賞味期限は「おいしく食べられる目安」です。

そのため、少し切れても問題なく食べることができます。

筆者は、賞味期限がひっ迫している商品専門のスーパーでよく買い物をしていますが、値段は通常の半額以下ととても安いです。

食費の節約はもちろん、フードロスにも参加できて一石二鳥です。

賞味期限間近の商品を購入できるネットショップ5選

今回は、家にいながら「賞味期限間近」商品の買い物ができるネットショップをご紹介いたします。

(1) Amazon「ヤスイイね」半額ストア

Amazon「ヤスイイね」半額ストア
≪画像元:Amazon

Amazonでは、賞味期限が近い商品などを集めた「ヤスイイね 半額ストア」というコーナーがあります。

お菓子や飲み物、お米、インスタント食品など種類豊富です。

4月28日時点で、半額商品は70点以上ありました

冷凍のカニやぼたん海老、いくら、うなぎなどの高級食材も50%割引で購入できます。

(2) サンプル百貨店「ちょっプル」

サンプル百貨店「ちょっプル」
≪画像元: All About

サンプル百貨店はいろいろな商品を少額で試せます。

サンプル百貨店のなかにも、さらに割安なお試し費用で購入できる「ちょっプル」があります。

ちょっプルの商品は、どれも賞味期限が近いものばかりですが、破格の商品が多いです。

筆者も以前利用しましたが500mlのミルクティー24本入りを、税込500円(送料込)で購入しました。

1本あたり20円と衝撃の価格です。

初回はお得に購入できる商品が多いので、まだ試したことがない方はぜひチェックしてみてください。

(3) KURADASHI

KURADASHIもチェックしてください
≪画像元:KURADASHI

KURADASHIでは、訳あり商品を最大97%OFFで販売しています。

大手企業だけでなく、農家や畜産業ともつながりがあるため、レトルト食費や調味料のほか、野菜やお肉も割安に購入できます。

全体的に商品の質が高く、各地方のブランド肉や購入食パンなどもありました

おうち時間が増えた今、節約しながらリッチな食事を楽しみたい方にもぴったりです。

(4) もったいない市場

もったいない市場
≪画像元:シーフォー

もったいない市場では、賞味期限がひっ迫した商品、商品入れ替えで古パッケージの商品の販売を行っています。

商品の価格は他ショップと比べても、段違いの安さです。

定価900円の冷凍ソーセージが150円です。

定価1,480円の冷凍たけのこも200円で販売していました(4月28日現在)。

送料は2,500円以上の購入で一律800円となっています。

(5) junijuni

東京ガスがスポンサーのショップ
≪画像元:junijuni

junijuniは、東京ガスがスポンサーのショップです。

お菓子や乾麺、お米、調味料、ジュースなど、品ぞろえが豊富で、日用品やペット用品の取り扱いもあります。

子どもが喜ぶチョコレート菓子やグミ、紙パックのジュースのほか、お高めのレトルト食品、グラノーラなど、どれも美味しそうな商品ばかりでした。

割引率は20~40%程度です。

他ショップと比べて割引額は大きくありませんが、「欲しい」と思う商品に出会える確率は高いです。

ネットショップで楽しもう

賞味期限間近の商品を活用することは、食費の節約だけでなく社会貢献にもなります。

ネットショップなら家にいながら買い物が楽しめるので、コロナがまん延している今、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)