auユーザーの私は、以前からずっと「auでんき」の利用について迷っていました。

au IDを持っていればお得なポイントをもらえると聞いて魅力的だと思ったのです。

しかしその反面、「契約変更の手続の手間や手数料などでトータルでは割高になるのではないか」などと考えて二の足を踏んでいたのです。

そこで、一度きちんと調べた結果を踏まえて、この春に「auでんき」の契約に踏み切りました。

今回は、調べて、そして実際に利用して分かった「auでんき」の特徴とメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

auでんき「4つのメリット」と「デメリット」

「auでんき」とは

「auでんき」は、auが提供している電力供給サービスです。

その特徴は、

・ いま利用している電力会社の電気をそのまま利用できる

・ 料金プランが1つで分かりやすい

・ 利用した料金に応じてPontaポイントを毎月貰える

・ 専用アプリで毎日の電気使用量や料金を確認できる

というところです。

申込にはau IDが必要です。au IDは、auのスマホを使っていない人でも無料で取得できます

「auでんき」のメリット・デメリット

では、「auでんき」のメリットについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

メリット1. 電力会社をそのまま使えて手続き簡単・手数料もなし

立ち合いや記入が不要
≪画像元:KDDI

いかなる契約も一度結んでしまうと変更は面倒なものです。

より良いサービスに乗り換えて節約したいと考えても、プランの比較が難しい、手続きに手間や時間がかかるなどの問題があります。

その点で「auでんき」への変更は、非常に簡単で分かりやすいものでした。

まずは

「いま使っている電力会社の電気をそのまま使える

という点です。

・ いま使っている電力会社に解約を申し込む

・ メーターの取り換え工事に立ち合う

必要はありません(一部のマンション・アパートでオートロックの解除を依頼される場合があるそうです)。

また、変更に伴う費用や手数料も一切かかりません

個人的にはウェブで「auでんき」の申込をしただけで、いつの間にか契約先が切り替わったという印象です。

メリット2. 料金プランが一択で分かりやすい&Pontaポイント還元

Pontaポイント還元

「auでんき」には、一般家庭向けのプランは1つしかありません。

「でんきMプラン」といって1か月の電気使用料金を3段階に分け、1~5%のPontaポイントが還元されるという料金プランです。

還元率は使用料が

5,000円未満の月は1%

5,000円以上8,000円未満の月は3%

8,000円以上の月は5%

です。

「auでんき」に変更するだけで、これまではただ支払うだけだった電気料金が毎月自動的にポイントを生んでくれます。

毎月8,000円以上の電気料金を支払う方であれば、年間で4,800円相当以上のPontaポイントを受け取れるということです。

Pontaポイントはauの電話料金代やau PAYマーケットの支払いだけではなく、提携している店舗やサービスでも利用できるので、うまく使えば節約に大いに役立ちます。

メリット3. スマートパスプレミアム(以下:スマプレ)会員ならステージアップにも使える

au IDをお持ちであればスマプレ会員であるという方も多いと思います。

au PAY マーケットではこのスマプレ会員のステージが上がれば上がるほどお得に買い物できます。

ステージはauのさまざまなサービスを利用することで獲得できるスコアで決まります。

そして「auでんき」に加入しているだけで、毎月20スコアを獲得できるのです。

au PAYでの支払い5,000円につき10スコアなので、1万円分を利用した時と同じスコアを毎月獲得できるということです。

スマプレ会員の上位ステージを目指している方には、嬉しいポイントなのではないでしょうか。

メリット4. 電気使用量を確認できるアプリがある

アプリで毎日チェックできる

「auでんき」の専用アプリで、電気の利用量や料金などを確認できます。

時間別・日別・週別・月別などの電気使用量や金額がグラフで表示されるので、使い過ぎた時間や日にちが一目瞭然です。

また、1か月の電気代を日々の電気使用量から予測してくれるので、電気代が予想より上がりそうな月にはエアコンの温度を調整したり、電気をこまめに消すなど、わが家の節約意識の向上に役立っています。

アプリは8月上旬にリニューアル予定だそうです。計算精度などが向上し、さらに活用しやすいものになりそうです。

デメリット:オール電化プランに加入中の方には不向き

ここまで「auでんき」の特徴とメリットについて紹介してきましたが、最後にデメリットも1つお伝えしておきます。

前述の通り、「auでんき」には料金プランが1つしかなく、オール電化向けの割引プランが設定されていないということです。

「でんきMプラン」でPontaポイントをいくらもらっても、オール電化住宅であることを条件に大幅に割引される他社の電気料金プランよりは割高になってしまう可能性が高いのです。

このように考えると、オール電化プランをご利用の方には「auでんき」はおすすめできません。

新規加入キャンペーンも実施中

現在新規加入キャンペーンも行われていますので、auIDをお持ちで電気料金見直し中の方はチェックして検討してみてください。(執筆者:旅と猫を愛する節約家 吉田 めぐみ)