現在、コストコでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で親族以外の同伴者の入店が禁止されている店舗があり、これまで友人などと一緒に行っていた人の中には「自分で会員になってみようか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、今後の店舗の営業がどうなるかもわかりませんし、なるべく少ない来店回数で会費の元をとっておきたいところです。

そこで、今回はコストコ徒歩圏内で週1回は通うヘビーユーザーの筆者が見つけた「確実に会費の元が取れるもの」を紹介します。

1. 常温ストック可能で種類もたくさんある「酒類」

コストコのワイン
≪画像元:Costco Wholesale Japan≫

コストコではビール、焼酎、日本酒、ワイン、ウイスキーなど、さまざまなお酒が取り揃えられています。

もちろん、コストコオリジナル商品も多数ありますが、ビールや焼酎、日本酒などはメジャーな商品もたくさんあり、どれもスーパーや酒屋などに比べると安いと言えます。

ビールなら1ケース単位、焼酎・日本酒なら1升瓶単位で300~500円ほどの安さなので、ビール月1ケースまたは焼酎・日本酒の1升瓶1本を消費すると考えると、それだけで年会費4,840円の元が取れます

また、年1回ロードショーやオンラインショップで販売されているアイスワインは市場価格よりも1,000円以上安いため、数本買うだけで元が取れることもあります。

さらにビーフジャーキーやナッツなどのおつまみも非常に割安なのでお酒を定期的に飲む方、珍しいお酒が好きな方なら会費分は十分に回収できること間違いなしです。

2. リンツや牧家など「有名ブランドのスイーツ」

リンツリンドールアソート
≪画像元:Costco Wholesale Japan≫

これまでテレビでも何度か紹介されているのでご存じの方も多いかもしれませんが、コストコでは高級チョコレート店リンツのチョコトリュフ「リンドール」が半額以下で購入できます。

直営店では1粒90円以上するチョコがコストコでは48個入りで1,500円足らずで売られており、1粒あたりに換算すると31円です。

この1袋のアソートを買うだけで1,400円以上お得なので、チョコレート好きの方なら会費の元も簡単に取れてしまうことでしょう。

また、私がコストコで初めて出会って感動したのが牧家のスイーツです。

北海道の牧場で作られるこだわりの乳製品スイーツは本来、東京と北海道に1店舗ずつある直営店かオンラインショップでしか買えないのですが、コストコではどの店舗でも購入できるうえに価格も非常に割安です。

Boccaのプリン
≪画像元:Bocca

牧家の定番、まん丸い形が特徴的な白いプリンは通常4個883円のところコストコでは6個入りで972円です。

これだけだとおよそ2割引程度でそれほどお得感はないかもしれませんが、牧家のスイーツは冷蔵便なので直営店以外での購入の場合には送料が1,330円加算されます。

コストコでは年に1回程度、牧家のロードショーも開かれていて、その際には定番商品以外の商品も割安に購入できます。

どれも感動のおいしさの牧家のスイーツが送料もかからずかつ割安で購入できるので、このロードショーに参加するだけでも十分に会費分の価値はあるのではないでしょうか。

3.「家電」なら1つの買い物で元が取れる

コストコというと食品や日用品のイメージが強いと思いますが、実は家電も非常に安く購入できます。

家電は元の価格が高いのでクーポンの割引額などが数万円に上ることもあり、会費の元を取るにはおすすめの商品です。

たとえば、家庭で炭酸水を作れるソーダストリームのスターターキットはコストコでは9,000円ほどで売られていますが、この商品は定価が1万4,300円、Amazonの最安値でも1万2,500円です。

これだけでも会費の元が取れたようなものですが、さらにクーポン値引き時にはこの価格から2,000円近く割り引かれることもあります。

また、コストコで年1回ほど行われる「ダイソンフェア」では普段から定価よりも安いダイソンの掃除機が数千円も割引になります。

ダイソン掃除機
≪画像元:Costco Wholesale Japan≫

Amazonや楽天の最安値商品と比較して1万円以上安くなることもありますので、ダイソンの購入を考えているならコストコ会員を検討してもよいかもしれません。

店舗が近くになくてもコストコオンラインがある

コストコでは、このほかにも大型家具やタイヤなど一度の買い物で会費以上にお得な商品が盛りだくさんです。

現在はコストコオンラインもありますので何か大きな買い物を検討しているのであれば、たとえ店舗が近くになくても「コストコで安く売られていないかどうか」を一度は見てみるとよいと思います。

上記のような商品で確実に会費の元を取ったうえで、コストコでしか買えない食品などの買い物を楽しんでください。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)