鮫島 ひかるさんの記事一覧»マネーの達人

鮫島 ひかるさんの記事一覧 (33)

鮫島 ひかる 鮫島 ひかる

2001年慶応義塾大学法学部卒業。損害保険会社OLから転身、フリーライターをしています。コピーライティングも得意で今まで様々な広告に携わらせていただいています。現在では、マネー・保険記事以外に、音楽サイトと美容・健康関係の記事も執筆中です。健康オタクのため、腸育コンシュルジュの資格も取得。困っている方がいると放っておけないおせっかい者です^^皆さんのお役に立てることが自分の中のモットーですので、皆様の心に届く文章でさまざまな知恵をお届けできるように頑張ります。
【寄稿者にメッセージを送る】

【楽天ペット保険】新プランは1回の治療にかかる負担額を軽減 猫(1歳)の場合、月々1,230円~

楽天ペット保険

世知辛い世の中、ストレスフルな社会の中で暮らす今、ペットに癒される人も昔に比べて多くなってきました。 今や健康保険証に「ペットの名前」を連ねたい人が多数いるそうです。 これは冗談で言っているお話ではないのです。 家族同様・・・

【急な旅行キャンセルに対応】費用全額を補償してくれる「旅のキャンセル保険」

旅行費用が無駄になりません

突然の「旅のキャンセル」に保険が登場しました 昨年の暮れに認可を取得した「旅のキャンセル保険」がこの度、チャブ損保から発売になりました。 この保険は、企画旅行(旅行する人が交通手段や宿を選んでセットする保険)や、航空券、・・・

「生命保険の受取人」はお金の管理がきちんとできる人に 自分の万が一、だれに託しますか? 

生命保険の受取人を安易に「法定相続人」にしていませんか?

先日、お母さまお一人で子供さんを育てていらした方の悲しいお話を伺いました。 そのお母さまが不慮の事故でなくなり、保険金の受取人は子供さんでした。 しかし子供さんでは多額の保険金を管理することはできず、叔父様が子供さんを赤・・・

【マイナス金利時代】積立の損害保険はほぼ売り止め状態 「保険」で運用なら「変額保険」がおすすめ

何年前なんでしょう…保険に利回りがあった時代。  損害保険でいうと積立保険というものが当たり前に存在して、利率が5.5%なんていう時代がありました。 おそらく平成一桁前半時代。 生命保険もこの当時に契約をされた方のたまり・・・

【ゲーム機も補償対象】火災保険の「家財の保険」の説明と注意点

最近は大人も子供もゲームをやる光景が多く、またゲーム機も昔のように安く買えるものではなくなりました。 親の懐も痛い昨今、 「ゲーム機を子供が床に落として壊してしまった…このような場合に保険が使えるのでしょうか?」 という・・・

【東京ガス × チューリッヒ保険】地震のお見舞金が無料で付く「登録無料のウェブ会員」向けサービスが登場

今年で8年経過した3.11の東日本大震災。 日本国民の多くが「風化させない」という思いで、たくさんの場所で確認された日でした。 震災を覚えているということ、思い出すということが、次の災害が起こったときの最大防御策であるこ・・・

【医療保険の就業不能特約】元保険外交員の推しは、補償範囲に「障害等級1級・2級」がついている2社

テレビのコマーシャルで渡辺直美さんがご主人の収入を心配する風景はおなじみになりました。 「就業不能」という言葉も、皆さんの中で、この数年で相当程度浸透してきました。 その一方で、「人生100年時代」と言われる昨今、70歳・・・

春は「引っ越し」シーズン!  火災保険は「自分で手配」し「解約するときは返金してもらう」のを忘れずに。

火災保険の変更を忘れずに 会社の人事異動、進学、卒業、就職…。 この3月は引っ越し業者がパンクし「引っ越し難民が渦を巻く…」そんな時期になります。 幸運にも次の住居が決まり引っ越しの手配が決まったあなた、おめでとうござい・・・

大手生保初の「認知症保険」その内容と費用 通常介護の倍かかる医療費への備え方

「認知症」、10年前は自分が気づかなかったのか、世間でもあまり認識されていなかったのか、まさに今、この言葉が日常でも多く聞かれるようになりました。 高齢化社会が進み、働くビジネスマンの両親が「認知症」になっているケースも・・・

「無料で自分の疾病リスク予測」を診断できるサイト 明治安田生命の「みんなの健活プロジェクト」を紹介

最近は「がんになる確率」が2人に1人だ… テレビCMでも保険に入る際に「健康診断書」を出すと割引がある… など、自分が病気になる確率について考える機会が増えてきました。 会社の健康診断が年1回ある方、主婦さんでも旦那さん・・・

このページの先頭へ