地震や風水害など、自然災害の脅威は増すばかりです。

住宅には火災保険や地震保険がありますが、お墓にも、損害を保証してくれる保険商品があるのをご存じでしょうか。 

この記事では、株式会社リコライフによるお墓の天災保証サービス「おまいりまもり」をご紹介いたします。

お墓の天災保証サービス おまいりまもり

天災から守る保険おまいりまもり
≪画像元:リコライフ

「おまいりまもり」は株式会社リコライフが販売する墓石専用の保険商品です。

地震、噴火、津波、風災、さらには台風や豪雨などによる水害や土砂災害(洪水、高潮、土砂崩れ)などによって全壊、あるいは倒壊した墓石が保証対象です。

「おまいりまもり」には2つのプランがあります。

おまいりまもり2つのプラン
≪画像元:リコライフ

最大50万円を保証してくれる「おまいりまもり50」は、50万円以上の墓石を対象としたサービスです。

月々の掛け金は税込で1,680円です。

最大100万円を保証してくれる「おまいりまもり100」は、100万円以上の墓石を対象としたサービスで、月々の掛け金は税込で1,980円で保証を受けられます。

保証期間は最長10年です。

また、それぞれ掛け金を800円増額してプレミアムプランにグレードアップすることで、年に一度の希望月に「線香・ローソクギフト」か「選りすぐりギフト」が受け取れます。

気をつけなければならないのは保証対象です。

石材店の不良施工による欠損や、経年劣化に対しては保証されません。

またひとことに「お墓」といっても、「おまいりまもり」が保証するのは墓石(石碑・台座・香炉・花立・塔婆台・墓誌など)に対してであり、外柵や玉垣、ステンレスの花立や玉砂利、名刺受けやローソク立てや灯篭などの付属物は対象外です。

お墓の再建にかかる費用とは

お墓再建にかかる費用はどのくらい

実際に、自然災害に被災したお墓を再建するにはどれくらいの費用がいるのでしょうか。

被災の状況や、施主がどこまでを希望するかによって費用は大きく変わりますので、一概にいくらということはできませんが、地震で倒壊した墓石を区画内に戻すには、数十万の費用がかかります。

傷ついた墓石を修繕、あるいは新調しようものなら100万円はくだらないことも十分に起こりえます。

土砂崩れや洪水などで遠くに流されてしまった墓石は、元の区画に戻すだけでも大変な労力を要します。

ボランティアの人たちの力を借りながら復旧作業をするとはいえ、最後は施主が費用負担をして墓石を整えなければなりません。

このような状況での損害保険は、大きな支えになってくれます。

世間的には大変珍しいお墓の保険ですが、申し込みを希望の場合は加盟石材店を通さなければなりません

まずはウェブサイトから身近な取扱業者を探してみましょう。(執筆者:葬儀業界15年、1級葬祭ディレクター 五十嵐 信博)