徳田 仁美さんの記事一覧»マネーの達人

徳田 仁美さんの記事一覧

徳田 仁美 徳田 仁美

関西地方都市在住の30歳代主婦。某私立大学文学部卒。「良いものを長く使う」「不健康が最大の損失」「家族円満は無料で最大の幸福」を心がけて、主婦業を営む。夫の収入で家計を管理する、現在は2児の母。子だくさんでも成立する家計を模索。家計とは別に、結婚前の貯金を株式投資やFXなどで運用する。投資歴は8年程度。最近は新しい時代を作ってくれそうな企業に注目している。
【寄稿者にメッセージを送る】

わが子を「奨学金破産」から救える親、救えない親 非課税の現物「生前贈与」活用がポイント

現物の生前贈与で、無駄な支出や利息支払いからお金を守る

自慢できない貯金1000万円 「オレ貯金1000万円以上あるぞ。頭金にしよ~。利子減るんやろ?」 私たち夫婦がマイホームを買う時に、夫が吐いた言葉です。 本当に実際ありがたかった。 しかし、20歳代で貯金1000万円の夫・・・

便利だけど、とても「危険」なオートチャージ 利用すると危ない人とは?

オートチャージ

とっても便利なオートチャージ 直訳すれば「自動補充」。 読者のみなさま、「オートチャージ」は利用されていますか? とっても便利ですよね! ご存じない方のために、まずは簡単に解説しましょう。 オートチャージは、電子マネーの・・・

「かんぽ生命」の「信用」「安心」は本物か?

かんぽ生命

「今までの保険は売らなくなったから新しいのにしか更新できなかったんだけど、イマイチその中身に不満があるんだよね…。前からお世話になってるし信用できるから、契約したんだけど…。どう思う?」 おどろきました。 そんなふうに保・・・

【フラット35 子育て支援型・地域活性化型】条件が合えば約111万のお得になる。まずはチェックしてみよう。

「空前の低金利」何年目? 「空前の低金利だ!」なんて言いながら、私たち夫婦がマイホームを取得してはや4年。 その後も金利は私たちが購入した時点よりも低いところで、順調に推移しています。 なんだかなぁ。納得して契約したから・・・

テレビの時間を最小限に 視聴をマネジメントする「時短」術

「テレビの見せすぎは、特に幼い子どもに悪影響を与える。」うん、分かっていますよ。 私だって見せたくて見せているわけじゃない。 でも、キッチンにはどうしても片づけなければならない仕事があるんです。 しかも毎日家事はある! ・・・

幼児に英語教育に熱心に「投資」するのは、本当に正しいことなのか?

困惑しています。 何にって、突然沸きだした、ママ友たちの英語教育熱にです! 英語教育早期化 学習指導要領の改訂が発表されてもうすぐ1年。 中でも注目されたのが、小学校での「英語」(現行は「外国語活動」)と「プログラミング・・・

「老後は夫婦で貯金5,000万円必要(約35万/月)」 その根拠をツッコんで調べた結果…あてずっぽうと不安の現れだった。

「ニーズを掘りおこす」のは商売の基本 でも「不安をあおる」のはやりすぎ。 しかもその根拠となる資料が、恣意的に操作されているとしたら…? 裁量労働制の話ではありませんよ。 子育て費用に続き、今回は老後の費用にツッコんでみ・・・

「マイクロズボラ(小さなズボラ)」は家庭円満の秘訣。我が家のマイクロズボラ…公開します。

サイコーですね、「マイクロズボラ」 「玄関の靴そろえるのは人来るときだけでいいよ」 「干してた服そのままダイレクトに着ていいよ」 「鍋敷きは新聞でいいよ」 ロバート秋山さんが「グリコアーモンドピーク」の広告動画で熱唱して・・・

子育て費用は中学校卒業までで1人約1,900万円。2人目なら倍? 内閣府のデータにツッコんでみました。

子どもにかかるお金 「子供一人を育てるのに〇百万円かかる!」っていう金融商品の売り文句。 しかし 「そんなにお金がかかるなら準備しないと!」 「ウチは〇人だから、その〇倍も…」 となるのはちょっと待っていただきたい。大ざ・・・

教育費は高等学校まで1人500万円超って本当? 文部科学省のデータを読みこんだら、半分ほど減らせました。

本当に子どもにかかる費用っていくらなの? 子どもにかかる費用が、好き勝手に言われていますね。 子育て中(そして家族計画は未完)の身には、まことに鬱陶しい限りです。 そりゃあ、不安をあおって契約を誘うのは伝統的な商法なので・・・

このページの先頭へ