【高齢者の防災セット】お得にムダなく、買っておいて損はない災害時の備え

気象異常や地震、近年は避難を余儀なくされたりライフラインが途切れてしまうような災害が本当に多くなりました。

自宅で生活されている高齢者の方、介護されているご家族は台風や地震の情報を聞くたびに不安に感じているのではないでしょうか。

万が一の時の備えについて皆の意識が高くなっています。

しかし、いざ非常時に備えた物品を購入するとなると選択に迷います。

便利なセットになっている商品もありますが、なかなかの高額です。

今回はいつもの介護費用をちょっと見直して、お得に無駄なく、高齢者を抱えるご家庭が買っておいて損はない災害時の備えについてご紹介していきたいと思います。

高齢者に合わせて カスタマイズ

災害時に本当に必要な物

最初に、高齢者に限らず普段から災害時を想定して備えておくべきものを見ていきます。

・ 食べ物
・ 水
・ 食器類(使い捨てでもいい)
・ 道具(ハサミ、ナイフ、缶切りなど)
・ 毛布
・ コンロ、カセットコンロ
・ 救急箱
・ 携帯ラジオ
・ 電灯

高齢者向けの備えとは

続いて、高齢者ならではの必需品を見ていきましょう。

飲食

普段から備えの中で、食べ物は特に、高齢者が食べることが出来る形態の食べ物である必要があります。

その他の物でも、高齢者の方のバージョンの備えが必要です。

・ 食べ物 → お粥、柔らかいおかずの缶詰
・ 水 → 飲み込みやすいようなトロミ剤、ゼリー状
・ 食器 → スプーンや吸い飲み

保清・整容、衛生

・ 入れ歯洗浄剤、歯磨きセット
・ ウェットティッシュ、ティッシュ、トイレットペーパー
・ ドライシャンプー
・ ビニール袋
・ 衣類(下着、靴下)
・ スリッパ、靴
・ カミソリ
・ 使い捨てトイレ、ポータブルトイレ
・ おむつ、パット類

活動(移動)

・ 杖
・ メガネ
・ 車いす

普段から使うものはまとめ買いがお得

何事もないうちに備えの準備

いざ準備するとなるとたくさんの物が必要だということがわかりました。

しかし、どれも普段から使う物なのでまとめ買いしておいても良いでしょう。

避難する際に運びやすいようリュックサックなどにあらかじめ入れておくといいです。

特に、まとめ買いしておいてもお得なのがおむつやウェットティシュです。

これらはインターネットなどでは業務用クラスで購入できますし、クレジットカードなどのキャッシュレスで購入すればポイントも貯まります

缶詰や飲料水、レトルト食品も同様です。

また、最近のインターネットのニュースでは、高齢者のおむつが床上浸水の時に人の手で始末出来る程度の浸水では、廊下や玄関の水を吸収するのに役立ったという話もありました。

普段は不要だけど、あると便利な物

あらためて購入しておくと便利な物は、折り畳みのつえやメガネの予備です。

災害時にいつも使用しているつえが必ず使える、手に取ることができるとは限らないので、不測の事態に備えて予備のつえを準備しておきましょう。

折り畳みのつえはコンパクトに収納できるので便利です。

メガネの予備は老眼鏡程度であれば簡単に安価で準備できます

度入りの本人の状態にあったメガネも新調する際に「2つ作れば2本目は半額」などのキャンペーンを利用するのが良いでしょう。

今までは「2つなんていらない」と思ってきた人も多いでしょうが、いざという時にメガネの予備があると本当に助かると思います。

高齢者の方が絶対に忘れてはいけない備え

以下の物は災害時だけではなく、急な体調不良の時や家族が駆けつけた人が困らないように備えておくべき物です。

・ いつも飲んでいる薬

・ お薬手帳

・ 健康保険証類

・ 自分の健康面に関して他の人が理解できる物(書類やメモ書き)

災害はいつ起きるか分かりません

早めの準備が暗線と節約になる

自分の住んでいる地域が一時的に孤立してしまう可能性もあります。

よくテレビの映像で目にするのは、被災した人たちが求める救援物資として地面に書かれた「ミルク、おむつ」などの文字です。

自分で動くことが困難な高齢者も同様です。食べ物や排せつの問題はすぐに直面することになる深刻な課題でしょう。

何事もないことが1番ですが、備えておくことは無駄なことではありません。

一時の出費は増えますが、手に入るときに用意しておくことも「節約」につながります。

時間のあるときに必要な物を書き出し、お得な方法で備えを用意してください。(執筆者:佐々木 政子)

この記事を書いた人

佐々木 政子 佐々木 政子(ささき まさこ)»筆者の記事一覧 (199) http://manetatsu.com/author/msasaki/

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう