介護施設を考えたとき、本人はもちろんご家族にも不安は付き物です。

介護施設に不安がある場合、いつの時代でも「ご自身の目で介護施設を見学する!」これが一番です。

しかし、ネット社会の流れに合わせて、重い腰を上げてわざわざ見学に出向く必要もなくなってきました。

今回は、介護施設への不安を解消するための介護施設の探し方と合わせてよい施設を知るポイントをご紹介します。

介護施設の探し方

介護施設見学のハードルが高い場合は、ネットで介護施設見学!

介護施設見学と言っても、まだ何も決まっていないうちから見学というのもハードルが高いという方もいます。

そこでおすすめしたいのが、ネットで介護施設を検索することです。

住んでいる地域と市町村を選択するだけで、ご自宅周辺の施設が分かります。

よい施設を見るポイント

・ 金額の詳細がきちんとかかれているか

・ 利用者の日常風景の写真・料理の写真があるか

・ 医療処置・看取り対応・認知症が重症化しても大丈夫か

実際にかかる費用の詳細が分かりやすく書かれていると、どれだけ必要なのか目安をつけることができます。

利用者の日常の写真を多くアップしている施設は、利用者の様子を多くのご家族に知ってもらいたいという意思があり、良心的な施設と言えます。

また、施設によっては、体の状態が悪いと退所になってしまうケースがあります。

そんな事態を避けるために、医療処置・看取り対応・認知症が悪化しても対応可能であるかを確認が必要です。

長く利用するのか、特別養護老人ホームまでのつなぎの施設にするのかを、考えることができます。

どんな検索サイトがあるの?

介護施設の検索サイトはたくさんあります。

ここではその中でもおすすめの検索サイトをご紹介します。

みんなの介護

いいケアネット

LIFULL介護

施設の詳細・金額の説明が見やすく分かりやすいので、この3つをおすすめとして取り上げてみました。

お祝い金がもらえる検索サイト

また、ネットで施設探しを行うと、入居が決まった場合にお祝い金をもらえるというサイトもあります。

2022年1月時点で、お祝い金をもらえる主なサイトです。

サイト名 お祝い金額
みんなの介護 お祝い金10万円
いいケアネット お祝い金10万円
介護のほんね お祝い金15万円
みんなの老人ホーム お祝い金15万円

お祝い金をもらうことができると、入居一時金にも充てることができます。

自宅にいながら、施設見学ができますのでぜひお試しください。

見学した時に見るポイントはここ

介護施設についてある程度ネットで知ることができれば、実際施設に足を運び見学をすることで、さらに施設の状況が分かりやすくなります。

また、施設の見学をする際には入所する本人と一緒に行くことも大切です。

本人が気に入るかどうか、施設を見たときの反応を見てみるとよいでしょう。

ご家族が見るべきポイントもあります。

1. 職員と利用者の関わり方

職員が利用者の目線と「同じ目線で話しているか」をみると分かりやすいです。

同じ目線で話をするのは、意識をしていないとできない行動なので、それだけ、職員の意識も高いという事が分かります。

2. 施設では、何に力を入れているのか?

職員に直接聞いても問題ありません。

施設の展示物や飾り物を見ることでもレクリエーションに力を入れているかどうか知ることができます。

また、運動器具がある場合には、介護予防に力を入れているということがわかります。

そのほか、寝たきりの方はどう参加しているのかを聞いてみると、寝たきりになった時でも、丁寧に関わってくれるかが分かります。

3. 施設の施錠方法

介護施設の玄関、ベランダには、鍵がついています。

その施設の鍵が利用者の手の届かない所に設置している所は、利用者の脱走事故は少ないといえます。

また、その施設の危機管理力も高いと言えます。

見学のポイントは、本人が心地いいと思ったかどうか、ご家族は職員の対応・施設が何を重視しているのか安全性を見て、満足がいけば安心して預けることができます。

気になることはどんどん質問しよう

介護施設探しは、今の時代はネット環境があれば家にいながら探すことができます。

ある程度の目星をつけることができたら、実際に施設に足を運ぶと、より詳しく施設の現状を知ることができます

また、金銭面で不安がある方は、特別養護老人ホームを利用するとクリアできることもあります。

在宅介護から施設介護へスムーズに移行するためには、施設に遠慮はせずに気になることは質問することです。

もちろん、快く応えてくれる施設は安心して暮らせる施設ともいえるでしょう。(執筆者:現役老人ホーム施設長 佐々木 政子)