「エンディングノート」の検索結果一覧»マネーの達人

「エンディングノート」の検索結果一覧

「相続対策」のスタートには「エンディングノート」を活用しよう 親にも相続について考えてもらうきっかけになります。

相続対策にエンディングノート

日本は少子高齢化、核家族化が進んでいます。 ご実家を離れて移り住み、その後、ご実家には盆と正月くらいしか帰らない、という方も少なくないでしょう。 親と離れて暮らす人は増えています。 なかなか親子でゆっくり話をする機会は少・・・

「エンディングノート」って若者には関係ない? 年齢関係なく伝えておきたいことを「メモ」に託しておこう

エンディングノートは若い世代に関係ない?

「エンディングノート」と聞くと、皆さんはどのような印象がありますか? やはり「終活」や「シニア世代」など、若い世代は関係ないと連想するのではないでしょうか。 市販でさまざまな様式のエンディングノートが販売されていますが若・・・

エンディングノートの大切な機能の一つは「資産の記録」 自分たちで今後のライフプランを考えることができるようになります

エンディングノートを書く目的 これまでの私をまとめることがエンディングノートを書く目的ではありません。 エンディングノートを描く目的は、 自分の人生の終わりを考えて、それまでの期間、どのように時間とお金と情熱を使うかを決・・・

【介護生活への備え】エンディングノートには何をどんな風に書いてもらえばいいの?

皆さんはエンディングノートと呼ばれる物を御存知でしょうか。 昨日までは元気に出かけていた親がある日突然介護状態になってしまった場合意志の疎通が出来れば幸いですが、認知症や脳に重度の障害が出てしまった場合等は、中々本人の考・・・

【エンディングノート】市販や既存と、自分オリジナル どっちを使うのがいいの?

そもそもエンディングノートって必要? 私は、『必要不可欠なものではないが、あるとよいモノ』であると思います。 エンディングノートに法的な拘束力はありません。したがって、遺言の代わりになるわけでもありません。だから、必要不・・・

未来へ向けてのメッセージ、ノンフィクション「エンディングノート・自分史」    

「エンディングノート」「自分史」というと人生の終わり、終活、遺言、過去といった後ろ向きのイメージが強い。 しかしながら、過去から現在まで人生の喜怒哀楽を思い出し、頭の中を整理するプロセスを経由することで、未来に向かっての・・・

「エンディングノート」に堅苦しい形式は必要ない

突然ですが「終活」ってお聞きになられたことありますか。最近はよくメディアにも登場し、当たり前のように使われるようになりました。 そこで「みなさんの「終活」を始める年齢」のイメージは、何歳ですか? 多くの方は70歳代、早く・・・

エンディングノートに必ず記入しておきたいこと

エンディングノートに必ず記入しておきたいこと エンディングノートには資産を記入する場所があります。預貯金や保険、あるいは、有価証券、不動産やゴルフ場会員権などたくさん記入する欄が設けられていると思います。 記入する必要が・・・

知っておきたいエンディングノート活用法 遺言との違いも解説

空き家問題、無縁仏、相続問題…    超高齢化社会を迎える日本で、今までになかった様々な問題が浮き彫りになっています。  近年、終活という言葉が頻繁に使われるようになり、人生の終わりを自分で準備するということに対する意識・・・

エンディングノートが争族対策として有効な3つの理由

 相続セミナーでは、よくこう説明されます。 「エンディングノートはあなたの思いを伝えられます。でも、遺言と違って法的な効力はありません。」  たしかにそのとおりです。しかし、『争族防止』という観点で考えたとき、意外に有効・・・

このページの先頭へ