小嶋 大志さんの記事一覧»マネーの達人

小嶋 大志さんの記事一覧 (127)

小嶋 大志 小嶋 大志 http://www.kojimaz.jp/

小嶋税務会計事務所 代表 税理士 
一橋大学商学部卒業後、丸紅株式会社を経て西山会計事務所にて法人・個人の決算申告、相続税申告、株式の評価など担当。みらいコンサルティング株式会社・税理士法人みらいコンサルティング(旧中央青山PwCコンサルティング株式会社)国際ビジネス部部長を経て2010年1月より現職。
【寄稿者にメッセージを送る】

平成30年分給与所得者の保険料控除申告書について

Q:「保険料控除申告書は、平成29年分までは、配偶者控除・配偶者特別控除申告書との兼用でしたが、平成30年分からは単独の書類となりました。保険料控除申告書で昨年と変わった部分はどこでしょうか?」 解説 保険料控除申告書は・・・

平成31年10月から、消費税の「軽減税率制度」が実施。対象になるものとそのルールについて、解説します。

消費税の軽減税率

「平成31年10月1日より消費税率の引き上げが予定されていますが、すべての品目が8%から10%になるわけではなく、一定のものは軽減税率の対象として8%のまま据え置かれるとききましたが、これはどういうことでしょうか? 」 ・・・

生前贈与後に、相続放棄した場合は「相続税」を申告すべき? 相続に加算される「生前贈与加算」について解説します。

Q:「私と姉は今年の3月に父から現金を200万円ずつの贈与を受けましたが、父は5か月後の8月に死亡しました。 父の遺産は母と姉が相続することになり、私は相続を放棄しました。 この場合、私は相続税、贈与税どちらの申告をすべ・・・

「土地の無償返還に関する届出書」を提出していないと、思わぬ課税を受けるケースがあります

Q:「父親の土地の上に同族法人がアパートを建てて、賃貸していますが、特に税務署に届出書は提出していません。 この場合、法人になにかデメリットはあるのでしょうか? また、父親が亡くなった場合は、小規模宅地等の特例は使えるの・・・

相続の放棄するメリットとデメリット 放棄すべきはこんな人

Q:「遺産の中に借金がある場合などに、相続の放棄をすることができると聞きましたが、その手続きに期限はあるのでしょうか? また、相続の放棄を検討する場合に、そのメリット・デ メリットはどのようなものでしょうか?」 解説 遺・・・

【読者の質問】民泊の所得に対する税金はどうなるの? 民泊新法での課税関係について

民泊による課税についての質問 Q:「2018年 6月から施行されている民泊新法に基づき、個人が民泊を行っている場合は、 どのような課税関係になるのでしょうか?」 解説します 民泊に伴う所得は原則として雑所得に分類されます・・・

出国1回につき1000円徴収されます。 来年(2019年)から始まる「国際観光旅客税」

Q:「来年から日本から海外に出国する際に、税金を徴収されると聞きましたが、これはどのような制度でしょうか?」 解説 観光先進国実現に向けた財源を確保するため、「国際観光旅客税」が創設されました。 納税 義務者は、来年1月・・・

株式投資の配当への「課税」は一種類ではない。これってどういうこと?

Q:「個人が配当をもらったときの課税方式には数種類あると聞きましたがこれはどういうことでしょうか? また、それぞれを選択することは可能でしょうか?」 解説 配当所得の課税方式は 総合課税 申告分離課税 申告不要制度 の3・・・

思わぬ落とし穴に注意 「教育資金の贈与税の非課税制度」の期限と使い切れなかった資金について

「教育資金の一括贈与の非課税制度」とは 教育費に充てる目的で、多額の資金を孫らに贈与する際に非課税となる制度があります。 この制度を教育資金の一括贈与の非課税制度といいますが、これを使って、非課税で贈与できるのは、201・・・

ローン残高や敷金があるアパートを贈与すると「贈与税が高くなる」って本当ですか? 負担付贈与に注意

質問 ローン残高や敷金があるアパートを贈与する場合、 ・ 贈与税が通常より高くなる可能性がある とききましたが、これはどういうことでしょうか? 解説 贈与する際に何かしらの負担が付いている場合「負担付贈与」と呼ばれ、贈与・・・

このページの先頭へ