春はお引っ越しの季節

最近では大きな実家を手放して、マンションやコンパクトな一戸建てに引っ越す人も増えています。

そこで困るのが仏壇です。

というのも

「実家にある大きな仏壇が新しい住まいでは入らない」

という声は実に多く聞こえるからです。

新しく小さな仏壇を買い換えるにせよ、いまある仏壇は処分しなければなりません

仏壇処分の費用相場と方法

事前に魂抜きが必要

仏壇を処分するためには、事前に僧侶を招いて魂抜きの供養をしてもらわなければなりません。

仏壇の中には仏さまが祀られ、ご先祖さまのお位牌が並べられています。

こうした存在を信じる人と信じない人がいるとは思いますが、存在だけでなく、これまでずっと仏壇の前で手を合わせてきた私たちの「念」や「思い」も込められています。

だからこそ、目に見えないものの供養の専門家である僧侶を招いて、仏教の作法にのっとって供養してもらいましょう

魂抜きをしていない仏壇は引き取れないという業者もたくさんあるほどです。

仏壇店や専門業者に依頼する

仏壇の処分は、仏壇店や専門業者に依頼しましょう

近所の仏壇店だけでなく、最近ではインターネット上でも専門業者が出回っており、広範なエリアをカバーしています。

自分たちでも処分できる?

「仏壇を自分たちでも処分できますか?」

という質問もよく受け付けます。

粗大ゴミとして引き取ってもらえるかどうかは、各自治体に確認しましょう。

ただし、粗大ゴミは通常自治会内の集積所に出すもので、町内の人たちの目を引きます。

ただでさえ仏壇は粗末にできないものとして認識されていますから、粗大ゴミに出すのはあまりお勧めできません

もしもするのであれば、自治体に確認した上で小さく分解するべきでしょう。

仏壇処分の費用相場

お布施や引き取り代金など仏壇処分の費用

仏壇を処分するためには、魂抜きをしてくれる僧侶へのお布施と、業者への引き取り処分料が必要です。

魂抜きのお布施

魂抜きをしてくれる僧侶へのお布施は1万円から3万円程度でしょう。

お布施はあくまで気持ちのもので、施主の思いやお寺との関係性などによっていかようにもなるので、直接相談しても良いでしょう。

また、お寺から自宅までの交通費を「お車代」として手渡すとより丁寧です。

引取処分料

業者に支払う引取処分料は、仏壇の大きさによって異なります

一般的な相場を下にまとめましたので、参考にしてみてください。

仏壇処分の費用相場

気をつけなければならないのは、業者によっては、人件費や付帯仏具の処分費を別計算にしています

また、事業所から現場までの距離によっては交通費を請求されることもあるでしょう。

提示されている価格に何が含まれているのか、何が追加料金の可能性があるのかなど、きちんと確認しましょう。(執筆者:五十嵐 信博)