「遺言」の検索結果一覧»マネーの達人

「遺言」の検索結果一覧

残された人の相続が円満になる遺言書を書こう 遺言書があればよかったのに…という事例を紹介します 

最近、相続のご相談・実務をお受けする中で、遺言書を用意されている方が多くなってきていると感じます。 実際に相続が発生された場合でも、公正証書遺言を書かれていて、その後の相続がスムーズにいく場合もありますし、むしろ遺言書に・・・

「遺言」を書くタイミングっていつ? ~40代の私が遺言を書いてみて思ったこと~

はじめに エンディングノートや生前供養など、一時の終活ブームは過ぎ去り、今では皆さんそれぞれが自分自身にあった最期は? と考え、情報収集をされている方もいます。 皆さんはご自身の遺言を書いたことはありますか? 中々、遺言・・・

継父に育てられた子への実父からの遺言書。争いのない相続へ繋がる「付言」の活用で伝わる想い。

田中さん(仮名)ご一家の事例です 田中さんは再婚しています。 先妻Aさんとは性格の不一致で協議離婚されましたが、先妻Aさんとの間に子Cさんがいます。 再婚相手の妻Bさんとのあいだにも子Dさんがいます。 がん宣告を受け、自・・・

「相続対策」と「相続税対策」は違う 自分の死後、もめ事が起きない為の「遺言書」作成のススメ 

相続対策と相続税対策は違います。 「うちは家族の仲がいいから大丈夫」 「うちには相続対策が必要なほど資産は無いから」 と思っていても相続でもめてしまうことは少なくありません。 今回は「相続人は誰か」をしっかり確認すること・・・

【相続税】節税対策より「相続対策」が大切です。遺言書が無くて争った身内たち。

相続税の改正により増加する「相続の相談」 平成27年(2015年)から相続税の改正があったため、最近では相続の相談も多くなってきました。 改正により対象者が増加 以前は100人の方がお亡くなりなると4人から5人程が相続税・・・

「自筆証書遺言」の落とし穴 遺言書があっても遺族に負担がかかる場合がある。プロが教える「遺言書」のしくみ。

「遺言」について 一般的に活用されている遺言は 「自筆証書遺言」 「公正証書遺言」 の2種類があります。 遺言書を作る注意点 遺言書を具体的に作ろうと決めたら、どのような事に注意すべきであろうか。 2種類の遺言の比較をし・・・

「遺言書を作っておいてもらえば良かった…」 生前に遺言書の作成が必要な方のパターンを3つご紹介。

相続に関わる相談を数多く取り扱っておりますと この方は生前に遺言書を作っておけば良かったのに と感じる場面が度々あります。 専門家の視点から、生前に遺言書の作成を考えるべき方のパターンは次の3つです。 パターン1 子供の・・・

遺言が必要な人はズバリこんな人! 1つでも当てはまる人は準備を

増加する「遺産相続争い」 日本ではまだまだ遺言を書く人の数は少ないようですが、遺産相続をめぐる争いは年々増加しています。 全国の家庭裁判所で取り扱った遺産分割調停事件の新受件数を見ると、平成22年分の家事事件件数を見ると・・・

鈴木家の三姉妹に訪れる「婿養子との離婚、相続問題」 相続実務で分かった遺言が必要な事例

鈴木家三人姉妹の話 長女が婿養子をとり、二世帯住宅生活が始まりました。 鈴木家には三人姉妹がいました。長女の美子さんはお見合いで、早々に鈴木家の後継ぎとして婿をもらい結婚していました。 「鈴木姓を名乗ること」が親からの条・・・

相続実務での失敗談 「2つあった遺言書」

「夫が亡くなって1年経つが、この預金(郵貯)が下ろせない」 と婦人は相談に見えました。相続預金の解約は大変です。 相続預金の手続きの進め方 1. 死亡の事実が分かる戸籍 生きていれば、夫人が代理人で手続きすればよい。死亡・・・

このページの先頭へ