クリーニング代を節約したいけど、失敗は怖い 知っておきたい「洗濯表示」と、便利なアプリ「これ洗える?」

洗濯失敗あるある

洗濯の失敗

どれだけ高価なものでも、たとえ1度しか着ていなくても、洋服は洗濯方法を間違ってしまうと「もう着られない、買い直さないと」という悲劇にあいかねません。

最近ではクリーニング代を節約するために、自分で洗える洗剤なども出ていますが、失敗しては節約にもなりません

今回は、洋服を長持ちさせ被服費をムダに増加さないために、知っておきたい洗濯表示にクローズアップします。

洗濯表示が変わった

2016年12月1日、家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程が改正されたことから、洗濯表示がかわりました。

これまでより詳しく表示し、洗濯トラブルを減少させます。

また、国際規格と同じ記号を使うため、国内商品だけでなく海外で購入した物でも、この表示を熟知しておけばお手入れ時に強力な助っ人になります。

22種類から41種類に増加

22種類から41種類に増加

≪画像元:消費者庁(pdf)≫

基本の記号は5種類、「洗濯のしかた」、「漂白のしかた」、「乾燥のしかた」、「アイロンのかけ方」、「クリーニングの種類」です。

さらに基本記号に「線」や「×」の負荷記号を加えることにより、強さや禁止事項、数字で温度などを示しています。

改正により表示記号は、22種類から41種類に増え、一段と細かなお手入れがわかるようになりました。

つまり活用できれば洋服が傷みにくくなり、節約になる…のですが、実際覚えられるか、洗濯の度に確認できるか、と考えると正直役立てられるか不安が残ります。

おすすめアプリ「これ洗える?」

よいものを発見しました。アクロンの公式アプリ「これ洗える?」です。

参考:ライオン

アクロンの公式アプリこれ洗える?でチェック

41種類もの記号を覚える必要はありません。

アプリから、洋服についている洗濯表示を選択するだけです。

記号をいちいち読み解かなくとも、以下の説明文が表示されます。

洗い方もわかる

・ 自宅で洗濯できるか、クリーニングにだすべきかの判定
・ おすすめの洗剤
・ 洗濯表示を解説 … 洗い方、干し方、アイロンの掛け方

さらにうれしいことに、2016年12月以前の洗濯表示にも対応しています。

洗濯のノウハウを表示させた洋服は、画像付きでMy Closetに保存しておくことができます。

画像付きでMy Closetに保存

登録しておけば、被服費の節約にさらに役立てることができます。

例えば一覧表をみれば、クリーニングにだすものは一目瞭然です。

お店のお得な時期に、出し忘れることがなくなるでしょう。

また画像を見ることで、手持ちのものと同じような服を購入することも避けられます。

もちろん、アプリは無料です。

洋服は貴方の代名詞、キレイを保とう!

洋服が他人に与える印象は、大きなものがあります。

素材に合ったお手入れをしてキレイに着こなすことで、リーズナブルな商品でもよい印象を残すことができます。

一方、高価な商品でも見た目が悪ければ、自分の評価を下げかねません。

またクリーニング代節約を考えて、失敗してしまったときの心とお金のダメージも計り知れません

私たちのとっても身近にある洗濯表示、上手に活用していきましょう。(執筆者:吉田 りょう)

この記事を書いた人

吉田 りょう 吉田 りょう(よしだ りょう)»筆者の記事一覧 (150)

働くシングルマザーです。息子二人を大学卒業させるため、さまざまに工夫をこらし勉強しました。節約は勉強したものだけに与えられるご褒美です。リアルな情報、実際に使える情報にこだわってお届けしたいと思います。
<保有資格>
「登録販売者」、日文コンサルタント協会 着付1級講師
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう