いよいよマイナポイントの付与対象となるマイナンバーカードの申込期限が、4月末と迫ってきています。

マイナポイントの対象は、4月末までにマイナンバーカードを申請した人です。

マイナンバーカードは申込受付が完了していれば、マイナポイントの付与対象となります。

申請だけ行って入れば、マイナポイントの付与申込は9月末まで受付してくれます。

マイナンバーカード申請だけ行っていれば、ポイント付与に関わるチャージやお買い物は後回しでも問題ありません。

もうすぐ期限が迫っていますので、あらためてマイナンバーカードとマイナポイントのおさらいです。

マイナンバーカード申請期限迫る!

マイナポイント概要

【マイナポイント付与対象者】

2021年4月末までにマイナンバーカードの申請をオンラインで行ったもしくはマイナンバーカードの交付申請書を投函した人が対象です。

申請した人が対象なので、マイナンバーカードの受け取りが5月以降になってもポイント付与の対象です。

マイナポイントの付与期限

2021年4月末までにマイナンバーカードの申請しその後、マイナポイント申込をした場合、マイナポイントの付与対象となるチャージまたはお買い物の期間は2021年9月までとなります。

マイナポイントは、まだ間に合う

・ マイナポイント付与に必要なマイナンバーカードは、4/30までに申請を行っていれば大丈夫です。

マイナンバーカード自体は、担当自治体(市区役所)などに取りに行く必要がありますが、申請受理されていれば、現物が手元になくても問題ありません

・ スマホアプリからのオンライン申請の場合10分程度で完了します。

・ 申込受付完了後、マイナンバーカードが発行されるまで1か月程度時間がかかります

マイナポイント申請にはマイナンバーカードが必要ですが、4/30以降にカードを取りに行っても問題ありません。

ガードを入手してから9月末までに決済事業者決めて、2万円のチャージまたはお買い物をすればマイナポイントはもらえます

申請方法

作ってみようマイナンバーカード

最短な申請方法は、アプリからの申請です。

申請方法の詳細は、公式サイトで確認してください。

参照:マイナンバーカード総合サイト

申請時の顔写真についての注意点

手順はとても簡単なのですが、申請時に提出する顔写真の審査が結構厳しく、承認されないことがあります。

今後、証明証として利用されることになるので、顔写真規格は免許証やパスポートと同列と考えてよいでしょう。

顔写真のチェックポイントは、公式サイトで確認してください。

※背景に影が映りこんでいる、背景が単色ではない、ピンボケしているなどは、審査が厳しいので注意が必要です。

今後受付予定の決済サービス

4/16に株式会社クレディセゾンのセゾンカードがマイナポイント事業に参加すると発表しました。

申込受付開始日や事前登録有無など詳細は発表されていませんが、2社の3決済サービス参画が決定しています

申込が可能になる日程、申込方法などの詳細は、各会社のHPで発表されるとのことです。

JCBクレジットカード(株式会社ジェーシービー)

区分:クレジットカード

登録対象カード:カード番号が「354」からはじまるJCBクレジットカード

付与されるポイント:<仮称>JCBマイナポイント

参照:JCB

JCBデビットカード(株式会社ジェーシービー)

区分:デビットカード

登録対象カード:カード番号が「357」からはじまるJCBデビットカード

付与されるポイント:<仮称>JCBマイナポイント

セゾンカード(株式会社クレディセゾン)【4/16発表】

※マイナポイントの付与はご請求金額への充当を予定

(当該ポイント等相当額を金融口座からの引落金額に充当する方法または、ポイント等相当額を金融口座に入金する方法)

参照:クレディセゾン

2021年3月で申込の受付やポイントの付与を終了した決済サービス

2021年3月末でマイナポイント付与を終了した決済サービスは、PASMO、Bibica、オレボポイントカード、ひまわりカードPlus、JNB Visaデビット、NPOカードの7サービスです。

既に申込みを行われている方が2021年3月31日までに行ったチャージ金額に対するポイントの付与は予定通りに行われます。

また上限5,000円分までポイント付与を受けていない場合、4月以降にほかの決済サービスに再度申込みをすることができ、詳細はマイナポイント事業HPにて公開されます。

いよいよ申込も大詰めとなってきたマイナポイントですが、マイナンバーカード申請方法は簡単なので、まだ申請していないという人はカード申請だけでも済ませておくことをおススメします。(執筆者:太田 玲世)