「節税」の検索結果一覧»マネーの達人

「節税」の検索結果一覧

企業型DCと個人型DC(イデコ)の大きな2つの違いと、共通する最大のメリット「節税」について説明します。 

企業型DCとイデコの違い

企業型DCと個人型DC(イデコ)の違い 最近は、基本的に60歳未満の全ての人が加入できるようになったイデコが注目されています。 ただし、DCには企業型DCもあり、皆さんのなかにも加入されている人がいらっしゃるかと思います・・・

「iDeCo」を活用すると、節税しながら老後資産が形成できる 3つのメリットと注意点

iDeCoで節税しながら老後資金を作る

いま、日本は少子高齢化を背景として公的年金制度が揺らぎ、老後不安が叫ばれ「老後難民」という言葉も目にするようになっています。 また超低金利の時代に銀行に預けておいても、資産が増えることはほとんど期待できません。 そして、・・・

課税される所得を「減らす」ことで節税できる 所得から差し引いてもらえる2つの「控除」をご紹介 

税金って結構取られています

会社から給与をもらっていると、所得税や住民税は、給与から天引きされますね。 給与明細を見て、 「ああ、こんなに税金を取られてしまうのね…」 と割り切れない気持ちを抱きながらも、ため息の一つもついてあきらめる…そんな方も多・・・

親世帯と同居は「節約」になるのか? 出費の増減、節税、国からの補助なども合わせて考えてみる。

なかなか収入が上がらない現在の日本では、親世帯と同居する人が増えています。 我が家の場合は、姑に「アンタとは気が合わないから嫌」と断られたので実現しませんでしたが、「ぜひ同居させてほしい」とお願いしていた時期もありました・・・

「ふるさと納税」で節税したのに「6月からの住民税が増えた」のはなぜ? その理由を税理士の筆者が解説します。

ふるさと納税をしたからこそ下がっているはずの住民税が、なぜか上がっている

多くの人が活用するようになったふるさと納税。 「返礼品が楽しみ」と言いつつも、やはり最大の目玉は「節税」です。 ただ、それでも 「その節税を期待して、ふるさと納税をしたはずなのに、今年の6月からなぜか住民税が上がってしま・・・

高齢の親を扶養に入れて「扶養控除」で節税しよう 親と同居あるいは仕送りしている場合の扶養控除の要件と控除金額

高齢の親を扶養に入れて「扶養控除」で節税しよう

少子高齢化や離婚・未婚の親の増加などにより、最近は親と同居する現役世代が増えてきました。 また同居ではなくても、親に仕送りしている人もめずらしくありません。 ご自身の稼ぎで親を扶養している場合、見落としたくない控除制度が・・・

相続税を減らしたい! 「暦年贈与」と「保険」の組み合わせで、さらに節税できる方法を紹介します。

相続税を減らしたい! 「暦年贈与」と「保険」の組み合わせで、さらに節税できる方法を紹介します。

保険を活用した相続対策について 保険を活用した相続対策は、昔からいろいろな方法がありました。 若いうちに生命保険に入っておいて、レバレッジを効かせて保険金を作る方法、保険金の受取を年金受け取り(分割)にして、財産の評価額・・・

平成30年7月豪雨への義援金 節税しながら「寄附」するために知っておくべき税金の知識

平成30年7月豪雨

今月初め、西日本を中心に大雨が続いたことにより、多くの人が水害に遭いました。 広島では川が氾濫し、100人以上の死者が出たと報道されています。 被災地の復旧を一日も早く行うには寄付が欠かせません。 寄付は、被災地のために・・・

「子育て終了のシングルマザー」は税金控除がなくなり、所得が減る可能性も! 筆者おすすめの節税対策はコレ

息子が成人しました。子育て終了です。

シングルマザーにとって、子どもの就職そして自立は、ようやく果たし終えた大きな責任に「ばんざ~い!」と叫びたくなるほど、深い喜びを感じるものでしょう。 しかし、ご注意ください! あなたの所得が減る可能性があります。 シング・・・

サラリーマンの嘆き「給料が上がると、税金も上がる」 損益通算を活用した節税方法~不動産投資編~

よくある相談 一生懸命、働いて給与がアップしても税金が高くて… 高収入な方ほど、納めている税金は高くなります。 何か節税できるものはないですか? このようなご質問は多くいただきます。 特に独身の方は配偶者控除がないため、・・・

このページの先頭へ