「不動産投資」の検索結果一覧»マネーの達人

「不動産投資」の検索結果一覧

【不動産投資】融資可能額はどのように決められているのか? 銀行による担保価値の評価法をご紹介

融資 不動産投資

不動産投資との結びつきが強い銀行融資。 資金を金融機関からの融資で調達して不動産投資を行っている人も多いことでしょう。 融資可能額は抵当に入れる担保の価値によって決められるのですが、その方法はご存じでしょうか? 今回は金・・・

【不動産投資商品】「かぼちゃの馬車」全容と投資スキームの失敗 販売側と融資側、そして投資する側にも問題があった

投資 シェアハウス 

「かぼちゃの馬車」…一見してなかなかイメージできないネーミングです。 これは都内で展開する女性専用シェアハウスのブランド名です。 頭金なしのフルローンで買える不動産投資商品としてパッケージ化したもので、株式会社スマートデ・・・

【不動産投資】確定申告で節税につながる「法人化」の仕組みと、3種類ある資産管理会社の特徴を解説します

皆さんは、確定申告の準備はお済みでしょうか? 毎年この時期が来ると、気が重くなる人も多いはず。 不動産投資家に限らず個人事業主にとっては、毎年恒例のイベントですね。 とはいえ、すでに申告書の作成まで終わってしまった人や、・・・

不動産投資における消費税還付とは? その仕組みを紹介します

皆さんは新年の誓いを立てましたか? 年が明けて数日後、私は2つの目標を立ててみました。 ひとつはファイナンシャルプランナー3級に合格すること。5月の試験で3級に合格したら、10月の試験で2級まで目指してみようと思っていま・・・

不動産投資の課題「退去」を減らす大家の工夫とは

年があけ、不動産賃貸市場は繁忙期に突入しようとしています。 私が所有する41室は、昨年の大みそかまでは満室でしたが、年があけると同時に1室が退去。1月の末で、もう1室が退去する運びとなりました。 繁忙期とは、言い換えれば・・・

宅建業法の改正でより身近になるホームインスペクション、不動産投資における活用法とは

2016年5月、宅地建物取引業法の改正案が国会で成立したことで、2018年4月から、中古住宅の取引を行う際の説明が義務化されることになったホームインスペクション(住宅診断)。 改正法の施行は2018年4月。いよいよ3か月・・・

【不動産投資】築年数が古いから「利回り20%」でも融資を受けられない? 融資が受けられる築古物件とは

利回りの良い物件が減ってきている… 多くの投資家は、そう感じていることでしょう。 築浅物件の利回りは、せいぜい10%程度。新築の利回りとなると、10%には遠く及びません。 利回りが良い物件が見つかったとしても、その多くは・・・

「IT重説」が不動産投資に与える影響 ビデオ通話で賃貸借契約を結ぶ利便性と注意点。

10月1日から本格的に運用されるようになったIT重説。ご存じの人は、まだ少ないことと思います。 このIT重説が不動産投資にどのような影響を及ぼすのか、これから考えてみようと思います。 重説とは まずは、重要事項説明(重説・・・

海外不動産投資に挑戦 リスク分散や節税効果になる利点と、情報収集や管理が不便な難点。

今回は、これまでまだ取り上げたことがない海外不動産投資について、ご紹介しようと思います。 不動産投資のなかでも、海外不動産への投資はハードルが高いもの。 そんな海外不動産にあえてチャレンジすると、どのようなメリット・デメ・・・

【不動産投資】1K16室のアパート、2DK8室のアパート、投資するならどっち? 筆者が後者を選ぶ理由

皆さんは、間取りを気にして物件購入の検討をしますか? 「利回りと立地重視! 間取りなんか気にしません。」 そのような投資家さんも多いかと思います。 今回は、間取りが不動産投資においてどのような影響を与えるのか、考えてみる・・・

このページの先頭へ