「債権」の検索結果一覧»マネーの達人

「債権」の検索結果一覧

少額債権の回収方法

Q.   当社はA社に対し50万円の売掛債権がありますが、A社は資金繰りに困っているらしく期限までに払いません。どのように回収すればよいでしょうか。 A.   もしA社が倒産すると回収困難となります。そうならないうちに、・・・

株・債権を一体課税するそうです。

連休をいかがお過ごしですか 私はしっかり充電しました さて、今回は株と債券の税金についてです。 現在、個人が株を売って儲かった分に10%の課税。 債権を売った場合には税金がかからないようになっています。 これを今後、債券・・・

【不動産投資】融資可能額はどのように決められているのか? 銀行による担保価値の評価法をご紹介

融資 不動産投資

不動産投資との結びつきが強い銀行融資。 資金を金融機関からの融資で調達して不動産投資を行っている人も多いことでしょう。 融資可能額は抵当に入れる担保の価値によって決められるのですが、その方法はご存じでしょうか? 今回は金・・・

戦後2番目に長い景気拡大期 心地の良い「ぬるま湯経済」に警鐘を鳴らし続ける2つの理由

戦後2番目に長い景気拡大期に「緊張感」 昨年2017年は、世界的に好景気にもかかわらず物価が上がらない 「適温経済」 「ゴルディロックス経済」 「ぬるま湯経済」 などと言われました。 日本経済もこの世界的な「適温経済」、・・・

2020年以降に大不況が来る可能性が高まっている 「借金減らして、現金増やせ!」

黒田日銀総裁の再任が決まったことで、デフレがまだまだ続きそうな状況になってきました。 今回の黒田総裁再任については、2年前の1月に発刊した「10年後破綻する人、幸福な人」(新潮新書)で、 「自民党総裁の任期は2期6年だが・・・

コインチェック問題から考える、これから仮想通貨(暗号通貨)はどうなるのか ~ 仮想通貨の復習から未来予想まで~

コインチェックに預けていた仮想通貨「NEM(ネム)」が消えた… これはまさに銀行強盗にあったということです。 銀行強盗と言ってもジュラルミンケースが消える話ではなく、画面上から一瞬にして数字が消えたわけです。 その額なん・・・

不動産市場の活況は2018年も続くのか?

昨年3月に発表された公示地価によると、9年ぶりに全国の住宅地の地価が上昇に転じたことが話題となりました。 また、7月には路線価が発表され、東京・銀座5丁目の鳩居堂前の路線価は1坪当たり1億3,300万円。 バブル期直後に・・・

奨学金地獄の知人をみて願う 大卒=正社員の時代に幕。自分のタイミングで大学に行ける社会にしてほしい。

奨学金問題 今や、日本の大学生の半数が「日本学生支援機構」の奨学金を利用しています。 ところが、返済不能に陥って信用情報に遅延情報が掲載される、いわゆる「ブラックリスト」入りしてしまったり、返済のために生活がままならなく・・・

インデックス投信積立は、より低コストになって「投資をしたいけれど忙しい人」に断然おススメ

数年ほど前に資産運用に目覚めた筆者は、株、投資信託、CFD、FX、ETF、ロボアドバイザー、仮想通貨と、気になる投資商品は片っ端から手を出してきました。 利益が出たものも、損をしたものもありますが、いろいろな投資商品を実・・・

松居一代さん、ますおか岡田さんの離婚を教訓にして、離婚後の「財産分与」について弁護士から学ぼう。

離婚後の財産分与 最近、芸能界では某ビックカップルの結婚などというおめでたいニュースが続いている一方で、離婚の話もちらほら出ています。 こういった話題でよく出てくるのが、 ・ 子供の親権 ・ 養育費 ・ 慰謝料 ・ 財産・・・

このページの先頭へ