沼田 順さんの記事一覧»マネーの達人

沼田 順さんの記事一覧 (15)

沼田 順 沼田 順 http://cfpnumata.blog130.fc2.com/

1975年兵庫県に生まれる。1994年、地元の公立大学である神戸商科大学(現・兵庫県立大学)に入学。学生時代の1997年に宅地建物取引士試験に合格。翌年の1998年、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)に入庫。2008年、独立後勉強していたCFP上級資格を取得し翌年の2009年にCFP認定者及び1級FP技能士となる。
【保有資格】1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / CFP(R) / 宅地建物取引士 / 住宅ローンアドバイザー / ビジネス法務エキスパート® / 証券外務員2種 / 銀行業務検定各種
【寄稿者にメッセージを送る】

住宅ローン「返済中」に自然災害に遭遇してしまった時に助かる「自然災害時一部免除特約付住宅ローン」とは

自然災害に備える住宅ローン

ここ数年、自然災害が頻発しています。 特に今年に入ってからは、地震、噴火、水害などさまざまな気象現象が、全国各地で被害を及ぼしています。 このような被害が住宅に及んだ場合、従来は火災保険で対処していましたが、今後は、火災・・・

「平成30年7月豪雨」で住宅が損壊した方へ「災害復興住宅融資」をご案内します。

大雨の被害

平成30年7月豪雨は、西日本を中心に甚大な被害を及ぼしました。 住宅ローン返済中の方は、火災保険加入が必須のため、原則として火災保険で対応することになりますが、火災保険を利用したとしても、今までの住宅ローンが無くなるだけ・・・

【住宅ローン】「変動金利の方が金融機関は儲かる」は間違い 「固定」と「変動」の違いを正しく理解したうえで判断を

変動金利と固定金利の違い

インターネットの世界には様々な情報が溢れており、その情報が正しいとは限らない場合もあります。 特に、専門的な分野になるとその傾向が顕著になり、誤った情報を鵜呑みにしてしまう方も多数いらっしゃいます。 今回は、住宅ローンの・・・

住宅ローンで購入した自宅の「第三者賃貸」がバレる理由 金融機関から刑事告訴され、警察に詐欺罪で立件された事例も

住宅ローンでは原則として、金融機関から融資を受けている間は、自宅に住み続ける必要があります。 (これを「自ら居住義務」と言います。) この理由は当然ながら、金融機関としても「住宅購入」という公共性に鑑み、住宅ローンの金利・・・

加速する地銀の経営統合 「住宅ローン返済」への影響と注意点。過去に延滞ある場合は要注意。

全国の地銀で、経営統合が加速 経営統合した地銀に住宅ローンを返済していた場合は、どうなるのでしょうか。 今回は、 ・ 地銀統合の背景 ・ 地銀に住宅ローンを返済していた人が注意すべき点 について解説します。 なぜ、地銀の・・・

【住宅ローン】適正な借入額は「審査金利」でシミュレーションしよう 「貸出金利」で借りると取り返しのつかないことになることも

住宅ローン相談で最も多いのが、自分はどの程度まで借りることが出来るかというものです。 しかし、自分で試算しようにも、借入金利を変えるだけで、様々な金額が表示されます。 ここで有効なのが、金融機関が実際に融資審査で使う、「・・・

住宅ローンにおける収入合算(ペアローン)の危険性

 住宅ローンで収入合算という制度があります。これは例えば、ご主人と奥様が共働きの場合にお互いの収入を合算して、その収入で借入金額を判断する制度です。  しかし、私が公庫勤務時代に一番債務不履行が多かったのもこの形態です。・・・

2014年5月のソニー銀行の住宅ローン金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、5月は固定金利が全て低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定してい・・・

2014年3月の住宅ローン金利と今後の見通し

 まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。2月17~18日に日銀で開かれた金融政策決定会合では、金融機関向けの貸出支援制度が拡大延長されましたが、基本的な金融政策は現状維持されており、現在は金利を引き上げる環境に・・・

2014年3月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では、数少ない翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、3月は固定金利が全て低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定してい・・・

このページの先頭へ