10/20の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 今週末はスシロー仮装割ユニクロがオススメ / 4コマ漫画(3回目)

【増税目前】損をしない準備 クレカ苦手派は電子マネー、クレカ派は最大5%還元

2019年10月に消費税が8%から10%へと変更され、私たちが生活するうえで購入する物品が値上がりします。

数字だけ見ると国民としてはただの値上がりで苦しいわけですが、政府は消費の落ち込みへの対策として、軽減税率制度や経過措置なども考えているようです。

消費増税目前!損をしない準備

消費増税でおすすめの支払方法とは

いくつかの支払方法が消費増税の対策となり得ます。

・電子マネー(Edy、Suica、nanacoなど)
・デビットカード
・クレジットカード
・バーコード決済(PayPay、楽天Pay、Origami Pay等)

1番おすすめなのは、

クレジットカードを持ちバーコード決済や電子マネーに紐付けてポイントを2重3重取りすること

です。

しかしながら、

「クレジットカードは持ちたくない」

「学生だからクレジットカードを作れない」

「生粋の現金派である」

などの事情を持つ方もいると思います。

クレジットカードを避けたい方には電子マネーがおすすめ

クレカ苦手派は電子マネー

そんな方には電子マネーを、特にSuicaをおすすめします。

都市圏に住んでいれば交通機関でSuicaを使う方も多いでしょうし、Suicaで支払いできる店舗は現在たくさんあり、利便性も抜群です(交通機関での支払いは還元対象にはなりません)。

現金でのチャージもできるので、現金派の方にもおすすめできます。

そのほかの電子マネーであれば、楽天ユーザーはEdyを、セブングループのヘビーユーザーはnanacoを、自分のよく使うサービスを把握して使い分けましょう。

クレジットカード会社は最大5%還元

クレカ派は最大5%還元

カード会社も消費増税対策に乗り出しており、一部のクレジットカード会社では消費増税を機会に最大5%の還元が行われる予定です。

以下が現在明らかになっている、還元対象のクレジットカードです。

・JCB
・三井住友
・クレディセゾン
・ユーシーカード
・三菱UFJニコスの一部
・セディナ
・ビューカード
・楽天カード
・オリコ
・エポスカード
・イオンカード
・アメリカン・エキスプレス
・三井住友トラスト・カード(ダイナース)
・ジャックス
・Yahoo! JAPANカード
・株式会社リクルート
・アプラス
などなど。

全てのカード会社・全ての店舗が還元対象というわけではないので、情報については都度確認をした方がよさそうです。

キャッシュレスへの移行期間にお得が集中

これまでも現金派は、キャッシュレス派に比べると損をすることが多かったように思います。

増税後はそれが顕著になりそうです。

10月に入るまでは各社が自らの企業に1人でも多くの顧客を取り込むために、さまざまなキャンペーンを打ち出してくることでしょう。

一方で、10月以降はキャッシュレスが定着してきて、それ程お得なキャンペーンはないかもしれません。

今はキャッシュレスへ移行するための、チュートリアル期間でありボーナス期間というわけです。

少しでも節約したいという人は、これを機会にキャッシュレスの道へ進んでみてはいかがでしょうか。(執筆者:蔵島 紅)

この記事を書いた人

蔵島 紅 蔵島 紅(くらしま こう)»筆者の記事一覧 (17)

プログラマーを辞めフリーライターへ転職。お金とガジェットが好物で、お得な事が大好き。キャッシュレスを生活に取り入れ、キャンペーンとお得な情報を求めて日夜彷徨う。発見したお得や裏技についてシェアしていきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう