保険の進化がすごい時代

医学の発達で100歳時代が到来

医学の発達で100歳時代が到来している昨今、保険の進化もめまぐるしい日々です。

就業不能リスクについて、以前お伝えしましたが、35歳の人が65歳までの間に就業不能になる確率は、13%(約8人に1人)と言われています。

この期間に死亡する人の確率と比較すると大よそ「」になります。

そして年始から驚かせて申し訳ないのですが、就業不能になると、復職までに6か月以上かかる人は3人に1人(数字にすると35%)という統計結果も出ています。

そのように考えた場合、必然的に治療費以外の経済面での支えが必要になってきます。

各社就業不能のリスク商品を発売しています。

1番早かったのが、住友生命の未来デザインワンアップ、その後2016年には、CM効果も大きかったアフラック社(渡辺直美さんが、就業不能を気にしてハンコを押せない旦那さんに寄り添うCMが印象的でした)など、どんどん各社の開発が進みました。

生命保険会社での発売「収入保障ラインナップ」

2015年:住友生命 未来デザインワンアップ

2016年:Aflac 病気やけがで働けなくなった時の給与サポート保険

2017年:朝日生命 収入サポート保険、日本生命 もしものときの…生活費

2019年:東京海上日動あんしん生命 家計補償定期保険NEO 就業不能保障プランPlus、三井住友海上あいおい生命 &LIFE暮らしの応援ほけん

この状況に付加して、高齢者マーケットは今後どんどん大きくなっていきます。

もれなくついてくるのが「介護問題」

介護は認知症も含めて、誰もがなる可能性を持っているリスクです。

就業不能リスクと介護リスクは、生命保険や医療保険で全てカバーはできません。

業界では保障の空白領域と呼んでいますが、生命保険文化センターの調査から見ると、まだまだ認識されていないのが現実です。

東京海上日動火災保険

トータルアシストの超保険

≪画像元:東京海上日動

損害保険会社として、このリスクにいち早く手を打った会社があります。

生命保険会社が用意できていなかった補償の空白を埋めるべく、「就業不能リスク」と「介護補償」のリレー方式の保険を2020年1月から販売しているそうです。

リレー方式というのは、ライフステージに合わせ、働けなくなるリスクが必要な若い年代のうちは収入補償を、退職後要介護になるリスクに備えて、介護補償に「無告知」で切り替えができるという画期的な商品です。

もともと、こちらの会社は、5疾病による収入補償を販売していたのですが、その特徴をそのまま踏襲して、時代の流れと顧客の声を言いて、今般、就業不能の新しい保険の発売に踏み切った模様です。

保険の特徴

ほぼすべての病気ケガを対象にした幅広い補償、30日超の就業不能で年額が支払いされること、しかも、5疾病を原因とする場合は、初期入院開始でも支払いが成されるので、診断給付金に似た保険金のおり方がなされます。

そして、今般注目を浴びているのは、介護補償への無告知での切り替えが可能な点です。

退職や、子供の独立で収入補償のニーズがなくなってくる時期に、介護補償のニーズが出てくるので、ライフサイクルに合わせた絶妙な保険が1度の契約で可能という点が素晴らしいと思いました。

生命保険会社の収入補償を見ても、30日超で支払いがされる会社はありません。

介護によるお金のかかり方

・ 平均の介護期間は5年弱

・ 介護費用は500万円

と大きな負担になります。

介護費用の平均は7.8万円ですが、3人に1人は10万円以上6人に1人は15万円以上と、多額の費用、かつ家族への負担はとても大きなものになります。

ここを自分で経済的に補填できるようにしておくことも、将来の自分と家族のためになるのではないでしょうか。

保険料も入りやすい体系

お財布にもさやしい保険

【30歳、保険金100万円の場合】

男性… 月額900円
女性… 月額1,450円

【30歳、保険金120万円の場合】

男性… 月額1,080円
女性… 月額1,740円

生命保険会社の同水準が3,000円を超える中、とてもお財布に優しいです。

若いころに入り保険料を安くで、きちんと補償額が出る保険はうれしいですし、収入補償は5年ごとに保険料は上がりますが、20~30代の保険料はとても安く抑えられています

50代の頃には、介護補償にきりかえることのできるこの保険、お財布事情、ライフサイクルに合わせて、1度検討してみてはいいかもしれません。(執筆者:鮫島 ひかる)