュレス決済のクレジットカードですが、高還元に関しては「PayPay」、「LINE Pay」などのコード決済の後塵を拝しています。

しかし、JCBではApple Pay・Google Payを利用すると最大1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

しかも、複数枚のJCBがあれば枚数分のキャッシュバックを受けられる、パワフルなキャンペーンです。

今回は、JCBが仕掛ける20%キャッシュバックの概要・メリット・注意点を紹介しましょう。

JCBでスマホ決済20%キャッシュバックキャンペーン

≪画像元:JCB

キャンペーンの概要

開催期間中に以下の3つのステップを満たすと、もれなく20%キャッシュバックされます(キャッシュバックの上限は1万円で5万円利用分)。

【開催期間】
2019年8月16日~2019年12月15日

【3つのステップ】
1. Apple PayまたはGoogle Payの支払いにJCBカードを設定
2. キャンペーンに参加登録
3. Apple PayまたはGoogle Payを利用

キャンペーン前に1.の条件を満たしている会員も対象ですので、あらためて設定の必要はありません。

対象となるのは、JCBグループ発行の個人カード・一部のビジネスカードで、具体的には以下の3種類のカードです。

【対象のJCBカード】
1. JCBクレジットカード
2. JCBデビットカード(Apple Payは対象外
3. JCBプリペイドカード(Apple Payは対象外

Google Payはデビットカード・プリペイドカードも対象なので、Google Payの方がキャンペーンを満喫できますね。

キャッシュバックのスケジュールは、カードの種類によって次のように異なります。

【キャッシュバックのスケジュール】

キャッシュバックのスケジュール

複数枚のJCBカードでキャッシュバックを受けられる

複数枚のJCBカードでキャッシュバックを受けられる

≪画像元:左からJCB / JCB / ANA HOLDINGS

今回のキャンペーンでは、

1人が複数枚のJCBカードを持っている場合に、枚数分のキャッシュバックを受けられる

のが大きなメリットです。

仮に、同一人物が「JCB一般カード」、「三菱UFJ-JCBデビット」、「ANA JCBプリペイドカード」の3枚を持っている場合、それぞれがキャッシュバックの対象ということです。

すなわち、キャッシュバック金額は「最大1万円 × 3枚 = 最大3万円」と高額バックも夢ではありません。

キャンペーンは12月15日までと長期間ですので、複数枚のカードを入れ替わりスマホに設定しても、最大限のキャッシュバックをゲットできるでしょう。

本会員カードに家族カード1枚を付帯している場合もそれぞれがキャッシュバック対象

≪画像元:JCB

また、

本会員カードに家族カード1枚を付帯している場合も、それぞれがキャッシュバックの対象

となり、「最大2万円 × 3枚 = 最大2万円」のキャッシュバックは本会員口座にまとめて振り込まれます

対象店舗は、QUICPayマーク・QUICPay+マークのある加盟店

QUICPayマーク・QUICPay+マーク

≪画像元:JCB

今回のキャンペーンの利用対象店舗は、上記のマークが付いたQUICPay・QUICPay+の加盟店です。

【主な加盟店】
・ セブン-イレブン
・ ファミリーマート
・ ENEOS
・ イオン
・ イトーヨーカドー
・ マツモトキヨシ
・ ウエルシア
・ ガスト
・ マクドナルド
・ 吉野家
・ 日本交通
・ ビックカメラ
・ ユニクロ
・ 阪急百貨店
・ LOFT
・ ドン・キホーテ
・ アパホテル
・ 東京ディズニーリゾート
・ 成田空港

あらゆる業種の大手企業で利用可能ですので、使えないなどということはありません。

複数のJCBカードを駆使すれば、高額キャッシュバックも受けられます。

キャンペーンの注意点

次に注意点をあげていきます。

注意点1. JCBブランドでもキャンペーン対象外のカードがある

今回のキャンペーンは、JCBグループ発行の個人カード・一部のビジネスカードが対象です。

以下のように、キャンペーン対象外のカードもありますので、よく確認しましょう。

【対象外のカード】
・ カード番号が「355」から始まるカード
・ 参加カード発行会社でないカード
・ 口座設定をしていないカード
・ JCBコーポレートカード
・ みずほWallet
・ QUICPayモバイル
・ ビックカメラSuicaカード
・ 楽天銀行デビットカード(JCB)
・ LINE Payカード

注意点2. JCBデビットカード・JCBプリペイドカードは、QUICPay+マークのある店でのみ利用可能

QUICPay+マーク

≪画像元:JCB

Google Payで対象となっているJCBデビットカード・JCBプリペイドカードは、QUICPay+マークのあるお店でしか利用できません

支払い前に確認しておきましょう。

注意点3. Suicaチャージ・オンラインショップなどの利用は対象外

モバイルSuica Google Pay

モバイルSuica

≪画像元:JR-EAST

Apple Pay、Google Payは、Suicaへのチャージ、数は少ないもののオンラインショップでの支払いも可能ですが、これらの利用はキャッシュバックの対象外です。

注意点4. ANA JCBプリペイドカードは一律「キャッシュバックコース」

ANA JCBプリペイドカードは、マイルコース、キャッシュバックコースから選択可能です。

どちらのコースを選択していてもキャンペーンの還元は「キャッシュバック」で行われます。

複数枚のJCBカードを駆使して高額キャッシュバックを受けよう

JCBの20%キャッシュバックキャンペーンは、Apple Pay、Google PayをQUICPay・QUICPay+加盟店で利用すると最大1万円/枚(5万円利用分)のキャッシュバックを受けられます

カードごとにキャンペーンの参加登録が必要なのは面倒ですが、1人で複数枚のJCBカードを持っていれば枚数分のキャッシュバックを受けられます。

家族カードも対象で非常にファンタスティックなキャンペーンです。

対象外のカードもありますので、よく注意してください。

まずはキャンペーンに参加登録をして、Apple Pay、Google PayをQUICPay・QUICPay+加盟店を利用して高額キャッシュバックをゲットしてください。(執筆者:角野 達仁)

JCBカードの申し込みはこちらから

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁(かどの たつひと)»筆者の記事一覧 (347) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう