三宅 瑛心さんの記事一覧»マネーの達人

三宅 瑛心さんの記事一覧

三宅 瑛心 三宅 瑛心

埼玉県の南部に居住。大学卒業後は、様々な職種を経て、スロプロという訳の分からない道を歩む。その後スロプロをしながらフリーのシナリオライターとして活動。仕事の種類を増やそうと株や仮想通貨を2017年からやり始めるもアベノミクス相場という大波に乗れずに停滞。仮想通貨も一般より早く買ったものの握力弱く、そうそうにビットコインを手放してしまう。現在「億り人」になった連中を横目に、必死にパソコンを叩いている毎日。
【寄稿者にメッセージを送る】

【仮想通貨】5月中にCoinBeneに上場が決まり、大きく価格が反応する可能性も高い「ContractNet」とは

3月10日から3月22日まで行われていたICOのContractNetという仮想通貨をご存じでしょうか。 しかし悪いニュースが立て続けにあり、地合いが悪かったせいもあってか、あまり話題にならなかったようです。 現在はBT・・・

日本の取り扱っている「仮想通貨」が少ない理由と次に上場しそうなコイン4つ

日本の取り扱い仮想通貨が少ない理由

初心者の方もBinanceやBittrexなど海外の有名な取引所に登録している方は、かなり多いのではないでしょうか。 しかし日本の取引所(bitFlyerやZaifなど)と比べて扱っている仮想通貨の数が圧倒的に多いと思っ・・・

「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」が被害にあった「DNSハイジャック」とは

あなたの資産は常に狙われている

「1BTC = 70万」をきった時もあったビットコインですが、今月の中旬から再び上昇トレンドへ転換したようにみえます。 そんなようやく好調になったトレンドですが先日、マイイーサウォレットがDNSハイジャックを受けたことで・・・

仮想通貨を学問として学ぶことができる大学

昨年「1BTC = 220万円」を超え、確実に仮想通貨が強く世間に認知されてきていると思われます。 仮想通貨だけではなく、ビットコインなどに使用されているブロックチェーンなどの技術にも大きな注目が集まっています。 そのよ・・・

【仮想通貨】ハードフォークは分裂だけではない 4種類のハードフォークを紹介します

ハードフォークという言葉が知られるようになったのは、昨年ビットコインが分裂した際に誕生したビットコインキャッシュがきっかけでした。 日本では「ハードフォーク = 分裂」と思っている方も多いようですが、実際は4種類あること・・・

「仮想通貨」を使ったゲームが次々登場 ゲームで稼ぐことも可能

仮想通貨、特にブロックチェーン技術を利用している企業もあるようです。 例えば日本の不動産テックベンチャー「イタンジ」は仮想通貨で不動産売買を行うことのできるサービスを始めています。 ≪画像元:イタンジ株式会社≫ さらにイ・・・

お勧めの「仮想通貨取引所」 100%コールドウォレット保管、マルチシグ対応

今月の上旬、金融庁から改正資金決済法に基づく業務停止と業務改善命令が出ました。 業務停止を受けたのは、みなし業者であった「ビットステーション」と「FSHO」です。 特にビットステーションは、職員の私的流用があった事が判明・・・

ICOを選ぶ基準とは? 上場したコインの6つの特徴

暗号通貨関係の記事を書いていると避けることができないのが、ICOです。 ICOは短期でも数十倍というのも珍しくなく、非常に夢のあるものとなっています。 ただ、やはり、詐欺コインなどといわれているものも少なくなく実際、出資・・・

これから仮想通貨はどこへ行く? 「ソブリン クリプト カレンシー」の動き

1月にフランスとドイツが提案をした、ビットコインのリスクの分析や規制が、3月19、20日に行われるG20での議題で論じられることが決定しました。 ただ残念なことは、現財務大臣である麻生太郎氏が国会対策のために欠席をすると・・・

ICOの9割は詐欺コイン でも、これなら買ってもいいかも! と思った「メディカルチェーン」とは

様々なICOがありますが、9割のICOは詐欺コインなどといわれています。 そうなると買わないほうがいいのではないか、と考えがちです。しかし、短期間で大きく儲けるにはICOを避けることはできません。 短期間で10倍、長期で・・・

このページの先頭へ