後藤 誠道さんの記事一覧»マネーの達人

後藤 誠道さんの記事一覧 (35)

後藤 誠道 後藤 誠道 http://fp-goto.com

後藤FP事務所 代表
会計事務所・企業にて経理労務関係を中心に20年間勤務後、平成14年にFPとして独立する。大阪府・兵庫県を中心にセミナー講師、個人のライフプランを中心に家計の見直し・貯蓄・年金・生命保険・相続・資産運用・住宅ローンなど特定の金融機関に所属せず中立公平な相談・アドバイスを行っています。保険のセンンドオピニオンとしてご相談のみ(保険の勧誘を受けたくない)をご希望の方もお問い合わせ下さい。
<保有資格>1級ファイナンシャルプランニング技能士(厚生労働省)、証券外務員二種(日本証券業協会) 、簿記検定1級(日本商工会議所)
【寄稿者にメッセージを送る】

今年から変わった「年末調整」「確定申告」 できること、すべきことを見落とさないために確認すべき点

確定申告と年末調整

今年も残りわずかとなりました。給与所得者の方は会社の総務担当の方から、年末調整のために以下3種類の用紙が各人に配布されます。 (1) 平成31年分・扶養控除等(異動)申告書 ≪画像元:国税庁≫ (2) 平成30年分・配偶・・・

【読者の質問に回答】夫婦の年収900万円で3000万円の住宅ローンは返済できる? 夫婦共有名義のメリットとデメリットとは。

だれの名義にするか

10月の値上げラッシュ ・ タバコ ・ 電気料金 ・ 食料品 ・ 宅配料金 ・ ガソリン など家計に直結する値上げラッシュ、長期の住宅ローンも緩やかに上昇傾向となってきました。 先日、住宅購入を検討されている30代のご夫・・・

株式投資の「格言」5選 先人たちの長い投資経験から学ぼう

株式投資の「格言」5選

証券取引の歴史は古く、世界で最初の株式会社は1602年にオランダで発祥した東インド会社です。 当時はインドや東南アジアの特産品を欧州へ運ぶために多額の費用が掛かるため、株式を発行して多くの人から資金を集めたのが、株式会社・・・

【10月にも実施】全国の最低賃金が過去最大(平均+26円)に まずはあなたの勤務地の「最低賃金」を確認

2018年度の最低賃金の引き上げについて、厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は7月25日、全国の加重平均で26円上げるべきだとの目安をまとめました。 比較できる2002年度以降では最大の引き上げ額で、実現すれば全国・・・

夏のボーナスで「初めての株式投資」をお考えの方に 「株初心者が注意すべきポイント」を解説します

今年も前半が終わり、夏のボーナスが支給された企業や、これから支給予定の企業も多いかと思います。 大手都市銀行に100万円の1年定期預金をしても、利息が100円(税引き前)という長引く超低金利で、せっかくボーナスが支給され・・・

「住宅ローン」の賢い借り方は? 審査が通らない例とおススメのローン、注意点

長らく続く超低金利でこの機会に住宅の購入をご検討の方も多いと思います。 住宅を購入にあたって欠かせないのが住宅ローンです。 各銀行がさまざまな商品を取り扱っており、どのように借りたら良いのか迷われている方のために、今回は・・・

新社会人の私はどんな保険に入ればいい? 死亡保険・医療保険・個人年金保険は必要なのか詳しく解説

4月に入社した新社会人もそろそろ会社に慣れてくる頃かと思います。 4月下旬から5月には初月給を手にして使い道をどのようにしていくか迷う時期でもあります。 職場に出入りしている生命保険会社の営業社員(募集人)から「社会人に・・・

「無期転換ルール」はパートや派遣社員、契約社員にとって本当に朗報か?

平成25年4月に労働契約法が改正され「無期転換ルール」が導入されています。 この「無期転換ルール」とは、同じ会社(使用者)で有期労働契約が5年を超えて反復継続して更新された場合に、一部の例外を除き原則的に労働者が希望すれ・・・

初心者のための「株主優待銘柄」購入の注意点

個人の投資家にとっては楽しみな3月末権利確定日が近づいてきました。 書店には「お得な株主優待ランキング」などの本が並び、ネットでは数多くのサイトが存在します。 これから株主優待を目的に初めて株式の購入を検討されている方も・・・

自己破産が13年ぶりの高水準に 銀行カードローンの実態と注意点

銀行のカードローンの実態や注意点 銀行が扱う個人向けカードローン融資残高が急増し、過剰な融資によって自己破産に陥ってしまう事例など懸念が広がっています。 2010年の貸金業法改正で貸金業者には融資する額は「年収の3分の1・・・

このページの先頭へ