「確定申告」の検索結果一覧»マネーの達人

「確定申告」の検索結果一覧

相続した株の売却 確定申告しなくて良い場合もある

確定申告すると節税になる場合もある

株を相続しても、持ち続ける意味がないと考えるのであれば、空き家になってしまう不動産のように売却してしまおうとなるはずです。 金融・証券税制は税制の専門家でも理解しづらいところはあります。 まして普段株式投資をやったことの・・・

【被災と不動産投資】貸アパートが被災した際は雑損控除で確定申告して良いの?

事業的規模で申告の仕方が変わる

平成30年7月豪雨の後、財産を失った場合に、確定申告で雑損控除や災害減免法に基づく所得税減免が使えることは、私以外の寄稿者を含めて紹介しているところです。 【関連記事】 【確定申告】被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」・・・

【イデコ(iDeCo)】忘れると損をする「移換手続き」と「確定申告」 活用するときの注意点2つ

イデコで忘れると損をする注意点2つ

2017年1月より、基本的に60歳未満のすべての人が加入できるようになったiDeCo(以下イデコ)。 大きなメリットである節税効果を受けられることから、従来の会社員や自営業に加え、公務員や専業主婦(夫)からの加入も増え、・・・

【確定申告】被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」 意外と知らない3年間繰り越せるしくみ

被災者が活用できる「雑損失の繰越控除」

平成30年7月の西日本豪雨により広範囲で甚大な被害が出ており、インフラの復旧に1か月以上かかるケースも出ております。 遅ればせながら、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。 さて住宅などの資産を失った被災者の方が・・・

【仮想通貨の確定申告】2019年度の申告簡略化を検討中 地道に記録をつけていくのがカギ

仮想通貨の確定申告の簡略化

国税庁が先日、年内にも仮想通貨の確定申告をより行いやすくするための環境整備を進める方針であることを明らかにしました。 仮想通貨投資家の中には、今年2~3月の確定申告で大変な思いをした方が少なくありません。 次の確定申告は・・・

相続した資産を売却して確定申告する方へ 「相続税の取得費加算の特例」を理解しよう

知っておきたい 「相続税の 取得費加算の特例」

相続した不動産や株式などの財産を売却した場合、 過去記事「相続の税対策は相続税だけでなく所得税も!国保や扶養への影響も」 で筆者の身近にあった体験談を説明しましたが、相続税より所得税のほうが高くなり、おまけに住民税や国保・・・

次の「仮想通貨の確定申告」は前回より厳しい 次回(平成31年3月)に向けて準備しておくべきこと

来年の準備 記録をしっかりとつける

やりましたか?「仮想通貨」の確定申告 今年3月の確定申告でもっとも注目を集めたのが「仮想通貨の確定申告」。 先日25日、国税庁が仮想通貨関連の確定申告の結果を発表しました。 それによると、仮想通貨による収入が1億円を超え・・・

住民税を大きく減らす「ふるさと納税」 確定申告で実感わかなければ住民税額通知書で理解を

ふるさと納税はどのような減税になっているのか

所得税・住民税減税としてポピュラーになったふるさと納税ですが、確定申告やワンストップ特例申請の手続き段階では、いまいち実感がわかないのも実情です。 住民税の減税額が大きく、住民税は自治体が計算するところに原因があります。・・・

シルバー人材センターの「配分金」は所得計算の仕方が独特 確定申告の仕方を理解しよう

シルバー人材センター配当金は確定申告注意です

高齢者も働く生涯現役社会となり、働く一つの手段としてシルバー人材センターの会員となり業務を引き受ける方法があります。 会員は発注者の事業所に派遣されますが、収入はシルバー人材センターからの配分金という形になります。 配分・・・

「妻のパート代105万円の確定申告をスルーしたら10万円の追徴課税&人事からの呼び出しが来る件」が最近頻発! なぜなの?

追徴課税、103万円の壁

正社員の夫とパートの妻がともに家計を支える世帯は今や現役世代で6割超となりました。 中にはパートの妻が103万円の壁を超えて105万円を稼ぐことも。 「たった2万円超えただけ」と軽く見て確定申告をスルーしたら、後日夫に1・・・

このページの先頭へ