「相場」の検索結果一覧»マネーの達人

「相場」の検索結果一覧

【今週の日経平均を考える】12月相場が年末年始の動きを占い、2019年の雰囲気を決める

先週は、前週の底値模索のような、日柄調整のような値動きから、反転反発となり、一気に下げ基調に終焉を告げる動きとなりました。 この反発により上昇に入っていくかは、今週の反発で断定は出来ないものの可能性は出ています。 この反・・・

子どもの「スポーツ少年団」っていくらかかるの? 親の出番は多い? 経験者の筆者が「費用の相場」や「親の負担」についてお話しします。

スポーツ少年団

スポーツの好きな子どもがいると、 「スポーツ少年団に入れて思いっきりやらせてあげたい!」 って思いますよね。 でも、毎月の費用や親の出番のことを考えると「ちょっと待って!」となってしまう方も多いのではないでしょうか。 そ・・・

「新トランプ相場」もまだ前途多難 政局の「ねじれ」で株価上昇なるか?

新トランプ相場

アメリカの中間選挙が終わりました。 ある程度予想されていた通り、上院では共和党の勝ち。下院では民主党が巻き返して過半数を奪い返しました。 ということで、アメリカの政局は「ねじれ状態」になっています。 この結果を受けて株式・・・

これからの日本株相場を「原油価格」から検証 「1バレル70ドル」が一つの目安に

原油価格(ここではWTI)から見たこれからの日本株相場

10月に入って日経平均は年初来高値を付けたかと思えば、2,000円も下落する乱高下を繰り返す不安定な値動きを続けています。 米国中間選挙も終わり、年末から年始に向けて再上昇を期待していますが、その要因となるポイントが企業・・・

日経平均2万4,000円超えも 米長期金利の上昇で、大波乱相場へ

最近のアメリカ長期金利の上昇

日経平均が長年の課題である2万3,000円の壁を越えたあと、一気に急上昇して2万4,000円をクリアーしました。 しかも1月につけた高値も超えて2万4,000円台半ばへ。 このまま青天井で上昇するかと見えましたが、1,0・・・

元銀行員がおすすめする資産形成は「つみたてNISA」 相場が多少下がっても損になる金額は少なくなります

元銀行員のおすすめ資産運用

世の中には、数多くの投資商品があります。 投資と聞くと大きな資金がないとできないと思われている方も多いかもしれません。 また投資ってなんとなく怖い…。という方も多いと思います。 実際に銀行で投資商品の勧誘をしていましたが・・・

ついに日経平均2万3千円超えか  新たな上昇相場がスタート

本記事は連休前の9/16時点での内容です。 日経平均が新たな上昇局面を迎えているようです。9月SQが終わりましたが、2万3,057.94円の清算値をつけました。 SQ値が23000円を超えたのは1月以来のことです。 どう・・・

「信用取引」は下げ相場でも利益を得るチャンスがある 活用方法やメリット、注意点を紹介

信用取引と現物取引とは

信用取引とは何か 株式投資を行う場合、現物取引と信用取引があります。 現物取引は一般的な取引方法で、自分の資金で株を購入して投資を行う方法です。 それに対して信用取引は、投資する資金や株を証券会社から借りて行う方法です。・・・

中間選挙前後の「トランプ相場」の行方 長期チャートで見るNY株式市場「急落」は絶好の買い場

選挙前には一度大きな調整をする

10月の米中間選挙 トランプ大統領の共和党が勝利するかどうかは不確定なところがあり、それが相場の波乱要因になると予想しましたが、どうしてアメリカの株式市場は青天井相場が続いています。 はたしてこのままアメリカ主導の「世界・・・

「11月の米大統領中間選挙」で株価に波乱は起きるのか? 7月相場で大きな調整が来る可能性も

11月の中間選挙で株価はどうなる?

2018年に入ってからも堅調な株式市場ですが、今年はアメリカでは中間選挙が行われます。 11月6日の米国議会選では、435の下院全議席と上院33議席(総議席は100)が改選され、トランプ政権の政策の是非が国民に審判される・・・

このページの先頭へ