「PayPay」、「メルペイ」などのスマホ決済サービスでは当たり前となっている20%還元、一方クレジットカードでは、そこまで気前のよいキャンペーンがなかなかありません。

しかし、あのアメリカン・エキスプレス(アメックス)で20%還元キャンペーンが実施されます

しかも、さまざまな業種で、全国3万5,000以上の店舗が対象です。

今回は、キャンペーンの概要と注意点を紹介します。

AMERICAN EXPRESS

全国3万5,000以上の店舗でアメックスを利用すると、20%還元

キャッシュバックキャンペーンアメックス

9月30日までに事前登録をした上で、9月3日~9月30日の期間中に対象店舗で登録したカードで支払いをすると、その都度20%(上限2,000円/枚)がキャッシュバックされます。

アメックス以外で発行されたアメックスも対象

今回のキャンペーンの対象カードは、以下の通りです。

・ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(日本支社)
・ 株式会社クレディセゾン
・ 三菱UFJニコス株式会社
・ 株式会社クレディセゾン 、三菱UFJニコス株式会社が提携するカード発行会社ならびにフランチャイジー会社
・ 株式会社エムアイカード

アメックス以外で発行されたアメックスのカードも対象となっています。


年会費永年無料の「ウォルマートセゾンアメックス」、在学中年会費無料の「MUFGイニシャル・アメックス」など、低コストのアメックスも対象なのはうれしいです。

複数枚を駆使した還元も可能

しかも、カードごとに参加登録が必要なものの、複数枚のアメックス(家族カード・追加カードも含む)を登録可能なので、1人で5枚登録すれば1万円のキャッシュバックも夢ではありません

財布の中で眠っていたアメックスブランドのカードも、日の目を見るチャンスかもしれません。

多くのお店が対象

キャンペーンの対象店舗は、地図から検索できます。

まず9つに分かれた地域から1つを選択し、対象の店舗が地図上に表示されます。

地図のスクロールが面倒な場合は、「現在地から探す」からも検索可能です。

試しに、浅草周辺を検索してみました。


「グルメ」、「エンタメ」、「サービス」、「ショッピング」、「その他」の5ジャンルが地図上に表示されています。


世界中から多くの観光客が集う「ハードロックカフェ東京浅草」も、対象店舗でした。

キャンペーンの注意点

最初に参加登録が必要

まず、何を差し置いてもキャンペーンの参加登録をしてください。

先着20万名のみ参加登録可能というのもありますが、他社のキャンペーンとは異なり、事後登録をしてもキャンペーンの対象とはなりません

対象外のアメックスもある


≪画像元:楽天カード

年会費永年無料で注目の「楽天カード(アメックス)」ですが、残念ながら今回のキャンペーンの対象ではありません

他に、コーポレートカードなども対象外ですので注意しましょう。

支払い方法は一括払いのみ

今回のキャンペーンの対象となる支払い方法は、「一括払い」のみです。

分割払い・リボ払い・ボーナス払いなどは対象外ですので、ショッピング枠の残りには注意してください。

カード払いのみが対象

アメックスで支払ったとしても、直接アメックスのカードで支払わず第三者機関を経由して支払った場合は、キャンペーンの対象外です。

また、決済代行サービス(カード会社と加盟店の間に入って多種の決済を一元化するもの)を加盟店が利用している場合は、アメックスのカードで支払っても対象となりません

すぐにキャッシュバックされない可能性も

キャッシュバックは、該当するカード利用明細書においてその金額をマイナス表記した上で、当月または翌月以降の請求金額から減額調整する方法により行われます

ただし、すぐにキャッシュバックされるわけではなく、最長でキャンペーン終了から90日かかる場合があります

「参加登録 → 検索 → 登録カードで支払い」の順番を忘れずに

全国3万5,000店以上でアメックスを利用すると、20%がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されます。

多種多様なお店が対象となっており、キャッシュバックの上限は2,000円/枚です。

アメックスブランドのカードを複数持っていれば、1人で複数枚登録が可能なので、高額キャッシュバックも夢ではありません。

ただし、事前の参加登録が必須ですので、「参加登録 → 対象のお店を検索 → 登録カードで支払い」の順番でお得をゲットしましょう。(執筆者:角野 達仁)