「遺族基礎年金」の検索結果一覧»マネーの達人

「遺族基礎年金」の検索結果一覧

手続き忘れのある「遺族基礎年金」について

公的年金(国民年金や厚生年金保険)を掛けている方など(被保険者)が死亡したときに、残された遺族の方に対して支給される「遺族年金」というものがあります。 その中でも、今回は「遺族基礎年金(国民年金)」についてピックアップし・・・

今月から父子家庭にも遺族基礎年金が支給される。

 「遺族基礎年金」とは、夫が亡くなったときに、高校生までの子どもや、高校生までの子どもを持つ妻に支給されてきた国の遺族年金制度です。子どもがいない夫婦で、夫が亡くなった場合、妻には支給されません。つまり、遺族基礎年金のキ・・・

子供が生まれたら勝手に付いてくる保険「遺族基礎年金」の支給額

  いきなりですが、マネーの達人読者の皆さんに質問です。   「子供が生まれたら勝手についてくる保険」って聞いたことがありますか?「そんなんあるか?(大阪弁ですみません)」と思った方。あるんです。   答えは「遺族基礎年・・・

生命保険を選ぶコツは「どんなことに備えたいか」 自分のライフステージやプランに合わせた保障を

生命保険を選ぶコツ

保険への加入は、 「家の購入に次いで高額な買い物」 と言われていると知っていますか? 平成27年に生命保険文化センターが実施した調査によると、個人年金保険を含む全世帯の平均的な保険料は年間38.5万円にも上ります。 これ・・・

脱サラして自営業者になった方に「もしも」のことがあったら、遺族厚生年金は支給されるのか?

働き方が多様化し、転職も珍しくない時代。 毎年どのくらいの方が起業しているかはわかりませんが、法務省の登記統計によると、平成27年に設立された会社の件数は約8万9千件にもなるようです。 脱サラして自営業者になったAさんも・・・

国民年金の「未納・納付忘れ」を納付済にできる特例は今年(期限2018年3/31、9/30)まで

特例が、2018年内に次々と終了します 国民年金の保険料は原則として、翌月の末日までに納付しなければならないため、例えば2018年1月の保険料は、2018年2月28日が納付期限になります。 その一方で保険料の徴収権の時効・・・

「過払い遺族年金」(受給資格がない人への支給)は18億円以上 マイナンバーで過払いが判明したら返還を求められる

「遺族年金失権届」 夫の死亡によって受給権が発生した、遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金など)を受給している妻が、再婚(事実婚を含む)した時は、その遺族年金の受給権は消滅します。 また親の死亡によって受給権が発生した、・・・

その「学資保険」保険失格かも 返戻率で比較してみると「国民年金」より払い損なケースがあります 

2017年6月30日に厚生労働省から、2016年度の国民年金の納付率が発表されました。 それによると納付率は前年度比で1.7ポイント上昇し、65.0%になったそうです。 過去最低の納付率だった2011年度の58.6%と比・・・

子育て世帯で「生命保険が夫のみ」はリスクが高い 妻の「万が一」の時に必要な保障や保険を考えてみました。

夫には生命保険などの死亡保障保険をかけているけれど、妻には保険をかけていないというご家庭は多いようです。 しかし小さな子どもがいるご家庭の場合、妻が亡くなると、 ・ シッター代が必要になり支出が増える ・ 残業や出張がで・・・

遺族年金の「男女差合憲判決」 今後、男女差は残っていくのか?

平成29年3月21日に遺族年金の男女差について、法の下の平等を定めた憲法には違反しないという最高裁判決が出されたと報道されました。 この判決で皆さん気になるのは、 このまま遺族年金の男女差は固定されるのか?  また、この・・・

このページの先頭へ