コロナで外出を控えている方や、子育て中で外出が難しい方におすすめの副業が2点間せどりです。

2点間せどりとはフリマアプリやオークションサイトで仕入れて、別のフリマアプリで販売するせどり方法で「電脳せどり」とも言います。

仕入れも発送も自宅から出る必要がなく、自宅に居ながらにしてほとんどの作業が完結します。

せどりをやってみたいけど仕入れや発送に行く時間が確保できない、という方はぜひ試してみてください。

2点間せどりとは

せどり

2点間せどりとはフリマアプリやオークションサイトで仕入れて、別のフリマアプリで販売する方法です。

利益を上乗せしているお店からの仕入れと違い、個人の出品が多いフリマサイトやオークションサイトでは商品を処分価格で安く購入できます。

現在、個人と取引できるフリマアプリは多数あります。

・ メルカリ
・ ラクマ
・ ヤフオク(PayPayフリマ)
・ オタマート
・ ジモティ―

安く買えるだけではなく購入したら運送会社の方が自宅まで商品を届けてくれるため、外出することなく仕入れができます。

販売はメルカリを利用し、らくらくメルカリ便のヤマト集荷依頼をすればドライバーさんが自宅まで商品を取りに来てくれるので、こちらも自宅から出る必要がありません。

梱包資材の購入等もAmazonや楽天で買ってしまえばOKです。

・ コロナ禍で外出を控えているけど副業をしたい方

・ リモートワークで自宅にいるついでに副業で稼ぎたい方

・ 子育てで外出が難しい方

このような方におすすめの副業です。

もちろんフリマサイトだけではなく、Amazonや楽天市場などから仕入れてもかまいません。

ショップからの仕入れの場合、掘り出し物は少なくなりますが、薄利多売で安定して仕入れて稼げます。

スペースや資金と相談して仕入れる場所を変えましょう。

2点間せどりのメリット

利益率が高い

2点間せどり最大のメリットは利益率が高いことです。

個人の利用者が多いフリマアプリの場合、お店と違って利益を考えていない断捨離目的の方も多く、破格で出品されている商品を安く買って高く売れます。

自宅から出ずにすべての作業が完結する

自宅にいながら自分のペースで作業ができるので、隙間時間で稼ぎたい方にも最適です。

自宅から出ることなく稼ぎたい人にはおすすめです。

無限に仕入れができる

フリマアプリやネットモールでは毎日無数の商品が出品されているため、実店舗での仕入れと違って仕入れができなくなることがありません。

知識と根気次第でずっと稼ぎ続けられます。

2点間せどりのデメリット

トラブルになりやすい

大きなデメリットとして、「ショップ購入よりトラブルになりやすい」という点が挙げられます。

フリマアプリで個人から購入した物を転売するという行為について、「売ったものだから気にしない」という方もいる一方、快く思わない方も多いです。

そのため商品を購入したユーザーから、取引後にブロックされるなどの可能性もゼロではありません。

少なくともショップからの仕入れよりはトラブルリスクは高いです。

できる限りトラブルを避けたい方は、個人ではなくショップからの仕入れにしたほうが良いでしょう。

ライバルが多い

せどりは現在副業ブームで一気に広がり多くの方が実践しているため、当然フリマアプリでも同じように仕入れをしようと思っているライバルがたくさんいます。

また普通に欲しいものを探しているユーザーもたくさんいます。

誰がどう見ても安い掘り出し物は、「転売目的の方」と「個人的に欲しい方」との争奪戦になります。

商品によっては出品から数秒で売り切れることもあるでしょう。

大量のごみが出る

大きなデメリットではありませんが、梱包された商品が山のように届くので段ボールや緩衝材といったごみが山のように出ます。

段ボールや緩衝材は発送の際に再利用すればいいですが、それらを保管しておくスペースも必要になります。

2点間せどりのやり方:販売はメルカリ一択

・ メルカリ
・ ラクマ
・ ヤフオク(PayPayフリマ)

とりあえずこの3つのアカウントを取得しましょう。

慣れてきたら他のアプリやサイトを登録しても構いません。

アカウントを取得したら「各フリマアプリで仕入れてメルカリで販売する」だけです。

メルカリを販売先として利用する理由

1. 利用者が多くあらゆる商品が売れやすいアプリ

2. らくらくメルカリ便の集荷依頼を利用すれば、わずか30円の手数料で商品を自宅まで集荷に来てくれるので発送の際も外出の必要がない

仕入れ先としても販売先としても優秀なメルカリ

メルカリは仕入れ先としても優秀ですので、メルカリで仕入れてヤフオクやラクマで売る、という方法もあります。

ただ、売れやすさはメルカリほどではありませんので、あくまでもメインは「他のアプリ → メルカリ販売」です。

2点間せどりの注意点

古物商許可が必要

今回のせどり手法に限らず、せどりや転売といった営利目的の販売を行う場合、ほとんどのケースで古物商許可が必要になります。

古物商許可なくせどりを行うと「古物商法違反」となりますので、継続的にせどりをやるなら必ず取得しておきましょう。

過去犯罪歴や自己破産等の履歴が無ければ基本的には書類を書いて1万9,000円(2021年1月現在)の手数料を支払えば誰でも取得できます。

同じアプリで仕入れて販売するのは絶対NG

メルカリで購入してメルカリで販売するといった「同一アプリ内で仕入れて販売する」のは絶対NGです。

まず多くのアプリではユーザー規約に触れます。

ユーザー規約に抵触するのでダメだよ
≪画像元メルカリ

このあたりの規約は頻繁に変わっていて、解釈が難しいですが基本的には「同じアプリで仕入れて売るのはNG」だと思っておいてください。

また購入したユーザーの目に触れて余計なトラブルの元になりますので、同一アプリ内で売買を行うのは避けましょう。

ハンドメイド系のアプリでの仕入れはNG

メルカリやラクマでもハンドメイド系の出品を見かけますし、ミンネやクリーマといったハンドメイドに特化したアプリもあります。

ハンドメイドは人気の高いジャンルですが、ハンドメイド系の仕入れはおすすめしません。

作者が心を込めて作ったものを許可を得ず転売するわけですから、思い入れが強い分購入者とのトラブルになりやすいです。

またハンドメイド作品の中にはキャラクターを無断使用したり勝手にリメイクした、いわゆる「著作権」や「商標権」を侵害したものも多数見かけます。

これらを仕入れて売ってしまえば同罪です。

ハンドメイド系はトラブルになりやすいカテゴリーですので、扱わないようにしましょう。

利益が出たら確定申告が必要

事業を行って利益を得た場合、当然確定申告をして納税する義務があります。

例えば会社員の副業の場合、せどりの利益(売上ではなく利益です)が年間20万円超えた場合は確定申告の必要があります。

専業の場合、個人によって様々なケースがあるので税理士さんに相談してみましょう。

こうしたちょっとした相談なら、自治体によっては税理士さんへの無料相談サービスがあるのでうまく活用してください。

アプリ別仕入れ例

1. ヤフオク仕入れメルカリ販売

商品によりますが、ヤフオクはメルカリやラクマよりも安く売られているものが多く、また個人ではなくストアなどもあるため比較的仕入れしやすいです。

メルカリやラクマとはちょっと違った独特のシステムにさえ慣れれば、仕入れ先としては非常に優秀です。

オールジャンルで仕入れができますが、特にコレクター向けのおもちゃやアパレル関係がおすすめです。

家電品やゲーム機、また高級ブランド品はトラブルも多いため個人的にはおすすめしません。

高級ブランドやゲーム機はトラブルが多い
≪画像元:ヤフオク!

例えばヤフオクで新品未使用のサングラスが税込み1万2,100円 + 送料で約1万3,000円ほどです。

ヤフオクは送料出品者負担が多いです。

同じものがメルカリでも売っているので値段を比較
≪画像元:メルカリ

同じものがメルカリでは1万9,800円で売れますので、手数料と送料差し引いて1万7,120円、仕入れ値を引くと約4,120円の利益です。

1円からスタートするオークション形式の商品は、思った以上に値が上がらないことも多く、あちこち入札しておけばいくつか掘り出し物が落札できます。

とはいえ大量の商品に対して毎回こまめに入札を繰り返すのも大変なので、ヤフオクの「自動入札」を利用しましょう。

自動入札とはあらかじめ予算まで入札しておくことで、その価格に達するまで自動的に競ってくれるヤフオクのシステムです。

自動入札を使うと結構ラク

例えば現在4,100円の値が付いている商品に対し10,000円まで入札しておくと、誰かが10,001円の入札をしない限り自動的に高値更新を続けてくれます。

「この商品ならこの価格まで出せる」という「予算」を決め、その金額で入札しておくといいでしょう。

ヤフオクはクーポンやPayPay利用によるポイント還元キャンペーンなども豊富なので、このあたりもうまく活用していきましょう。

2. ラクマ仕入れメルカリ販売

メルカリと双璧をなすフリマアプリ、ラクマは基本的にメルカリと同じように使えます。

ただメルカリを参考に値付けをしている方や両方使っている方も多く、価格差の取れる商品はヤフオクに比べて若干少ない印象です。

ですが根気よく探せば掘り出し物はありますし、なにより即決価格で予算オーバーすることがないので安いものを見つけたら即買っておきましょう。

根気よく探して見つけよう
≪画像元:ラクマ

ラクマで見つけた人気ブランド同士のコラボブーツ、ラクマで送料込み4万7,000円です。

≪画像元:メルカリ

メルカリで6万4,999円、しかも着払いで売れています。

手数料のみを引いて5万8,500円なので1個売れば1万1,500円の利益です。

Amazon・楽天市場仕入れ

個人間ではありませんが、一応Amazonや楽天市場仕入れについても触れておきます。

Amazonはプライムデーやサイバーマンデーなどの大型セール時期を狙うのがセオリーですが、普段からも割引セールの実施や割引クーポンの配布が行われています。

なんか安い日にいい商品を探したりして
≪画像元:Amazon

このように15%オフクーポン対象商品が頻繁に見つかります。

狙える商品はその時によって違うので、色々とリサーチしてみましょう。

楽天市場では筆者は日用品を仕入れることが多いです。

スーパーセールやお買いものマラソン時など、ポイントアップするタイミングを狙って大量に仕入れることでポイント還元分、実質安く仕入れが可能です。

ポイントがいっぱいもらえる日に買っておくんだよ
≪画像元:楽天ビック

ポイント倍率が高ければ、仕入れ値に少しだけ上乗せしてメルカリで販売し、利益が出なくても楽天のポイント還元分で利益を得られます

2点間せどりは外出不要で稼げる便利な副業

フリマアプリやオークションサイトを利用した2点間せどりは、自宅から出ることなく仕入れと発送が完結する便利なせどりです。

資金に合わせてお小遣い稼ぎレベルから始められ、慣れてくれば仕入れ先を広げて本格的な事業として拡大できます。

外出を控えている方や、事情があってなかなか出かけることができない方におすすめの副業ですので、ぜひ実践してみてください。(執筆者:せどりや投資も行うマルチな事業主 菊池 貴弘)