「老後」の検索結果一覧»マネーの達人

「老後」の検索結果一覧

若者たちよ、今から「老後のため」にとお金を貯めるより、1年後の楽しい目標のために貯める人生を選びなされ。

10月17日は貯蓄の日 1952年に日本銀行が制定した貯蓄の日は、神嘗祭(かんなめさい)に由来します。 伊勢神宮では10月17日に、その年にとれた新米を奉納し、神嘗祭をとりおこないますが、その日を貯蓄の日としました。 貯・・・

老後不安を解消する「生涯現役」という生き方 明るく豊かに過ごすために今からできることは?

「老後」はいつから? 一言で老後と言っても、人によって捉え方はさまざまです。 会社を退職する60歳以降を老後という人もいれば、年金を受給する65歳以降を老後という人もいるでしょう。 例えば、経済的な見方で、公的年金や退職・・・

【実例:月7万の生活費】公的年金だけでは生活できない。老後のシミュレーションは今からしましょう。

はじめに お盆休みも過ぎ、9月に入ったら急に涼しくなってきました。休暇を利用して田舎へ帰省された方も多いのではないでしょうか。 私も母と一緒にお墓参りをし、田舎で休暇を過ごしてきました。 年金を受給している母ですが、今で・・・

「60歳までに3000万円貯蓄しておけ」の貯蓄神話は本当なのか シニアの著者が感じる必要な老後資金とは

「よそはよそ、うちはうち」の貯蓄計画を 60歳までに一人当たり3,000万円貯めておく必要があると、よく耳にします。 この金額は何を根拠に打ち出されたものでしょうか? 子どものころ親にものをねだると、「よそはよそ、うちは・・・

喫煙者天国の日本は「前世紀並み」に時代遅れ お勧めしたい老後準備のための「禁煙」

受動喫煙対策が遅れている日本 筆者は非喫煙者である。 学生時代の一時期にタバコを吸っていたことはあるが、今ではすっかり「嫌煙家」になっていて街中でタバコの煙や臭いを感じると非常に不快になってしまう。 喫煙者を悪者扱いして・・・

【老後生活】一番居心地の良い場所で自分なりの暮らしができる、そんな生活のための介護サービスとは

誰でもが一度は、 自分はどのように歳を取っていくのだろう 自分は介護されるとしたらどこでどのように過ごしたいだろうか と考えたことがあるはずです。 そしていつの間にか介護を必要とする年齢となっているのです。 思い描いたよ・・・

定年退職後のプラン(リタイアメントプランニング)考えたことありますか? 老後に必要なお金と、もらえるお金

リタイアメントプランニングをしなければ老後資金がいくら必要かわかりません 「リタイアメントプランニング」という言葉を聞いたことはありますか。 定年退職後のプランと聞けばイメージがわく人も多いのではないでしょうか。 定年退・・・

老後資金はいつから貯めればよいの? 老後に減った給与の一部をカバーしてくれる制度もあります

60歳でリタイアし、働かずに年金で悠々自適に暮らすという時代は、“昔の話”になっています。 健康であれば、「働く」ということへの間口は広がっていて、希望や能力によって、いろいろな働き方ができる時代になっています。 老後に・・・

「老後はマンション投資の家賃収入で安泰」を待ち受ける落とし穴

マンション投資の賃料収入で老後は安泰か? 「年金があてにならない中で、マンション投資なら確実な賃料収入が安定的に老後をささえます」 こんな宣伝文句に、心惹かれる方もいるのではないでしょうか。 しかも、 「1,000万円の・・・

確定拠出年金制度に改正「自助努力をしないと、老後は大変になりますよ!」という恐怖のメッセージが。

はじめに 様々な企業が確定拠出年金を導入し、数年が経過しました。 皆さんもご自身の年金を自らが選定した金融商品で運用することに慣れてきた頃でしょうか。 以前は会社員の方々から、 商品ラインナップの中でどれを選べば? とい・・・

このページの先頭へ