「ふるさと納税」の検索結果一覧»マネーの達人

「ふるさと納税」の検索結果一覧

【ふるさと納税】1万円以下の寄付でもらえる子育て用品(防水シーツや綿毛布など)5つ

返礼品赤ちゃん用品

おむつやおしりふき、おもちゃなど、小さな子どもの育児には、なにかとお金がかかりますよね。 児童手当も支給されていますが、できれば手を付けたくない…というのが本音。 中には、学資保険の支払いにあてている人も少なくないかと思・・・

「ふるさと納税+配当・株譲渡」の還付申告を4月頃までに済ませないと損するしくみは?

確定申告期間が終了しても、還付申告は5年間可能とは言われています。 株式の配当・譲渡所得(源泉徴収有特定口座)とふるさと納税を組み合わせた申告も、還付申告となるケースが多いです。 ただこの申告は住民税の控除拡大を目的とし・・・

【ふるさと納税】便利な「ワンストップ特例制度」と我が家の冷蔵庫を占拠したメガ盛り肉軍団

便利な「ワンストップ特例制度」

なにかと話題のふるさと納税。 好きな自治体に寄付ができ、寄付額に応じて返礼品がもらえるうえに税金が控除されるといううれしい制度です。 総務省の勧告によりだんだんと返礼品に対するお得感が目減りしている現状ではありますが、ふ・・・

「ふるさと納税」の返礼品で、毎日のお弁当作りの手間と費用を節約! 「温めるだけ」「冷めてもおいしい」返礼品7選をご紹介します。

お弁当に返礼品を上手に活用

春からの新生活が始まります。 子どもの進学などで「毎日のお弁当作り」が始まる方も多いのではないでしょうか。 ある調査によると、お弁当にかかる費用は1食あたり231.5円だそうです。 参考資料:2018年 ニチレイフーズ「・・・

ふるさと納税で生活に欠かせない日用品(トイレットペーパーや洗剤など)をゲット お得な返礼品5選

おすすめの日用品返礼品

毎日の生活に欠かせない日用品 ふるさと納税を活用した節約法は、肉などの食料品のイメージが強いですが、実は日用品の返礼品もねらい目です。 ここでは、ふるさと納税サイト「さとふる」で入手できる、おすすめの日用品返礼品を5つご・・・

副業・ふるさと納税など…「確定申告」で選択して除外できる内容・できない内容

確定申告の手続きでは、1年間の所得状況や保険料・医療費・ふるさと納税その他の支払い状況、住宅ローン残高などをトータルに申告します。 年末調整を受けたサラリーマンにおいて、副業の所得が20万円以下であれば確定申告が不要とい・・・

【ふるさと納税】高還元率の返礼品を選ぶコツは「タイトルと画像」だけ ふるさと納税マニアが考える高還元率の基準

還元率の高いお得な食べ物系の返礼品を見定める

2018年12月の駆け込み納税を終え、ふるさと納税の申し込みもほっと一息ついている方も多いのではないでしょうか。 駆け込みの時期は急いでいることもあり、お得をあまり重視せずに、なんとなく目に留まった返礼品やランキング上位・・・

スマホで「医療費控除」と「ふるさと納税」の確定申告にトライ 事例で解説します

スマホで 「医療費控除」 「ふるさと納税」の 確定申告にトライ

医療費控除やふるさと納税は、副業を行っていないサラリーマンでも確定申告を行うことが多い内容です。 医療費控除とふるさと納税に対しては、平成30年分からスマートフォン版の確定申告書等作成コーナーでできるようになりました。(・・・

【ふるさと納税】1月は寄付限度額もリセットされて競争率も低い 「質、量、還元率」別でお得な肉の返礼品をご紹介

ふるさと納税肉返礼品

新年を迎え、「年末年始出費した分、節約を頑張ろう!」と意気込んでいる方も少なくないかと思います。 そんな今こそ、ふるさと納税でお得においしいお肉をゲットし、食費を節約しましょう。 2019年になり、寄付限度額もリセットさ・・・

【ふるさと納税を使いきれ!】残りの限度額が1万円以下なら 2,000~5,000円の肉返礼品5つが狙い目

低額寄付で貰えるおすすめ肉返礼品

12月に入り、ふるさと納税もいよいよ最終駆け込みの時期となりましたね。 寄付限度額にまだ余裕のある方はもちろん、あと少ししかないという方も、限度額を余さず申し込んで、2018年のふるさと納税をお得に締めくくりましょう。 ・・・

このページの先頭へ