「育児」の検索結果一覧»マネーの達人

「育児」の検索結果一覧

出産・育児の給付金は、知らないともらえない。条件・手続き・金額をわかりやすく説明します。

知らないともらえない「給付制度」 家族にとって、子供の誕生は大変喜ばしいことです。 その一方、出産から子育て、教育に至るまで、それに関わる金銭的な不安も出てきます。 そこで、家計の負担を減らすために、国は出産・育児に関す・・・

育児中に嬉しい(外食・おもちゃ・洋服など)株主優待4社をご紹介します

育児するうえで、何かとかかるのがお金です(笑)。 将来の学費をためるため、または生活費を工面するため、日々節約にいそしんでいる方も少なくないのではないでしょうか。 そんな節約生活の一部を株主優待で賄うことができたら家計も・・・

3人目の育児休暇を終え、育休復帰2年目。貯金のペースが去年より遅い…思わぬ「負担増」がありました。

仕事のカンを取り戻した今年、貯金がたまらない 3人目の育児休暇が2016年12月で終わり、今年の年末で復職してから丸1年になります。 仕事のカンも少しずつ取り戻し、仕事も形にできてきたなという今日この頃。 我が家では毎月・・・

年金を減額されない「育児休業の養育特例」 誰も教えてくれないが、該当する方は多い。手続きは自分でお早目に。

2017年度に入ってからも、社会保障の保険料の値上げや給付減が相次いでおり、暗い気持ちになります。 ただ明るい話題もないわけではなく、例えば雇用保険については、失業率の改善などを受けて、他の社会保障とは逆に、保険料の値下・・・

育児休業から4月に復職している場合、社会保険料が軽減される可能性があります

新年度が始まる4月に「やっと保育園の入所が決まった」なんて方も多いかと思います。 4月に職場に復帰された方については、短時間勤務などで給与も減額されているため、「社会保険料の負担が重い」というような方も多いのではないでし・・・

平成29年10月より「育児休業制度」が改正され「育児休業給付金」も支給期間が延長されます

育児介護休業法は、幾度となく改正されており変化し続けています。そして、平成29年10月より、法律改正により更に手厚くなります。 保育所に入れないなどの理由により退職するなどを解消する措置として、保育所に入るまで「育児休業・・・

男性の育児休業取得率は2.65%  取得するのは難しいですが、制度の内容は知っておくと便利です。

厚生労働省の平成27年度雇用均等基本調査によると、男性の育児休業取得率は2.65%。 この低すぎる取得率の実態。様々な事情があってのこととは思いながらも、男性の育児休業がまだまだ浸透していない現実が見えてきます。 政府は・・・

【平成29年1月から】「育児・介護休業法」が改正 育児の部分はどう変わったのか解説します。

平成29年1月 改正育児・介護休業法が施行 このうち、介護に関する部分については、こちらで取り上げましたが、今回は育児に関する部分の規定の改正について、取り上げたいと思います。 この改正育児・介護休業法と、同じく改正され・・・

【平成29年1月から】「育児・介護休業法」が改正 介護の部分はどう変わったのか解説します。

平成29年1月から、より介護休暇や育児にあたっての休暇を取得しやすくするなどを盛り込んだ、改正育児・介護休業法と、いわゆるマタハラ(マタニティー・ハラスメント)防止について定めた、改正男女雇用機会均等法が施行されました。・・・

「育児休業給付金」いつ・いくら振り込まれるの? 給付金の計算の仕方・申請方法を説明します

「お金っていつ頃振り込まれますか?」 このようなご質問を育児休業中の方からよく受けます。 これから育児休業に入る方が気になることの1つに育児休業中のお金のことがあるのではないでしょうか。 育児休業中は、会社から給料が支払・・・

このページの先頭へ