五十嵐 信博さんの記事一覧»マネーの達人

五十嵐 信博さんの記事一覧 (34)

五十嵐 信博 五十嵐 信博

葬儀社、仏壇店、墓石店と、供養関連の会社に勤務するライターです。業界歴は12年。1級葬祭ディレクター、2級お墓ディレクターを取得しています。亡くなった人を手厚く弔うことや、目に見えないものを大切にお祀りすることは私たちの幸せにつながります。葬儀やお墓などの記事を通じて、みなさまの仏事でのお困りごとを解消できればと、祈りを込めて綴ります。
【寄稿者にメッセージを送る】

葬儀の場所に「公営斎場」がおすすめの理由5つとデメリット3つ

葬儀は公営斎場がおすすめ

葬儀を執り行う場所は、葬儀専門斎場、お寺の本堂、公民館、自宅などさまざまです。 しかし最近ではほとんどの場合、葬儀専門斎場が選ばれています。 これには自治体が運営する「公営斎場」、葬儀社が保有する「民営斎場」、寺院が有償・・・

「葬儀費用のセットプラン」だけでは葬儀はできない オプションだけど絶対に必要な費用

セットプランだけで葬儀はできません

葬儀社のホームページを見ていると、「家族葬50万円プラン」や「一般葬80万円プラン」などの商品プランが目に飛び込んできます。 葬儀を執り行うためには、大小さまざまな品目が必要となります。 しかしそれらを1つ1つ選んでいる・・・

「お墓の値段」はこうして決まる 内訳と墓地・墓石選びのポイントを解説

お墓の値段はこうして決まる

新しくお墓を建てる費用は、200万円とも300万円とも言われています。 お墓はご先祖様の家そのもので、一度建ててしまうと何世代に渡ってお祀りできるため、コスパは悪くありません。 しかし、最近は親子が離ればなれに暮らすのが・・・

新しいお墓の形の「納骨堂」を紹介 仏壇型・ロッカー型・自動搬送型の費用と利便性について

新しいお墓の形として納骨堂が選ばれています。 従来は、故人の遺骨はお墓の中に納骨していました。 しかし、 墓石の建立にはお金がかかること お墓の承継が困難になり墓じまいをしなければならないなど の理由から、お墓を持たない・・・

古い仏壇は「仏具店」できれいにできる 3つの方法と相場をお教えします。

買ってから長い年月のたってしまった仏壇は、どうしても色褪せやキズなどが目立ってしまいます。 しかも、お仏壇にはいろいろな仏具が納められているため、奥の隅々まで掃除をするのも簡単ではありません。 自分たちでは手に負えないよ・・・

「墓じまい」するために必要なこと4つと「かかる費用」

ライフスタイルの変化によって、お墓を処分するいわゆる「墓じまい」が急増しています。 お墓は、両親や先祖の遺骨を埋葬して供養するために建てられているのですが、親子や先祖が異なる場所で暮らすのが当たり前となった昨今、お墓の維・・・

多様化する新しいお墓 「樹木葬」や「納骨堂」の詳細や費用について解説します。

これまでお墓といえば墓石のことでしたが、昨今ではさまざまな形のお墓が選ばれるようになりました。 納骨堂や樹木葬など、みなさんも耳にはしたことがあるのではないでしょうか? この記事では、多様化するお墓について触れてみたいと・・・

お墓が古くなってボロボロに…「リフォーム」の方法や費用をご紹介します。

お墓はずっと野外に置かれているものです。 四六時中雨や風や日光にさらされるため、経年劣化はやむを得ません。 年月が経つごとに汚れやキズなどがつきやすいため、お墓を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスやリフォームが望・・・

【宇宙葬】お墓より安い費用で「宇宙散骨」のプラン 日本人の死生観になじむかは課題

「宇宙葬」ということばを聞いたことはありますか? 亡くなった人の遺骨を宇宙空間に打ち上げる供養方法で、散骨の一種に分類されます。 散骨とは、海や山や川などに粉末状にした遺骨をまく葬法ですが、遺骨はついに宇宙にまで還ってい・・・

インターネットで「葬儀社」を探す 3つの方法と料金、注意すべき点を解説

総務省がまとめた平成30年版の情報通信白書では、日本のインターネットの普及率は80.9%にも及ぶそうです。 80%を超える高水準は2013年から続き、インターネットは私たちの生活に不可欠なものになっています。 葬儀やお墓・・・

このページの先頭へ