外出自粛モードが徐々に緩和されてきました。

そこで年末年始に向けて、国内旅行を検討されているという方も増えたのではないでしょうか。

しかし昨今の物価高騰や新型コロナウイルス感染拡大の影響で、気軽に旅行というもの難しいときにオススメなのが公営国民宿舎です。

最近の公営国民宿舎は価格帯は安いのですが、サービスとしては通常の旅館やホテルと変わらない施設が多いです。

ここでは、最近人気を集めている公営国民宿舎の中から、源泉かけ流しで朝夕2食付きの5施設をご紹介します。

お手頃な温泉付き国民宿舎5選

国民宿舎とは

  1. 地方公共団体が設置、運営(一部は外部委託)する公営のものと、
  2. 一般社団法人国民宿舎協会が国民宿舎として適当な一般旅館や宿坊、山小屋等を指定する民営のもの

の2種があります。

予約は各施設に電話かWEBで行います。

1. 長野県長野市営「黄金の湯 松代荘」

黄金の湯 松代荘

≪画像元:松代荘

・ 住所:〒381-1221 長野県長野市松代町東条3541

・ 公式サイト:黄金の湯 松代荘 信州松代温泉

・ 温泉特徴:100%かけ流しの豊富な湯量の温泉は、鉄分を多く含むため酸素と反応して美しい黄金色に変化しています。

全国有数の成分量の濃い温泉です。

2. 長野県佐久市営「もちづき荘」

・ 住所:〒384-2205 長野県佐久市春日5921

・ 公式サイト:国民宿舎 もちづき荘

・ 温泉特徴:飲泉もでき玉肌の湯として開湯300余年愛されてきた信州屈指の名湯です。柔らかな水質で肌がツルツルになります。

源泉玉肌の湯

≪画像元: 佐久市振興公社

3. 鳥取県鹿野温泉国民宿舎「山紫苑」

鹿野温泉

≪画像元:山紫苑

・ 住所:〒689-0425 鳥取県鳥取市鹿野町今市972-1

・ 公式サイト:【公式】鹿野温泉 国民宿舎 山紫苑

・ 温泉特徴:鷲峰山を眺める展望風呂は鹿野温泉です。天然温泉は、24時間入浴可能で「おんな水」といわれるほど肌に非常にやさしく、入浴後、肌にツヤツヤ感になります。

4. 湯梨浜町営「水明荘」

東郷温泉「湖畔の宿 水明荘」

≪画像元:水明荘

・ 住所:〒689-0713 鳥取県東伯郡湯梨浜町大字旭132番地

・ 公式サイト:東郷温泉「湖畔の宿 水明荘」

・ 温泉特徴:国民宿舎第1号の宿で、東郷湖の地底から湧き出た東郷温泉です。大浴場の他、露天風呂、貸切家族風呂などを完備しています。

5. 山形県営「竜山荘」

・ 住所:〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉938-4

・ 公式サイト:国民宿舎 竜山荘

・ 温泉特徴:西暦110年開湯の歴史ある強酸性硫黄泉の蔵王温泉です。強酸性の硫黄泉で特に皮膚に対しての効能があるため、近年では、肌を白く滑らかにする「姫の湯」と言われています。

予約・宿泊時の注意点

人気の宿泊施設や宿泊プランは予約が取りにくいこともあるため、予約開始時期を事前に確認したり、早めの予約しておくとよいでしょう。

施設ごとに期間限定の企画やプランなどが開催されているため、公式サイトなどをあらかじめ確認しておきましょう。

交通アクセスの悪い場所や、季節によっては雪など厳しい気候の場所もあります。交通手段は事前に確認しておきましょう。

以前よりも縮小傾向のある公営国民宿舎

かつて1969年ごろには、全国で258か所の施設が存在していました。

しかし、公営国民宿舎については利用者の減少や施設の老朽化や陳腐化、平成12年度末に融資制度は廃止等の影響で、営業終了をした施設もあります

しかし、現行施設は温泉施設や食事もよく、館内施設も充実しているところが多いです。

通常の民間宿泊施設と変わらないのに、なによりも価格帯がかなり低いということで注目を集めています。

建物はやや古いものもありますが、清潔で食事や温泉などこだわりとおもてなしを感じることができます。

新型コロナウイルス感染拡大により大きなダメージを受けた観光業ですが、宿泊施設が活性化することで地元の観光業の活性化にもつながります。

公営国民宿舎は、ゆったりとした時間を過ごすタイプの施設なのでご年配の方を交えたご家族にも最適です。

昨今は物価高騰などで生活面の変化も多いですが、感染症対策を心掛けながら、お得な観光の楽しみ方を検討されてみてはいかがでしょうか。(執筆者:太田 玲世)