「退職金」の検索結果一覧»マネーの達人

「退職金」の検索結果一覧

「職場の近くに住み、給与の一部を退職金に回す」と社会保険料が安くなる 保険料は「基本給」だけでは決まらない

都市部の大学や専門学校に進学する際に、生まれ育った地域を離れ、卒業後もそこに戻らずに、都市部の会社に就職するという若者は、かなり多いそうです。 これにより若者が流出した地域は人口が減少するため、一部の自治体は生まれ育った・・・

退職金は年々ダウン、10年間で500万円も減少 40代、50代、60代で取るべき資産運用のスタンス

貯蓄が少ない

退職金の額は年々減少している 長寿の時代、定年を迎えた時点で十分な貯蓄があることが理想ですが、理想通りにいく人は多くはありません。 貯蓄が十分でない方も、退職金があると考えている方も多いようですが、実は、退職金の額は年々・・・

「前払い退職金」を企業型DCの掛金で受け取ると、損をする3つのケースを解説

前払い退職金のもらい方で損してる場合もある

新年度が始まる4月頃になると、退職金を給与に上乗せして前払いで受け取る場合と、退職する時に一時金で受け取る場合の手取り額を比較しながら、いずれがお得なのかを解説する記事をよく見かけます。 また最近は前払いの退職金を、企業・・・

年金と退職金が減り、平均寿命が延びると、住宅ローンが老後を脅かす。今から対策を考えましょう。

年金の支給開始年齢の引き上げを考える 2017年も終わりに近づいたので、今年話題になったニュースを振り返ってみると、個人的には「年金の支給開始年齢の引き上げ」に関連したニュースが、もっとも印象に残っております。 その発端・・・

【退職金】受け取るなら「一時金」か「年金」どちらが有利? 考慮すべき点とは

Q:勤務していた会社の定年退職に伴い、退職金が支払われますが、私の会社ではその受け取り方法について、まとめて一時金で受け取るか、年金で受け取るか選択が可能です。どちらが有利でしょうか? 解説 1. 一時金で受け取った場合・・・

専業主婦でも退職金 3つの税制優遇がある「確定拠出年金」で老後資金作り 

5月24日に「確定拠出年金法等の一部を改正する法案」が衆議院で可決成立したものの、詳細がなかなか見えてきませんが、今改正最大の目玉は、個人型DC(確定拠出年金)に、“第3号被保険者と公務員等共済加入者も「確定拠出年金」制・・・

「退職金規程」を確認し、退職金を予測して「生命保険料」を無理なく削減しよう

先日テレビを見ていたら、飲酒運転で辞職した元町長が組合に対して、退職金の申請手続きを行い、約1,250万円の退職金が支給される見込みというニュースが、放送されておりました。 退職金の支給を決定した組合は、罰金刑は条例で定・・・

退職金引き下げ… 会社員も公務員も「老後の収入の3本柱」は衰えを見せている 

公務員には会社員の企業年金に代わるものとして、「職域加算」という制度がありましたが、平成27年10月に共済年金が、厚生年金保険に統合されると同時に、この職域加算は廃止されました。 そのためこれから新たに受給できるのは、統・・・

その退職金どうしますか? 【実際にあった相談への回答】

先日、年始休暇で帰省していた高校時代の先輩から相談を受けました。 昨年の12月に定年退職をして退職金(2000万円)を貰ったけれど、何かいい活用法を相続も含めてアドバイスをして欲しいとの事です。条件は、手軽さと安全で換金・・・

退職金を準備しよう ~自分の未来は自分で守る~

はじめに 皆さんのお勤め先には退職金制度はありますか? これまで退職金制度があった企業も、制度の廃止や支給額の減少など多くの問題を抱えています。最近では、自分自身で年金の運用先を決める確定拠出型年金の制度を取り入れる企業・・・

このページの先頭へ