数多くの店舗やクレジットカードと提携しているTポイント。

貯まったポイントを有効に使う方法の1つに、株式や投資信託などの投資に利用する方法があります

今回の記事では、現行では2種類あるTポイントで投資する方法と、その選び方についてご紹介します。

Tポイントを投資に使える「SBI証券」と「SBIネオモバイル証券」

Tポイントを利用した投資サービスを提供している証券会社は、

・ SBI証券

・ SBIネオモバイル証券

の2種類があります。

それぞれサービス内容が異なるので、実際にTポイントで投資を始めるにあたってはどちらを使うか選ぶ必要があります。

SBI証券のメリット・デメリット

SBI証券Tポイントサービス

≪画像元:SBI証券

メリット

100円から気軽にスタートできる

SBI証券では、

・ Tポイント1ポイント = 1円として取引に利用できる

・ 最小購入単位が100円となっている

ため、少額からでも気軽にスタートできます。

新規口座開設で100ポイントもらえるキャンペーンを行っているので、Tポイントが0の状態からでも口座開設すれば100円分の取引が可能ということになります。

NISA口座に対応

積立買付には利用できませんが、NISA口座にも対応しているので非課税取引も可能です。

取引内容に応じてTポイントが貯まる

さらに、SBI証券では売買や投資信託の保有額など取引内容に応じてTポイントを貯めることができるので、

ポイントで投資をしながらポイントを貯め、貯まったポイントをさらに投資にまわす

ことで、懐を痛めずに資産を増やしていく事もできます

デメリット

ただしデメリットが2点あり、

・ 売買対象が投資信託のみとなっていて株式の取引ができない

・ 取引手数料がかかる

ということです。

そのため株式取引などで短期的に利益を出したい人には向いておらず、インデックス投資など安定的な投資信託を長期間保有したい人向けの内容となっています。

SBIネオモバイル証券のメリット・デメリット

SBIネオモバイル証券

≪画像元:SBIネオモバイル証券

メリット

国内の株式売買ができる

一方SBIネオモバイル証券では、Tポイントを利用して国内の株式売買を行える事を売りにしています。

・ Tポイント1ポイント = 1円として売買に利用できる

・ 国内株式以外にも国内ETF(上場投資信託)、国内REIT(不動産投資信託)なども対象

となっています。

株を持つには通常、1口100株や1,000株など決められた単位でしか購入できないため、まとまった資金が必要なイメージがありますが、SBIネオモバイル証券では売買単位に満たない1株からでも取引する事が可能となっています。

1株の金額はその銘柄の株価によりますが、1株500円未満で買えるものもあるため、「ワンコインで企業の株主になれる」と銘打っています

もちろん購入した株数が単元株式(100株など)に到達すれば、株主優待特典や配当金を受けることも可能です

実質月額20円で約定代金50万円まで売買できる

また、SBIネオモバイル証券では証券会社には珍しく月額料金制を導入しており、月額220円を支払えば取引手数料無料で月間約定合計代金50万円まで売買する事ができます

さらに毎月200ポイントのTポイントを付与されるので、「月額220円」は実質「月額20円」ということになります

ただし付与される200ポイントはSBIネオモバイル証券でしか利用できないので注意が必要です。

デメリット

SBI証券と比較した場合のデメリットとして、

・ NISA口座に対応していないため売却益には必ず税金がかかる

・ 月額制なので取引がない月でもお金がかかってしまう

・ 取引ではTポイントが貯まらない

という3点が挙げられます。

それでも短期的な売買をしたい人にとってはお得なサービス内容になっていると言えます。

どちらを選ぶかは目的次第

悩む女性

両者のメリット・デメリットを考慮すると、それぞれのサービス内容に合致するケースは以下の様に分けることができます。

・ SBI証券が向いている: 「NISA口座」で「Tポイントを効率的に貯めながら」「長期投資したい」人

・ SBIネオモバイル証券が向いている: 「株式取引」を「短期売買」で「少額から試してみたい」人

投資を始めるにあたって長期保有の投資信託と短期売買の株式取引のどちらが向いているかは、それぞれの目的や性格によって異なるため一概には言えません。

Tポイントの貯まるペースなども考慮して、自分に合った方のサービスで始めてみることをオススメします。

Tポイントを投資で活用してみよう

投資といってもポイントであれば預金が目減りする訳ではないので、実質0円から気軽に始めることができます

特に普段の生活でTポイントが貯まりやすい環境であれば、効率的に資産を増やしていけるかもしれません。

使い道がなくて余らせているポイントがあれば、ぜひ利用してみてください。(執筆者:島村 妃奈)

Tポイントの使い道がない… それならTポイント投資しませんか? SBIネオモバイル証券で口座開設!