「債権」の検索結果一覧»マネーの達人

「債権」の検索結果一覧

少額債権の回収方法

Q.   当社はA社に対し50万円の売掛債権がありますが、A社は資金繰りに困っているらしく期限までに払いません。どのように回収すればよいでしょうか。 A.   もしA社が倒産すると回収困難となります。そうならないうちに、・・・

株・債権を一体課税するそうです。

連休をいかがお過ごしですか 私はしっかり充電しました さて、今回は株と債券の税金についてです。 現在、個人が株を売って儲かった分に10%の課税。 債権を売った場合には税金がかからないようになっています。 これを今後、債券・・・

銀行に返せなくなった借金は、どうなるの?(2) 「最後に何が起きるのか」を説明します。

前回の記事は、返済不能となった融資について、債権譲渡という手続きを検討するところまでを説明しました。 今回は、その後に何が起きるのかを説明します。 ※関連記事 銀行に返せなくなった借金は、どうなるの? 返済不能となった時・・・

銀行に返せなくなった借金は、どうなるの? 返済不能となった時に銀行が考えるパターン4つ

銀行に返せなくなった借金はどうなる?

銀行からの借入が返せない時 銀行としては、当然に返ってくる見込みのもとに融資を行います。 しかしいつの時代においても、一定の割合で返済不能となるケースは発生します。 こんな時に、銀行としてはどう動くのかを考えます。 銀行・・・

住宅ローンで購入した自宅の「第三者賃貸」がバレる理由 金融機関から刑事告訴され、警察に詐欺罪で立件された事例も

悪質な場合は金融機関から刑事告訴も

住宅ローンでは原則として、金融機関から融資を受けている間は、自宅に住み続ける必要があります。 (これを「自ら居住義務」と言います。) この理由は当然ながら、金融機関としても「住宅購入」という公共性に鑑み、住宅ローンの金利・・・

加速する地銀の経営統合 「住宅ローン返済」への影響と注意点。過去に延滞ある場合は要注意。

住宅ローンを地銀で組んでいますか

全国の地銀で、経営統合が加速 経営統合した地銀に住宅ローンを返済していた場合は、どうなるのでしょうか。 今回は、 ・ 地銀統合の背景 ・ 地銀に住宅ローンを返済していた人が注意すべき点 について解説します。 なぜ、地銀の・・・

夫婦で同じ銀行にお金を預けるのは「絶対NG」である理由

夫婦で同じ銀行口座を持ってはダメ

ご夫婦で同じ銀行に預けてませんか? ご主人が給与の受け取り等で銀行に口座を保有しているケースで、奥さまも同じ銀行に口座を持たれているケースがあります。 奥さまとしては、へそくりだったり、生活資金だったり、または子供の学費・・・

「今、不動産って買い時なの?」 首都圏を中心として不動産価格の上昇が続く現在、「自宅」も買っておいた方がいいのか

今、不動産って買い時なの?

賃料、それともローン? 最近では、首都圏を中心として不動産価格の上昇が続いていると報じられています。 こうした中で、今は賃貸マンションに住んではいるけれど、賃料を払うのも、ローンを払うのも金額に大差はないので、資産形成の・・・

「不動産投資が生命保険の代わりになる」は本当か? 

もしもの時の団体信用生命保険

不動産投資が生命保険に代替する存在になると言われ、注目が集まっています。 なぜ不動産投資が生命保険の代わりになるのでしょうか? その理由とスキームについて確認してみましょう。 多くの人が加入している生命保険とは? 私たち・・・

【不動産投資】融資可能額はどのように決められているのか? 銀行による担保価値の評価法をご紹介

融資 不動産投資

不動産投資との結びつきが強い銀行融資。 資金を金融機関からの融資で調達して不動産投資を行っている人も多いことでしょう。 融資可能額は抵当に入れる担保の価値によって決められるのですが、その方法はご存じでしょうか? 今回は金・・・

このページの先頭へ