「老後」の検索結果一覧»マネーの達人

「老後」の検索結果一覧

「人生100年時代」の老後の過ごし方は「暇を作らず、お金を使わずに時間を消費する」ことがポイント

人生100年時代

「人生100年時代」という言葉が定着 つい数年前まで人生80年と言っていたものですが、いつの間にか「人生100年時代」という言葉が定着しました。 海外の大ヒット著書から生まれた言葉のようですが、平均寿命の延びを考慮すれば・・・

スキマ時間で取得できる  主婦や老後に役立つ「資格」3つ

スキマ時間、資格、主婦

1. 「いつかは働きたい」と思うなら「介護職員初任者研修」 主婦の間で資格の話になると、必ず名前が出るものが介護職員初任者研修でしょう。 結婚を機に仕事を辞めた主婦は、子育てが落ち着くまでは、専業主婦でいることが多いよう・・・

「国民年金」と「個人年金」どっちがお得? 個人事業主、フリーランスの老後資金対策

個人年金、国民年金

「国民年金は損しそうだから、自分で年金保険に加入している」 という話をお聞きすることがあります。 「国の年金制度は、払った以上にもらえないのでは?」というご不安があるようですが、本当に民間の保険の方が安心できるのでしょう・・・

つみたてNISAで老後資金「1500万円」を準備するには、毎月いくら”つみたて”ればいいの?

老後資金準備

老後資金として準備した方が良い金額を導き出す 老後資金として準備した方が良い金額の目安を導き出すの目安を導き出すには、総務省が発表している「家計調査」などを活用して、定年退職してから平均寿命を迎えるまでに、どのくらいの生・・・

「持ち家」か「賃貸」の選択を適当に考えると老後に苦労する。大家さんが高齢者の入居を拒む現実。

持ち家か賃貸かで悩む

永遠のテーマ「持ち家」か「賃貸」か 持ち家、すなわちマイホームを取得するか、賃貸暮らしを続けるかで悩まれる方は少なくありません。 しかしながら、その答えはそれぞれの方や家族、仕事、資産状況によって違いますので全ての方に当・・・

【iDeCo】老後は年金だけだと毎月4万6,000円足りなくなる あなたの老後形成は万全ですか?

最近は国からもらえる公的年金以外の備えについての話題が多くなっています。 厚生労働省が発表したデータでは、夫婦二人の平均的な年金額が22万1,277円です。 総務省発表の家計調査で65歳以降の平均生活費が26万7,546・・・

6四半期連続、計約6兆円の黒字になった年金の積立金から、老後資金の枯渇対策を学ぼう

本当はずっと黒字

「賦課方式」の公的年金 日本の公的年金は原則的に、現役世代から徴収した保険料を、その時点の年金受給者に対して、保険料の納付実績などに応じて配分する、「賦課方式」になっております。 ただ保険料以外に税金も活用されており、例・・・

「老後は夫婦で貯金5,000万円必要(約35万/月)」 その根拠をツッコんで調べた結果…あてずっぽうと不安の現れだった。

老後に不安なシニアたち

「ニーズを掘りおこす」のは商売の基本 でも「不安をあおる」のはやりすぎ。 しかもその根拠となる資料が、恣意的に操作されているとしたら…? 裁量労働制の話ではありませんよ。 子育て費用に続き、今回は老後の費用にツッコんでみ・・・

「長生き」や「老後破産」のリスクに備えるために確認すべき3つのこと

日本人の寿命が延び、「長生きリスク」という言葉も聞くようになりました。 同時に「老後破産」という言葉も耳にします。 老後は何をきっかけに破産に追い込まれやすいのでしょうか? 1. まずは十分な貯金があるか 定年後に必要な・・・

老後のために今からできること「iDeCo」の特徴とメリットとは?

世界でも有数の長寿国となった日本。長期化する老後に備えてできることのひとつとして今注目を浴びているのが、任意加入の個人型確定拠出年金「iDeCo」です。 今回は「iDeCo」とは何なのか?どんなメリットやデメリットがある・・・

このページの先頭へ