マイナポイントがもらえるマイナンバーカードの申請期間が、2022年12月末まで延長されています。

紙の健康保険証が原則廃止されるのも相まって、マイナンバーカードを申請する人も多いのではないでしょうか。

マイナンバーカードを持っていると参加できるマイナポイント、今はSuicaがお得ですので、お得な内容を紹介します。

マイナポイントでお得にビューン

マイナポイントをJRE POINTで受け取ると最大2万ポイント

マイナポイントはSuica≪画像元:JR東日本

マイナンバーカードを新規取得し、JREポイントに登録したSuicaでマイナポイントに申し込み、2万円チャージしてください。

月間チャージ金額の25%分のJRE POINT(上限5,000ポイント)が還元されます。

また、健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録で、それぞれ7,500ポイント還元され、合計最大2万ポイントです。

さらにポイントをもらえるチャンスも

さらなるポイントのチャンス≪画像元:JR東日本

ここまでは他のポイントと変わりませんが、Suicaはここからが違います。

Suicaでマイナポイント第2弾に申し込み2万円以上チャージすると、通常もらえる5,000ポイントに加えて、1,000ポイントがもれなくもらえます

抽選で1000名に1万ポイントあたるチャンス≪画像元:JR東日本

また、

  • 健康保険証としての利用申込
  • 公金受取口座の登録

少なくとも1つの条件を達成した人の中から、毎月抽選で1,000名に1万ポイントが当たります。

さらに、以下の条件を満たすごとに当選倍率が1倍ずつアップし、最大5倍です。

・ 健康保険証としての利用申込、公金受取口座の登録の両方を達成→+1倍

・「えきねっと」との連携→+1倍

・「JRE MALL」との連携→+1倍

・「LINEマイカード」との連携→+1倍

JRE POINTなら、もらったポイントをお得に使える

多くのポイントは、マイナポイントとしてもらったポイントは「1ポイント=1円」の価値です。

しかし、JRE POINTなら1ポイント=1円以上の価値で使えます。

新幹線・普通列車グリーン車でお得な使い道

どこかにビューン≪画像元:JR東日本

どこかにビューーン!」とは、新幹線のJRE POINT特典チケット(往復)を少ないポイント数で利用できるサービスです。

例えば東京~秋田(往復)なら

通常2万4,220ポイントのところ、6,000ポイントと4分の1未満のポイント数

で利用できます。

4つの行き先候補から3日以内に行き先が決まり、お知らせされます

マイナポイントでどこかにビューン≪画像元:JR東日本

2023年2月28日までの期間中、マイナポイントで「どこかにビューーン!」というキャンペーンを実施しています。

マイナポイントで「どこかにビューーン!」なら、さらに2,000ポイント少ない4,000ポイントでこのサービスを利用可能です。

エントリーの上で、以下の3条件のうち1つ以上を満たしてください。

  • JRE POINTに登録したSuicaへのチャージ
  • 健康保険証としての利用申込
  • 公金受取口座の登録

条件達成の翌月末までに、「どこかにビューーン!」の予約が1人1回「JRE POINT4,000ポイント」で可能となるクーポンコードが、メールにて送られます。

複数条件を達成しても、クーポンは1人1回しかもらえません。

2023年7月出発分までの予約の際に、送られたクーポンコードを入力すれば、4,000ポイントで予約が可能です。

普通グリーン車もお得になる≪画像元:JR東日本

東海道線、横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線のグリーン車設定がある普通列車では、ポイントをSuicaグリーン券に交換できます。

距離と乗車日、購入タイミングによって料金が異なり、580円(50キロまでのホリデーに事前購入)~1,260円(50キロまでの平日に車内購入)追加でかかります。

JREポイントをSuicaグリーン券で購入すれば、距離や乗車日に関係なく一律600ポイントで交換可能です。

こちらは、Suicaでマイナポイントに申し込まなくても構いません

お店・レンタカーでお得な使い道

列車を使う予定がない人は、身近なポイント利用でお得になってください。

JREポイントをお買い物券に交換≪画像元:JR東日本

秋田駅ビルのトピコ・アルスでは、11月26日よりプレミアム付き買物券をポイント交換しています(なくなり次第終了)。

5,000ポイントで5,500円分の買物券に交換できて、500円分お得です。

2023年3月31日までに使ってください。

レンタカーの利用チケットもお得に交換できる≪画像元:JR東日本

また、2023年1月31日まで、JR東日本の駅レンタカーチケット5,000円分を4,500ポイントで交換できます。

スマートフォン専用の電子チケットサービスで、おつりは出ません

レンタカー1台につき1枚のみ利用可能で、購入から180日間が有効期限です。

マイナポイントはみんなが使えるSuica(JRE POINT)で申し込もう

Suicaの購入には年齢制限がありませんので、お子さんからお年寄まで購入できます。

クレジットカードもいりません。

カードタイプだけでなく、スマホで使えるSuicaもあります。

鉄道やバスはもちろん、コンビニや自動販売機でもSuicaを利用可能です。

マイナポイントは、便利でお得なSuica(JRE POINT)で申し込みましょう。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)