沼田 順さんの記事一覧»マネーの達人

沼田 順さんの記事一覧 (25)

沼田 順 沼田 順 http://cfpnumata.blog130.fc2.com/

1975年、兵庫県生まれ。1994年、神戸商科大学(現・兵庫県立大学)に入学。学生時代の1997年に宅地建物取引主任者試験に合格。翌年の1998年、住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)に入庫。2008年、独立後勉強していたCFP上級資格を取得し翌年の2009年にCFP認定者及び1級FP技能士となる。2014~2015年、大阪大学大学院経済学及び理学研究科 博士前期課程 単位取得。2015年、京都大学法科大学院 法務博士課程 単位取得。
≪保有資格≫ 1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / 宅地建物取引士 / 住宅ローンアドバイザー / ビジネス法務エキスパート® / 証券外務員2種 / 銀行業務検定各種
【寄稿者にメッセージを送る】

自宅に住みながら売却できる「高齢者向けリースバック」に注目! 高齢者資産の新しい活用方法とその注意点をご紹介します。

マイホームに住み続けなければならない

「人生100年時代」と言われる中、豊かな老後を過ごすには、それ相応の資金が必要です。 しかし、必要な老後資金ほど見通しにくいのも事実で、自分達の資産をどのように活かすかという視点が大切です。 今回は、自宅所有者には有力な・・・

全体的に、所得格差が拡大! フラット35「利用者調査」の結果から見る、フラット35の利用者像

フラット35「利用者調査」

住宅金融支援機構では、毎年フラット35を利用した方のデータを集計し、その動向を公表しています。 今回は2017年度に、実際に融資を受けた事例が公表されていますので、解説していきましょう。 ≪画像元:住宅金融支援機構 フラ・・・

三井住友信託銀行の住宅ローンが低金利な理由と、合併した場合に予想される延滞者への厳しい督促。

催促が厳しい

なぜ三井住友信託銀行が住宅ローンを拡大したいのか 現在、住宅ローン業界では金融庁から指摘されたにもかかわらず、三井住友信託銀行が変動金利で0.5%を割る水準を打ち出し、メガバンクや大手地銀などから顧客を奪っています。 三・・・

日銀の歪んだ金融政策で「金融機関収益の悪化」「住宅ローンの長期固定金利上昇」など負の側面を加速させて

日銀の政策変更で、長期金利が急上昇 日銀の政策変更により、8月以降の住宅ローン金利は、変動金利と固定金利で金利差が拡大しています。 この流れは今後も続くのか、見通しなどを解説します。 7月30~31日に行われた「日銀の金・・・

誤解を与える、銀行の「住宅ローン金利」の誇大広告に要注意

ネット銀行を中心に、金利引き下げ競争が激化したものの、さすがにこれ以上の金利引き下げは厳しくなってきました。 そこでネット銀行が考えたのが、借り換えや返済期間が短い金利を強調表示することで、顧客の目を引き付ける方法です。・・・

住宅ローン延滞中だけどこのまま自宅に住み続けたい。そんな時の対策「リースバック」のメリット、デメリットを解説

最近、リースバックという言葉をよく聞くようになりました。 リースバックとは、どのような制度で、メリットやデメリットは何なのでしょうか。 今回は、このリースバックを解説します。 もともとは住宅ローンを延滞した時の対策 リー・・・

【みずほ銀行の長期システムメンテナンス】住宅ローン返済、連休前の引き出しなど日程に注意。

長期に渡るシステムメンテナンス 株式会社みずほフィナンシャルグループ傘下の、株式会社みずほ銀行とみずほ信託銀行は、次期勘定系システムへの移行を目指し、長期に渡るシステムメンテナンスを行っています。 みずほ銀行は、 ・ 2・・・

曖昧な日銀の政策変更(マイナス金利の副作用を是正)、影響を受ける住宅ローンタイプは?

7月30~31日に行われた、日銀の金融政策決定会合で、マイナス金利の副作用を是正する措置が取られました。 この変更により、住宅ローン金利はどうなるのでしょうか。タイプ別に解説します。 具体的には、どのように変わったのか ・・・

住宅ローンの返済が3か月滞るとどうなるのか? 6か月を超えると売却で債権回収へ

ようやく手に入れた念願のマイホーム そのマイホームに対する思い入れが強い人ほど、住宅ローン返済が苦しくなっても、カードローンやキャッシングなどで何とか手当し、正常復帰できると信じています。 しかし残念ながら、住宅ローン返・・・

住宅ローンの審査が厳しい「ネット銀行」 その理由からわかる、ネット銀行の苦悩。

なぜネット銀行の審査は厳しいのか いわゆるネット銀行が登場してから、もう10年以上が経とうとしています。 ネット銀行の代表格と言える、住信SBIネット銀行とソニー銀行などは、住宅ローンでの審査の厳しさが話題になりました。・・・

このページの先頭へ